ハラスメント

b1.png「おーい、お前。ちょっと手伝ってくれ」

t1.png「私はお前なんて名前じゃないです」

b1.png「そうか、すまんな・・・セーラ」

t3.PNG「ちょっと!変な呼び方しないでくれますかっ」

b2.PNG「なんだよ、うるさい奴だな。じゃあなんて呼びゃーいいんだよ」

t2.PNG「ぴす子ちゃんとか?」

b1.png「いや、お前・・・そんなかわいいキャラじゃないだろーよ」


せらぴす子の主張
t3.PNG「えぇ、どうせ私は可愛くない女ですよ」

まったく、どうしてこうみんなモラルが低いのかしら。女性をバカにしてるのよ。だから相変わらず女性は結婚したら苗字を変えなきゃみたいな世の中のままなのよ。だったらせめて男性は、女性にとっての下の名前は男性にとってのそれ以上に大事だってことくらい理解してほしいもんだわ。わかる?16年以上付き合ってきた自分の名前の上半分がなくなるのよ?残ってるほうをちゃんと呼ぶくらい礼儀でしょ。女性同士だってそうよ、子どもが保育園や幼稚園に入ったら、『○○ちゃんのママ』としか呼び合わなくなるなんておかしいわ。ママ友同士、いや女性同士、しっかりと下の名前で呼び合うべきよ。あ、いや私は結婚していないし、そんな予定もないけどね・・・。
つまり、ハラスメントは、相手を一個人としてしっかりと意識できていないところから生まれるってことが言いたかったのよ。


c3.png「みんな、ってのは『過度の一般化』、認知の歪みだね」

t3.PNG「うるさいわね、たまには私だって熱くなっちゃうこともあるのよ」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ