双極性障害(躁うつ病)

n3.png「株で損したー」

k3.png「え!なや美ちゃん、株やってんの?!いくらスッたの?!」

n2.PNG「うーん、このくらい(片手を開く)」

b3.png「そんな金があるならワシにくれ!」

n3.png「もうないよ、もう人生終わったぁ…」

c1.png「どういう事情なのか、話せる範囲で少し教えてくれるかな」

n2.PNG「あの時は何しても勝てるっていう根拠のない妙な自信があったんだよね…」


ぶるどくたーによるミニ講座
b1.png「気分てのは高揚しすぎても良くないんだな」

双極性障害は、躁状態とうつ状態の両極を併せ持つ精神疾患だ。しばしば気分や活動性が上下するといった特徴があるんだが、躁状態のときには失敗する可能性を考えられなかったり、自己中心的な考えで勝手に物事を推し進めてしまったりと、社会的な問題が引き起こされることがあって実際のところ単に気分の問題だけにとどまらないことが大変なんだな。また、躁状態の時には自分が病気であるという認識が持てないもんだから自発的な受診は望めず、問題が大きくなって周りが困り果てて本人を入院させるなんてこともある。その上、一転してうつ状態になると自分のしてしまったことを激しく後悔するといった気分の波があると思うと、本当にこの病気は苦しいものだろうなと思うよ。薬を飲み続けて状態を安定させるのは不本意かもしれんが、まずはそこから始めて、カウンセリングで自分が躁状態に入った時にどう気づくか、どう対応するかを考えるといいんじゃないかな。
【気分障害の最新記事】
この記事へのコメント
検索でたどりついて、興味深く記事を拝見しました。
どれもわかりやすく、大変勉強になりました。

私には双極性障害の友人がいます。
半年ほど入院して先日退院しました。
自傷、身体表現性障害があり
私見ですが、境界性と演技性パーソナリティ障害の傾向もあります。
双極性障害の診断は入院時で、まだ本人が病気を受け入れられない状態です。

私にカウンセリングのようなことを望んでいるのか週に数回電話があります。
精神科への受診を勧めたのが私だからかもしれません。
私の夫がうつ病なのも理由の一つかも。

しかし私は人の気持ちに寄り添うようなリアクションが苦手です。
なかなか病気を受け入れずに同じ事をずっと言う友人に
かける言葉も尽きました。
もともと嘘が多い子なので話半分にしか聞けません。
つい説教っぽくなってしまう気がします。

長くなってスミマセン
所長のみなさんのコメントへのお返事みたいに
うまい言葉かけをしたいのですが、どうしたらいいのでしょうか。
コツってありますか?
Posted by りすこ at 2013年04月02日 16:26
コメントありがとうございます。
双極性障害と境界性パーソナリティ障害や演技性パーソナリティ障害、身体表現性障害の併発は、よくみられます。そうした場合、複数あるというより、境界性パーソナリティ障害だと考えておくことが大切です(でも、本人は境界性パーソナリティ障害を否定して、双極性障害だと主張することが多いです)。
さて、がっかりさせてしまうとは思いますが、残念ながらコツはありません。しいて言うならば、対応よりも理解の方が大切です。理解すればするほど、うまく対応できるようになります。理解できていなければ、どんな対応も上辺の振る舞いになり、すぐにボロが出てしまいます。ということで、境界性パーソナリティ障害について学ぶしかありません。わからないことがあれば、また質問してくださればと思います^^
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年04月07日 22:02
お返事ありがとうございます。
とても参考になりました。
また拝見させてもらいますね。
応援しています^^
Posted by りすこ at 2013年04月08日 14:41
ありがとうございました^^
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年04月27日 09:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ