注意欠如・多動性障害(ADHD)

c2.PNG「なんか忙しそうだね」

t1.png「そうなのよ、論文も書かなきゃいけないし、新規事業の立案もしなくちゃいけないし、まったく猫の手も借りたいってのはこのことね」

c1.png「猿の手でよければ貸そうか?」

t3.PNG「なんなのよ、アナタ。だいたいねぇ・・・あ!忘れてた!あれもやらなきゃ!じゃ!」

c2.PNG「よくわからないけど、頑張っ・・・」

blankcircle.PNG「(シーン)」

c1.png「慌ただしい人だねぇ」


かうんさるーから一言
c3.png「少なくとも異なる2ヵ所(例:家庭と学校)で同じ様子がみられないと判断はできないよ」

ADHDは、Attention Deficit / Hyperactivity Disorderの頭文字をとったもので、以前は注意"欠陥"・多動性障害と訳されていたんだけど、今は、注意"欠如"・多動性障害と変更になっているね。あたかも「欠陥品」みたいなニュアンスを与えてしまうことを反省したんだね。ただ、欠陥より欠如のほうがマシにしても、実際にはADHDの特徴は「不注意」「多動性」「衝動性」の3つを主として書かれているのが不思議なところ。そんな風に説明をするなら、最初から「不注意・多動性障害」と訳せばいいのにって思うよ。言葉っていうのは難しいものだね。
この記事へのコメント
ADHDとパーソナリティ障害を併発することはありますか?
幼少期から多動、ケアレスミス、聞き漏らし、忘れ物が多く、加えて計算能力のみが低かったです。
図形や分数なども苦手でした。聞いたことをメモし切れません。聞き違いも多いです。
疲れている時の人混みなどに酔ってしまいます。
パズルなどは得意です。
自宅でも過集中や多動、忘れ物や片付けの際のとっ散らかり方など指摘されています。

けれど、私は思春期にBPD的な症状が出ています。
ADHDの傾向からの課題は就職後、精神安定した後に目に付くようになりました。
それまではなんとか誤魔化せていたのだと思います。

私の拙い考えでは、元々あった傾向と家庭環境が重なり、
周囲のストレスに耐え切れずBPD症状を発症。
その後、BPD症状が安定し本来の特性が再び見え始めた、と考えています。

現在はBPDもADHD両方傾向を持っているように感じています。
BPD要素は内面のざわつき程度には収まっています。
能力面での傾向はカバーできますが、
それを理解されない環境へのストレスや、
それ以外の人間関係の不器用さからくるストレスにより、
再び認知に歪みが生じやすくなっているような感覚です。

対処法は現状のカウンセリング等を続けるしかない気もしていますが、他に何かないか探しています。
また、診断が重複することはないと聞きますので、
私はどちらに属するのだろうかと気になっています。

所属、アイデンティティの部分への拘りを考えると、
ADHDの傾向が強く、適応できずに何らかのパーソナリティ障害を発症している、ということなのでしょうか?

また、このような悩みに対して話し合える場、理解を深め合い、新たな対処法をともに検討し合える場がないか、探しています。
もしご存知でしたら教えていただけませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。
Posted by 黒豆茶 at 2013年11月29日 19:43
書き込みありがとうございます。
答えられる範囲で答えてみようと思います。

まず、ADHDとBPDの併発はあります。あるどころか、最近は、BPD患者の中に見落とされているADHDの方が結構いるんじゃないかという見方が強くなってきている気がします。

診断が重複しないというのは、ADHDは主に学童期に診断され、BPDは18歳以降に診断されるというズレがあるからです。学童期にADHDだと診断された方は、それ以降、BPDという診断名が追加されることは少なく、BPDだと診断された方が、遡ってADHDだっただろうと診断名が追加されることも少ないという感じです。

例えるなら、捻挫した上で骨折したら、骨折という診断名しかつかない、みたいな感じです。たいてい、捻挫は見落とされますよね。

>ADHDの傾向が強く、適応できずに何らかのパーソナリティ障害を発症している

書かれているとおり、そういう場合もあると考えるのが自然です。一方で、必ずしも、ADHDの方がパーソナリティ障害を発症するわけではありません。

神奈川県には「あではで」というNPO法人があります。ADHDの方の自助グループです。

ですが、対処方法などを考える上では、やはり、カウンセリングの方が有効でしょう。自助グループというのは、自分に関係のない話も出ますので、そういうことに付き合える余裕がないと参加し続けられません。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年12月13日 15:48
上記の返信から1年位が経ちましたが、変化があったので書き込みをすることにしました。
感情コントロールだけはどんなに努力をしても改善されず、
久しぶりに主治医に相談をしたところ、ストラテラを処方されました。
10oを1日1錠を継続しています。
診断はADHDで、パーソナリティ障害もあるそうです。

ここからが良かったことなのですが、
服薬により、より客観的に現状認識ができるようになり、
それに伴いグリーフワークが進みました。

少量で効いているので、ADHDは軽度のものかもしれませんが、
パーソナリティ障害の治療にはとても有効だと感じています。
この経験も、引き続き仕事にも活かしていきたいと思います。
Posted by 黒豆茶 at 2015年01月26日 22:47
発達障害とパーソナリティ障害の両方に理解のあるドクターに出会え、自分に合った処方をしてもらえたことは辛い中でも幸いでしたね^^

感情はコントロールすることを目的にするのではなく、自分の考えや行動の手がかりにする、という認識の方が、結果的に感情に振り回されず落ち着いて生活することができたりします。薬である程度は感情そのものを軽減させることはできると思いますが、服薬している間に、自分の感情の取り扱い方を身につけることを心がけないと、なかなか減薬できなくなってしまいます。

その後の経過を教えていただけることは、少しでもうまくいっていればなおさら、とても嬉しいです。ありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2015年01月31日 09:45
長文、乱文、失礼します。
医者ではないので、決めつけてはいけないと分かっているのですが、
これに当てはまるのでは?と思う方と一緒に仕事しています。
・多弁で自分の事ばかり話し、人の話を遮る。早口で唐突に話し出し、主語と述語がなく、何を話しているかわからないので、「誰が?何が?」と聞くと、「だから〜よ!」と怒る。
・思った事をすぐ口に出す
・せっかちで常にそわそわしていて落ち着きがない。
・自分の好きな仕事は猛烈な勢いでやるが、電話や書類など自分が嫌い(苦手?)な仕事は中々やりたがらない。→全て私に押し付ける
・やたら成果を自慢して、褒めてもらいたがる
・自分の好きな仕事は勝手に急いでやるのに、いきなり「もう疲れた、ゆっくりしよう」などと言い出す。
・自分が納得しないと人の言う事を聞かない
・本人によると、結構頻繁に怪我をしているらしい(骨折とか)
・本人曰く物が捨てられない
仮にAさんとします。
仕事中は1人でできるのですがそれ以外ずっと一緒に行動しなければならないのでストレスがたまります。
先日、Aさんは決められた手順を守らなかったので怪我をしました。驚いたのは、怪我をしたのに言い訳をしていた所です。
幸い怪我は大した事がなかった様で、来週から出社します。
上司のBさんにそれ以外にも言われた事を守らない諸々を報告しました。Bさんももう一度説明して、守らなかったら人を変えると言っていましたが、Bさんに人事権はありません。
私はAさんと仕事をしたくないので配置変えしてくれと頼んでいるのですが、後任が中々見つからずすぐには無理の様です。
怒ってはいけないと分かっているのですが、指示を無視して勝手に仕事をしたり、〜すればいいのに、とか仕事と関係ない小言を一々言われたり、ずっと喋り続けられるとイライラしてしまいます。
ADHDにもいろんなタイプの人がいると思うので全てこのような方ばかりとは思わないですし、当事者の方が不快に思われたらすみません。ですが、本当に困って仕事を辞めようかとも考えています。みんなすごく優しくて良い人ばかりなので本当は辞めたくないのですがAさんと過ごす時間が一番長く悩んでいます。
Posted by とくめい at 2015年04月17日 21:51
コメントありがとうございます。困っている感じが、文章量から伝わってきます。たくさん書いてくださったところ申し訳ないのですが、悩みの解決方法は大きく分けると、(1)自分のやり方を変えるか、(2)自分の居場所を変えるかの2つなんです。つまり、

(1)ADHDを理解し接し方を変える
(2)転職する

このどちらかになります。ADHDの人を変える、という選択肢はありません。

カウンセリングは(1)の場合に有効です。残念ながら、コンビニに売っている本のような「相手を変えるためだけのカウンセリング」というのはないのです。「あの人さえいなければ辞めなくて済むのに」と思いがちですが、「あの人はいる」のが現実です。現実を認めないまま悩むととても疲れるので、期限を決めて(1)をしないなら(2)を選ぶ、(2)を選ばないなら(1)をする、くらいシンプルにしたほうがいいと思います。
Posted by モンキークリニック所長 at 2015年05月01日 23:11
所長さん、お返事ありがとうございます。そうですよね。この手の質問はネット上に沢山あるんですけど、大体は上司に報告するとか、本人にADHDでは?と言うとか(これには人権の問題とか賛否両論あるみたいですが)しか書かれてなかったので、大変参考になりました。接し方も、色々工夫しているつもりですが、まだ私が気づいていない事や知らない事が沢山あるかもしれないですね。正直まだ転職はしたくないのですが、部署異動もあまり期待できない様なのでカウンセリングや相談機関に相談してみようかと思います。
ありがとうございます。
Posted by とくめい at 2015年05月06日 04:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ