家庭内暴力(DV)〜加害〜

a1.png「テメェ、なや美のなんなんだよ」

c1.png「なや美さんの担当カウンセラーです」

a1.png「は?なや美の人生担当はオレなんですけど。余計なことすんなよ」

c1.png「けど、なや美さんを殴ったりしてますよね」

a1.png「テメェになんの関係があんだよ。オイ、なや美、帰るぞ」

n1.png「っていうか、あんたにあたしの人生まかせたつもりないし。ウザイ、別れる」

a2.png「ショックマー!」


かうんさるーから一言
c3.png「自分のは躾であって暴力ではないと思っている男性は、ほぼ間違いなくDV加害者だね」

女性は、暴力を振るう男性に対して毅然とした態度で臨もう。そのためには、一人ではなく協力者が必要だよ。さて、以下が男性加害者に共通する特徴として挙げられているもの。男性で自分に当てはまる点が多いと感じる人は、暴力を振るわないように気をつけておきたいものだね。

1.子どもの時に虐待を受けていた。または父親が母親に暴力をふるっているのを見て育った。
2.女性蔑視。
3.母親とは愛憎の絡み合った関係。
4.嫉妬深く、独占欲が強い。
5.過剰な飲酒癖や薬物乱用。
6.自分に注目するように妻や恋人に過度に要求する。
7.亭主関白的態度。
8.批判ばかりする。
9.妻や恋人を自分の所有物のように扱う。
10.短気でカッとなりやすい。
11.過度に疑い深い。
12.他人を責める。
13.ときに理不尽で柔軟性に欠ける。
14.すぐに気分を害しやすく、一方、臆病である。
15.妻や恋人に従順であることを求める。
16.暴力、銃、刃物などに熱中する。
17.自慢好きで横柄である。
18.誰も自分のことをわかってくれない、と思っている。
19.衝動的である。
20.攻撃的なセックスをする。
21.ときには愛情を示し、優しいこともある。
22.暴力のあとは、後悔している。
23.よき稼ぎ手である。
24.職場など家庭の外では人当たりが良く魅力的な人物である。

(『クライシス・カウンセリング ハンドブック』より抜粋・一部改変)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ