強迫性パーソナリティ障害

b3.png「オイ、誰だっ!書棚の本を並べ替えたのは!」

k2.PNG「それなら掃除したついでに私が入れ直しましたけど」

b3.png「ばかやろう!これはなぁ、ちゃんと意味があって順番になってたんだ!」

k3.png「あら、バラバラに見えたのでむしろ整理したつもりだったんですけど」

b2.PNG「どこがバラバラに見えたんだ?!著者名でアイウエオ順に並べておくのは常識だろ!」

k3.png「えー?図書館や本屋じゃあるまいし。日常的にそんなことしてる人なんていませんよ?」

b2.PNG「うるさい!もういい。だけど、今日からお前も自分ちの本を著者名で並べ替えろ。いいな!」


かうんさるーから一言
c3.png「あながち間違いではないという点が面倒くさいね」


むしろ、言い分は正しく聞こえるんだけど、何も全員がその通りやらなくたっていいじゃないかと、反論したくなるんだよね。だけど、ちょっとでも反論したらそれこそもう大変だ。本人は顔を真っ赤にして怒り、いかに自分が正しいかを主張するはず。確かに言われた通りやってみると良い面はあるんだけれど、その実、手間が半端なく大変だったりするんだ。それでも、自分がこだわることは周囲の者にも強要する、そのくらいになると強迫性パーソナリティ障害と言えるかな。問題点は、あまり生産性にこだわらないことだね。自分が良いと思ったことは徹底して行う。それは、多くの人にとって許容範囲と思われる程度でも、本人が気になれば何が何でも突き詰めていくという感じなんだけど、もしかしたら、いわゆる「職人」と呼ばれる人達はこういうパーソナリティを持っているのかなとも思うね。だからこそ、本当に良い物を数少ないけれど作ることができるのかもしれない。一方で、職人とは対極にありそうないわゆる「マニュアル人間」も、ひたすらマニュアルに沿うことばかりを周囲の者に強要していれば、強迫性パーソナリティ障害に当てはまってくるかもしれない。改めて思うけれど、パーソナリティ障害は、その人の属する社会や文化、時代によって障害じゃなくなるということを忘れずにいたいものだね。あと、意外に思うかもしれないけれど、強迫性パーソナリティ障害の人の根底にあるのは「不安」なんだ。態度として出ている傲慢さやふてぶてしさからは想像がつかないかもしれないけどね。小さな不安にも耐えがたいためにひたすら徹底する、つまり、ちょっとでも弱気な部分を見せたら相手につけいられてしまうんじゃないかと思うからこそ、きっと大きな態度でいなくちゃならないんだろうね。
この記事へのコメント
はじめてコメントさせてもらいます。だいぶ前のものにすみません。
パーソナリティ障害を調べていてここにたどり着き、最近ずっと読ませていただいていました。
どこに書けば良いのかわからず、ここに失礼します。
私は医師から、強迫性パーソナリティ、回避性パーソナリティ、境界性パーソナリティ障害と言われています。
以前は反復性うつ病でしたが、二回目の入院の際にこの診断を教えていただきました。現在27さいです。

強迫性パーソナリティ障害ですが、何か私と違うと感じます。
私は確かに、こうあるべきというのが多く、何をしてもダメな気がして、不安です、全てやる事が義務のようで、何をしても苦しみでしかありません。そんな自分が悪い、自分が変われないから…と思います。
でも一つ、人に同じ事を強要している気はありません。気づいてないのかも…と怖くなります。もしかしたらそうしているのかもしれません。
でも、そんな事ないと思うんです。

境界性パーソナリティ障害についても、、、。
何かわからないです。

見捨てられ不安、暴言、暴行、1人の人を良く言ったり悪く言ったり…してきたつもりはありません。
気づいてほしい、分かってほしい、…かまってちゃんみたいな気持ちはありましたし、表に出てしまった事もありました。
自傷行為もOD.リストカット、洗剤を飲んだり、沢山してきてしまいました。


ごめんなさい、長くなってしまいますね…

もう、死しかみえません。気づいてとかじゃなくて、本当に死にたい。
でも死んだらダメなんです。
死にたいをおいておいて、進むしかないんです。
今死なないために、どうしたらいいか必死です。でも毎日毎日死にたい。
何から解決していいのかもわからない。もう何年も何年も周りをまきこんできました。

ごめんなさい。意味がわからない文になってしまいました。

強迫性パーソナリティ障害は、周りに自分の考えを強要したり、しなくてもそうなのでしょうか?
わからないんです、何を克服していけばいいか、どこを見直さないといけないか。
とにかくもう死にたいしか出てこないです。でも死んだらいけない。自傷もいけない。

すみません気持ちをぶつけるコメントになってしまいました。
できたら、
強迫性パーソナリティ障害は、周りに自分の考えを強要したり、しなくてもそうなのでしょうか?
というところだけでも教えていただけるとありがたいです。

医師に話そうと思うのですが、いつも肝心なところを聞けずに、終わってしまって。
長々とすみませんでした。失礼します。

このブログに沢山救われました。ありがとうございます。
Posted by mako at 2013年08月07日 22:21
生きていたいわけではないけれど、とにかく毎日、頑張って頑張って、死なないように必死なだけ、という辛さが伝わってきます。
パーソナリティ障害は、いくつか重なる場合が多いです。1つをメインとして他をサブと考えて捉えておくと多少わかりやすくなります。
その中に、境界性パーソナリティ障害が含まれている場合には、おそらく、それをメインとして考えておいたほうがいいと思います。ただ、治療者によって考え方は様々ですので、その辺は診断された医師に聞いてみたほうがよいと思います。
強迫性パーソナリティ障害は、必ずしも他人に対して実際に強要しているかどうかに限りません。物事を曖昧にしておく不安に耐えられず、こうするべき!と決めてしまわないと苦しくてたまらない障害、といった具合に捉えておくとよいと思います。
コメントありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年08月29日 16:47
コメントありがとうございます。
医師からは、強迫性、回避性、境界性?かな?と言われています。
他人に強要するのが全てではないのですね、しっくりときました。こうあるべきが多すぎるんです。もう一度医師に自分の状態を聞いてみようと思います。
最近は気持ちがあがることがなくなってしまい、ほんとうにもう無理だと思っています。みんなを裏切ってしまう。私は乗り越えられなかった。。
私が生きていることで、周りを不幸にしてしまっています。家族を泣かせ、忙しい家族が私に時間をとり、…
もうどうしていいかわからずいっぱいいっぱいの状態です。今にも死にむかいそうな時を必死に耐えています。
まだダメかな…もう許してもらえないかな…
すみません。こんな相談みたいなの書く場所じゃないですね。
自分自信どうにか生きていける事を願っています。
パーソナリティ障害…なりたくなかったです。なんでこんなんになっちゃったんだろう…
自分のせいだとしか捉えられません。頑張れない…
何と向き合えばいいのか…何をどうしたらいいのか…どこと上手く付き合えばいいのか…
乗り越えられないまま、、。
ほんとうに今回は無理なのかもしれないと思います。
でも、覚悟ができないままです。生きる覚悟も死ぬ覚悟も。
物音の全てが死ぬ合図のような気がします。生きてることに気が狂いそうになります。
同じ苦しみの方達と話してみたかったです。
できるだけ這いつくばって生きる道にしがみつけたら…と思います。また読ませて下さい。ありがとうございました。
Posted by mako at 2013年08月30日 00:51
いつだって、もう今回は無理だ、生きていられない、と何度も何度も思いながらやってきたんですよね。這いつくばってでも生きていてください。そして、またモンキークリニックを読んでください。いつ更新するかわからないけど、必ず更新しますので。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年10月09日 22:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。

この記事へのトラックバック
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ