うつ病

c1.png「今日はどうしたの?」

n1.png「なんかー、あたし、うつかも」

c1.png「うつかもしれないと思ったのはどうして?」

n1.png「なんかね、突然泣きたくなったり、何してても面白くないんだー」

c1.png「突然泣きたくなったり、いつも面白くなかったら辛いよね」

n1.png「うん。誰も助けてくれないし、将来真っ暗だよ。あたし生きてていいの?」

c1.png「死にたい気持ちは、うつ症状の一つ。治ったら生きててよかったと思えるから治療しようね」


ぶるどくたーによるミニ講座
b1.png「迷っているヒマがあったら、すぐに精神科に行け」

うつ病人口は多いぞ。日本ではついに100万人台になったそうだ(※1)。あれもこれも、どれもそれもみんな「うつ」扱いだからとんでもない数になっちまったな。従来から言われている「うつ病」患者は、性格的には、秩序を重んじ、几帳面で、責任感が強く、自分のことを責めるといった特徴が見られるもんだ。最近は自分のことを「うつだ、うつだ」と主張する輩がいるが、あれはどうなんだろうな。診てると結構元気じゃねぇかと思うこともあるんだが、あれはあれで多分、何か生きづらさを感じていることに変わりはないんだろうな。まぁ、一言で「うつ」と言ってもいろいろあるからな、少しくらいは勉強しとけよ。

三大悲観
・自己悲観「自分はダメだ」
・社会悲観「誰も助けてくれない」
・将来悲観「将来は真っ暗だ」

三大自覚症状
・ゆううつ ・イライラ ・おっくう

三大欲求の障害
・食欲の低下 ・性欲の低下 ・睡眠の障害

その他の症状
・興味や関心の減退 ・頭痛や肩こり等の身体症状 ・涙もろい ・孤立無援感
・罪悪感 ・後悔 ・絶望感 ・気分の浮き沈み 他

(※1)気分障害全体として算出した数値
この記事へのコメント
時折ここに来ては検証と分析を試みている黒帝(こくてい)と申す。

各種見て回って(主に自分に当てはまる可能性の)思ったことを書かせてもらおうと思う。

ただ、俺は、頭の中で思ったことをうまく説明できない悪癖がある、言葉はもちろん、こうやって何かしらの媒体を使ったとしてもうまく出来ぬ。

閑話休題

さて、やはり、何か説明したものかと悩む。このページにある欝のことで言えば・・・・・
まあなんというか、自覚症状は全部あてはまるし、欲求の方は、睡眠は頗る最悪と言える、性欲は、わからない。トレーニング事情でサプリで普通だと思われる。食欲も上記のとおりトレーニングでむしろ腹が減る方だ。

しかし、数年前?か、もういつかなどがわからないほど、生き甲斐で己の精神を安定させていたが、それも限界なのか、生き甲斐に没頭しても意欲減退に、過度の虚無感、無頼、一日の大半を憂いで過ごしている。かと思えば、過去の屈辱が脳裏を過ぎっては怒りと憎しみの感情で埋め尽くされる。

あんた(?)かあんたらは、家族に相談したかと聞くだろう・・・・

生憎、誰も味方は居ないんだ、誰も、居ないんだよ・・・・。
居るのは敵か、どっちつかず蝙蝠だらけだ。

やや支離滅裂な印象は否めんが、どう捉えてくれるのかね。

できれば早いうちに返信を希望する、そちらにも都合はあるだろうが。
Posted by 黒帝 at 2014年08月15日 13:16
文章としては支離滅裂ではありませんが、“言葉の煙幕”とでも言いましょうか、そういうものが邪魔していて、黒帝さんの心情を掴むことができませんでした。
ご自身の生々しい言葉ではなく、大量に読んだであろう本の中から、身を守るための言葉を手に入れ、仮にそれを使って状況を書いているといった印象です。
「何があるか」は書かれていますが、それが「どのようなものであるか」が書かれていないのです。
おそらく、自覚されているのだとは思いますが、だからこそ、ここに書かれたコメントでは、ご自身の内面をほとんど表現できていないのではないかと思います。逆に、ここに書かれたことで、ご自身の内面をあれこれ言われるのは嫌なのではないかと思います。
そういう風に読ませていただきましたので、大変、苦しいのだろうという愚にもつかない感想くらいしか、返せずすみません。
コメントありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2014年09月26日 12:17
数日おきに確認していたが、放ったからしにされたかと思って見なくなっていたものの、何と無く確認したら返信されていた。

数日前に気づいたが、時間が無く後回しにしていた。

・・・・で、仮にもその道の専門でも把握しきれないとは些か驚きという他ない。

まあ、確かに内面を見られるのは嫌いではある。邪推されたくないからな。
俺は頭で浮かんだものを思う事は出来ても、それを書き出すなり説明するのがどうしても上手くいかない。どういうものかを説明するのが出来ない。

それよりも心外なのが一つある、俺は俺の意思でここに書き記したのだが、あんたの見解は大量の本から身を守るためのものだという。

生憎だが、そんなものには肖ったりはしない。では何故この口調かと問われればこう答えよう。
俺は、俺の生きてきた環境から、どいつもこいつも俺に「ああしろ」と「こうしろ」と言われてきた、言われた通りにすれば出来て当然だと言われ、そんなことを一々言うなと言われ。人の欠陥には敏感で可及的速やかに矢継ぎ早に指摘するくせに、逆に俺がそうしたら、偉そうなことを言うなと、知った風な口を聞くなと罵られてきた。
どいつもこいつも常識人を気取って善人を気取って寄って集って俺を見下してきた。

だから俺は、もうやめたんだ。人に礼儀を尽くすのも信じるのもやめた。
否定され拒絶されるだけならもうやらない、あまりに馬鹿馬鹿しいのでな。

まあ、必要最低限の人付き合いとやらはやっている、生憎金も居場所もないのでこれやらないと野垂れ死ぬ。
せめてネットの中くらいは好きにさせろと思うのが俺の答えだ。

まあ、お陰で、人格破綻者が出来上がったわけだ、異端児として育った。

ああ・・・・・悪いが他のところで気になったのがあるんでそっちに書き込む。
Posted by 黒帝 at 2014年10月12日 20:59
期待に沿えず申し訳ありません。
また、全然的外れのコメントを返してしまったようで、結果的に邪推となってしまったことも申し訳ないです。せっかくコメントしてくれたのに無駄にしてしまってすみませんでした。
Posted by モンキークリニック所長 at 2014年10月15日 12:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ