解離性障害

n1.png「・・・」

c1.png「こんにちは」

n1.png「・・・・・・んあ」

c1.png「・・・なや美ちゃん?」

n1.png「・・・ん〜?」

c1.png「どうしたの?」

n1.png「ん〜、なぁにぃ?ぼんやりするぅ。なんかぁ、全部が遠いぃ」


ぶるどくたーによるミニ講座
b1.png「世界を遠くに感じたり(現実感の喪失)、自分を薄く感じたりする(離人感)人は結構いるぞ」

解離症状には3段階あってな、1段階目は圧倒的な恐怖によって知覚が断片化される段階、2段階目は痛みや苦痛の感覚が消失する段階、3段階目は痛みや苦痛を担うトラウマを持った別人格が出現する段階だ。このうち第3段階ばかりが目立って取り上げられるが、実際のところ思春期には離人感や現実感の喪失を味わう人は結構多くてな、2段階目まではそれほど特別な症状ではないんだ。1段階目はどんなに健康な人にでも起こるぞ。例えば、ナニモノかに襲われたとして必死になって逃げる時、人は痛みを感じない。痛い痛いと言ってたら逃げられないからな。生きることを最優先にするために、知覚を麻痺させて逃げるという行動をとれるように人間ってのはできているわけだ。ってことは、解離ってのは生きるために人間に備わっているシステムということになるわな。解離性障害と診断された諸君、君達は生きたがっている。生き延びるための解離なのだとワシは理解しているぞ。
この記事へのコメント
最近のことですが、気が付けば親が私の部屋に来て、私を怒っていました。その間の記憶がまったくありません。
そして、それを「こんなことがあった」と兄弟にしゃべっていたそうですが、まったく記憶にありません。
時々、友達にも記憶にないメールを送っていることがあります。

昔も親からしょっちゅう殴られてましたが、なんで怒られていたのかとか記憶はありません。

あと、私の人生、いったい何をして生きてきたのかさっぱりわかりません。

これは解離に入るのでしょうか?
Posted by さく at 2012年06月23日 18:29
さくさんが、10代の方だとすれば、解離の可能性があると思います。ただ、解離にも段階があるので、病気の範囲に入るかどうかはわかりません。
一方、「いったい何をして生きてきたのか」というのは、自分の人生の意味についてわからないということだとすれば、それは解離とは別の問題だと思います。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年06月27日 00:08
お返事ありがとうございます。
私は20代です。ここで書き込むことにより勇気が出て、医師に「こんな症状があって…」と詳しく話すことができました。
医師は「解離性健忘」と言われました。どうも前からわかっていたようです。あえて病名とか言われない方なので…。
少し書き込んだだけで判断なんて難しいのに、所長さんに聞いて申し訳ありませんでした。でも、医師に聞く勇気が出たので感謝しています。
過去も「事実」はあるけれど覚えていないこととか多いです。社会人になると、過去の話ってしますよね。子供の頃、学生の頃。
仕事場とかでも過去の話が私には無いので、記憶にも無いのでいつも逃げています。周りからは「何をして生きてきたの?」としょっちゅう言われます。
私は天然ボケ(らしい)のでそれでうまく切り抜けています。(過去を覚えて無いのも「天然」として笑ってもらっています)。
でも、会社で「離人症」に悩まされています。(今は働いてませんが)。最近あれは「離人症」っていうものだったんだと気づいたのですが…。
「天然ちゃん」で場を和ましていますが(自覚ナシ)でも本当は辛くて、私は「ここ」に座っているけれど、そのフロア全体が見えて「心ここにあらず」って感じなんです。
笑っていても、それはもう一人の私が無理やり笑っていることであって、「私」はそれを見ています。
それがしんどいです。その症状と人間関係を築くのが億劫で仕事に就けません。

そういえばカウンセリングをし始めたとき、カウンセラーに「天然」って言われて笑われていることを話したら、「それは嫌では無いですか?」と聞かれ「いいえ、笑ってもらえるのはいいことだと思ってます。」って言いました。
色々と天然ストーリーを聞きたそうでしたが、自分には「天然」という感覚では無い、ふつうのことなので、いちいち覚えていませんでした。会社ではほぼ毎日笑われていたんですけどね。「何か変なこと言ったかな?まっ、場が明るくなっていいや」って思ってました。

所長さんでも「天然」で何か気にすることはあるのでしょうか?

なんか長々とすみません。
読んでくださってありがとうございます。
Posted by さく at 2012年07月01日 09:08
話せてよかったですね^^いい報告をきけると嬉しくなります。
さて、「天然」という話が出たときですが、気にすることはあります。
1つは、発達障害。でも、それはさくさんにはあまり関係がなさそうです。
もう1つは、“怒れない人”かもしれないということです。通常、感じるはずの「怒り」を心の隅っこの方に追いやって、嫌なことにもニコニコしているので、周囲の人に「天然」と言われてしまうのではないかという可能性です。心の隅に怒りを追いやって閉じ込めることは「解離」に関係します。もし私がカウンセリングをしていても、発達障害ではなく、解離性障害の方だろうということをよりはっきりさせるために、詳細なエピソードを聞きたがると思います。

余談ですが、人から「あなたって天然だよね」と言われたら、「いえ、養殖ですよ」と気の効いた返し方をする人を知っています。「私は天然なんて高価なものじゃないです。養殖の安物です」という謙虚さが素敵でした(笑)
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年07月01日 20:48
「天然」について教えてくださってありがとうございます。
私は怒れない人″なのかはわかりません。
ただカウンセラーによる心理テストでは「かなり溜め込みやすい」という結果でした。
カウンセリング中でももう言うことが無いから黙っていたら、もっと本当は言うことがあるはずなのに、私にはわからないのです。(と、カウンセラーが教えてくれました。)
でも会社で怒る″ってまず無いですよねぇ…。人間関係悪くなりますし。

私の場合、私のしゃべっている事とか、とらえ方とかが人とずれていておもしろいそうです。
発想とか、あと常識″と思っていた事が実は違ったり…ってあります。言い間違いも多かったり…。

人間関係が辛いのは家庭環境が辛いからで、それを会社にまで引きずってしまい苦しくて仕方がありません。でも我慢して会社ではニコニコしています。それで「天然」って言われて…。の繰り返しですね。一日が終わるとどっと疲れが出ます。
「天然」て言われる割には人間関係が辛いって不思議ですね…。なんかよくわからないです。

でも所長さん、ご丁寧なお返事ありがとうございました。
Posted by さく at 2012年07月02日 12:17
「天然」にも、人それぞれあるんですね。
ひとくくりにはできないので、さくさんにとって、疲れたり、辛くなりすぎない方法が見つかればいいなと思います。
コメントありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年07月10日 23:47
お久しぶりです。また書き込みさせていただきます。
最近、約2年ぶりくらいにやっとこさ週に2、3日働けるようになり、新しい仕事場で働いています。仕事自体は以前からやりたかったことで、自分にも、とてもあっている気がします。周りの人たちにも、結構恵まれています。

で・す・が、やはり「天然」と言われます(悲)。治したいので、「どこがですか?」と聞くと、言葉には表せないと言われます。

以前から思っていたことですが、私はあまりにも自分に「自信が無い」ので、それが行動に出ているのでは、と思います。
(友達からも「自尊心が無いんだね」と言われたことがあり、主治医からは「自信が無い」と言われます。)

仕事中ですが、そんなに焦ってるつもりはありませんが、「落ち着いて!」とよく言われます。心の中で「焦って無いのに(-_-;)ムッ」と、きちゃいます。

でも確かに「ほかの人に迷惑かけちゃだめだ、だめだ」と思って、焦っているような・・・。

それで、確実に仕事をこなせればいいのですが、ミスったり。

焦って→注意され→さらに焦って→ミスる
悪循環です。

焦りってどうすれば、治るんでしょうか?

ちなみに今はカウンセリング受けていません。

半年以上前からやめました、自分が辛くて、罪悪感とかがひどいので。

先生も無理には、カウンセリングをされません。

ちょっと解離とは離れてしまいすみません。

ちなみに、解離というか離人症は
外出時に起きることが多くなってきました。

用があって、出かけているのに、何してるのかわからなくて、やっと帰ってきて、夜になって寝ると、金縛りになり「私はどこで寝ているの?ここは家では無い。どこ、どこ??こわい、こわい」となって、全然ねむれません。

と、所長にはどうでもいいような、内容を長々と書いてしまい、すみません。

引き続き応援しています!!
Posted by さく at 2013年02月05日 13:12
2年ぶりの仕事は週2〜3日でも疲れそうですねー。かつ離人症もあったら大変でしょう。そんな状況なら、自分にダメ出しせずに、毎日仕事から帰ってきたら自分を認めてあげましょうね。褒めるんじゃなくて、認めるのがポイントです。「今日も一日仕事した」と。褒められるような仕事ぶりじゃないと自分では思うのかもしれないけど、やったことは嘘じゃないから。

焦りの原因は「迷惑をかけてはいけない」という考えと、迷惑をかけてしまった場合の罪悪感みたいですね。

でも、迷惑はかけていいんですよ?それが社会というところです。いっぱい迷惑かけて、その代わりに、他人の迷惑も引き受けてあげましょう。それが「お互い様」という大切な感覚です。これが身につかないと、社会ではやっていけません。

コメントありがとうございました^^
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年02月08日 23:38
簡潔なお返事ありがとうございます。

所長の言葉を胸に、仕事なんとかがんばっています。

ところで、もう一つお聞きしたいのですが、(申し訳ありません)、
私は1〜2年経つと、出来事の内容を忘れてしまいます。
例えば、どこか旅行や、ちょっと遠くへお出かけなど、2年前に行ったとしたら、「行った」という事実は覚えていますが(忘れてるのも多々ありますが)、内容が全く思い出せなくなります。
名所のどこどこへ行った、だとか、名物の何々を食べただとか・・・。
学生のころのことはまったくといっていいほど、覚えていません。卒業してしばらくすれば、忘れていて、周りの人もびっくりするくらいです。

「過去」が、どんどん消えてゆきます。
消えてゆくだけならいいですが、「過去」が無いと、人とコミュニケーションが取りにくいのでやっかいです。
仕事場の人、知人とかと「過去」の話ってしますよね、出来事とか・・。
まったく思い出せない・・というか、わからないんです。

「その時、私は存在していた」ということは、わかりますが、(だって、今生きていますから)、ほとんど話すことが無い。
周りの話を聞いてればいいって、それもそうだけど、聞いてばかりで、20代後半になっても、自分のことがわからない、って、シャレになんないです。

家族とかは、あきれる始末です。(特に家族と行ったところとかは、キレイさっぱり忘れてます。ちなみに、私は苦痛を抑えて「楽しみ」な心を持って、出かけることができます。)

幼少期のことをわすれているのなら、まだわかるのですが、このように記憶が消えていくということはあるのですか??
健忘も経験ありますが(親に殴られたりした瞬間を覚えて無いだとか)、解離にはこういうことも含まれることって、あるんですか??

単に、私が忘れっぽいだけでしょうか??
ちなみに、今まで学校や仕事場で「忘れ物」とか、ほとんどしたことはありません。関係なかったらすみません。
ただ単に忘れっぽいのであれば、こんな質問して申し訳ありません。
でも、「病状」であれば、少し安心する気もします。自分がおかしいんだって、責めることを少しやめれそうな気がするからです。
Posted by さく at 2013年03月02日 22:14
解離性障害の一つの症状だと思いますが、断定はできません。
記憶には、「覚える」という段階と、それを「保持する」という段階と、それを「取り出す(思い出す)」という3つの段階があります。
なので裏を返せば、「覚えられない」のか、「保持できない」のか、「思い出せない」のか、どこに問題があるかということになります。
一般的には、ほとんどの場合、取り出す段階の問題で、思い出す手がかりさえあれば、思い出せるのですが、解離性障害では、記憶を「どこにしまったかわからない」という保持の段階の問題があり、手がかりがあっても記憶を取り出せないということが起きたりします。
ここでは解決はできませんが、記憶のシステムについて調べてみると何か発見や対策が見つかるかもしれませんね。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年03月04日 10:32
記憶って、複雑なんですね・・・。あまり考えたことなかったです。

記憶のシステムを調べるって、どうしたらいいかわからなくて、とりあえず、インターネットで調べていました。
が、なぜか、動悸がしてきて、パニックになり、生きていたくない衝動が起きてきたので、すぐにやめてしまいました。

でも、でも気になるので、がんばります。

長たらしい文章にいつも、丁寧に、そして、的を得た答えを与えてくださり、ありがとうございます。
Posted by さく at 2013年03月04日 20:58
追伸です。

所長さん、気分を害されないでください。
私が悪いのですから・・・。

でも、私の書き込みに、所長さん、うっとうしく感じてらっしゃるのが、薄々とわかります。

もうこの解離のところに書き込みしませんので、ご安心ください。
Posted by さく at 2013年03月08日 19:42
思い当たるところがないので、もしかすると、私とのコメントのやりとりの関係でも、症状らしきものが出始めたということかもしれないなと考えています。
私がうっとうしそうにしているのではなくて、「うっとうしく思われているんじゃないか」と、さくさんが不安になっているのではないでしょうか。
その場合、バウンダリー(心の境界線/自他の区別)が失われているということなので、やはりさくさんにはカウンセリングが必要ということになります。現在、仕事をはじめてストレス状況下にあることが症状を強める一つの要因になっているのかもしれませんね。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年03月14日 01:34
・・・自分でも気づきませんでした。
所長のお考えは、当たっていると思います。
所長さんはお気づきかと思いますが、私は他の記事にもコメントしています。名前を変えて。
読む方にも所長さんにも、「コイツうっとうしい」と思われると思って、名前を変えています。
それに加え、所長さんの時間と労力をまた奪ってしまった、と思ってしまい、「うっとうしいと思われている」と思っていました(ということに気が付きました)。
なんか、今度は「所長さんは、そこまでわかってくださるのか」と、涙が出そうになってきました。
こんな私にも、コメントをくださりありがとうございます。

Posted by さく at 2013年03月14日 09:08
コメントの返信に時間がかかるのは、私の都合がつかないだけです。コメントが短いような時は、時間が足りない中でどうにか書いている時だったりします。特に、さくさんに対してあれこれ思っているわけじゃないので、大丈夫ですよ^^
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年03月21日 00:06
初めまして。
人の内面について知りたくて調べているうちにこのサイトにたどり着きました。
楽しく読ませて頂いております。

私は小学生高学年くらいの頃、たまに「現実感の喪失」を感じるようになりました。
具体的に言うと、遠くから画面を通して見ているような感覚です。画面のフチが見えたり、自分自身を俯瞰している訳ではありません。
たまになる程度だったので、むしろ現実味のない感覚を楽しむくらいの気持ちでした。
ですが、ここ数年くらい、たまにではなくずっと「現実感の喪失」を感じています。
日によって、もしくは場所によって喪失感には強弱があります。「今日は特にひどいなー」と感じる日もありますが、特に何かが起きた日というわけではありません。
特別トラウマがあるわけでもないし、虐待もいじめも受けていません。
少し神経質な性格ではあるかもしれませんが、一般的に考えてそこまで深く傷つくような経験は無いと思います。
特別な理由がなくても「現実感の喪失」が続くことはありますか?
ひょっとしたら、「現実感がない」と思い込んでいるだけで、本当はこの感覚で正常なのかもと考えてみることもあるのですが、やはり小さい頃たまに感じてた喪失感(小さい頃は喪失感を感じていなかった時期もあるはず)と同じ感覚が最近ずっと続いているのだと感じるのです。
まとまりのない文章になってしまいました。
長文失礼いたしました。
Posted by モリー at 2013年03月25日 22:03
モリーさんの書かれている現実感の喪失とは、専門用語では「離人感(りじんかん)」と言います。病的なほど強まれば、「離人症」と言われる、解離性障害の一つになります。
離人感は、特別な理由がなくても、精神的に健康な人であっても、思春期頃に感じることがあります。
ただ、そのような一過性の離人感か、病的な離人症なのかは、生育歴を聞いたり実際にお会いしないと判別できません。
成人して、社会人になってからも離人感が残るようなら、精神科やカウンセリングルームに相談に行く必要があると思います。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年04月07日 21:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ