睡眠障害

k1.png「うーん、眠いわぁ」

c2.PNG「寝不足ですか。もしかして夜遊びとか?」

k2.PNG「そんなわけないでしょ。看護職には夜勤があるの。もうこの歳になると体にこたえるのよ」

b1.png「ふはは、確かにもうイイ歳だよな」

k3.png「なんですかっ!?どういう意味ですか!」

n1.png「かんごるーはイイ歳なのに結婚しないの?できないの?っていう意味でしょ」

c2.PNG「・・・なや美ちゃん、物事にははっきりさせないほうがいいことがあるって知ってるかい」


かうんさるーから一言
c3.png「看護職の皆さん、日夜大変なお仕事、本当にお疲れ様です」

日本の労働者の内16〜18%が深夜勤務(交代勤務)をしているという(2002年厚生労働省調べ)。9-17時の仕事をしている人の場合の睡眠障害は、心因性の(悩みごとがある)睡眠障害かどうかある程度はっきりわかるだろうけど、問題はそうした深夜勤務が中心あるいは不定期に入るような仕事をしている場合の睡眠障害なんだよね。心因性なのか環境要因(働き方)なのか、はっきりしないから、何を改善したらいいのかわからない。とりあえず薬を飲んで睡眠時間を確保して仕事を続けるんだけど、人間の身体はどうしたって、日中活動するようにできてるから、無理が生じて睡眠障害が悪化するのはもちろんのこと、5年間、深夜勤務を続けるとうつ病の可能性もグッと高まってしまうそうだ。たかが寝不足、されど寝不足。あなどるなかれ。

睡眠障害のタイプ
@非器質性不眠症
A中枢性過眠症(含:ナルコレプシー)
B概日リズム睡眠障害(睡眠・覚醒スケジュール障害)
C睡眠関連運動障害(むずむず脚症候群)
D睡眠関連呼吸障害(含:無呼吸症候群)
E睡眠時随伴症(含:悪夢・夜驚・夢中遊行)
Fその他(器質性、物質依存性などを原因とするもの等)
【睡眠障害の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ