依存性パーソナリティ障害

k1.png「困ったわ」

c2.PNG「どうされたんですか?」

k1.png「明日着ていく服の色が決まらないのよ。決めてくれない?」

c1.png「いやー、ボクはオシャレは全くダメで。かんごるーさんでも悩まれるんですね」

k2.PNG「だって赤はヤル気満々に見えるでしょ?でも黒だとシックすぎるし、かと言って白もまた…」

c1.png「結婚式か何かですか?」

k3.png「いや、合コンなんだけどね」


かうんさるーから一言
c3.png「いっそナース服着ていったらモテるんじゃない?」


大事な席に着ていく服が決まらないなんてのはよくあることだね。だけど、これがもし毎日のことだったら?あるいは、結局、服が決められなくて当日ドタキャンなんてことを繰り返してしまっていたとしたら?そして、これが着ていく服についてだけじゃなくて、人生の様々な岐路についてでも同じように決めることができなかったら?依存性パーソナリティ障害の人は、だいたい「どうしよう」と思うだけじゃなくて、人前で口にしているね。そう言うことで、誰かが意見をくれることを身につけているんだ。というよりも、誰かが「どうしたの?」と言ってくれるまで、きっと「どうしよう」と言い続けているかな。そうすれば「聞かれたから答えた」という相手の責任にできるからね。

同じ「依存」という言葉がついているけれど、アルコールや薬物などの依存症患者とはちょっとニュアンスが異なるよ。どちらかというと、依存症患者の問題行動を助長する周囲の人の方に依存性パーソナリティ障害の人がいるという感じかな。依存性パーソナリティ障害の人は、孤立することが不安でたまらなくて、常に人といたい、人の意見が聞きたい、人の役に立ちたいという気持ちが強かったりして、誰かを通してじゃないと自分で物事を決めたり、生きていることに自信を持てないんだ。だから、依存症患者の面倒をみることに結構生きがいを感じてしまったりすることがあるんだね。うまくいっている時はいいんだけど、例えば、アルコール依存症患者の状態が悪くなった時、手助けをしていたはずの依存性パーソナリティ障害の人は相手に嫌われたくないから、お酒を飲んでいるのを見て見ぬふりをしてしまったり、手助けという役割を失ってしまうと自分の存在意義が失われてしまうように感じてしまうから、むしろ治らないようにお酒を飲ませてしまったりといったことが、信じられないかもしれないけど起こりうるんだ。一人になりたくなくて行う行為が、相手の死期を早めてしまうという矛盾を抱えていることに気がつかずにね。
この記事へのコメント
カウンセリングに依存してしまう…そういうこともあるのでしょうか。たまにカウンセリングが怖く思えることがあります。
Posted by ななみ at 2012年10月12日 22:19
依存というのは、衝動を抑えられず、すぐに欲求不満を解消せずにはいられないという状態のことです。

なので、毎回予約を取るようなカウンセリングや、いつでもかけられる電話相談などの場合には、依存してしまうことがあります。毎日予約してしまったり、毎日電話してしまったりする可能性があるからです。

一方、週1回や隔週での定期的なカウンセリングでは、依存と言えるほどの状態になることはありません。怖いというのは、それほど頼りにしているということではないでしょうか?離れようとせず、この機会を十分に活かしてみてはどうでしょう^^
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年10月18日 00:32
依存性の強い友人にちょっと困っています。

自分で決められないため事あるごとに聞いてきます。
アドバイスをしますが、何一つ実行することがなく…。
上手な付き合い方や話し方ってあるのでしょうか。

摂食障害の友人で、長患いしていて、病院もカウンセリングも長続きせず、という人です。

私と話すと少しは楽になるようなのですが、進歩も進展も見られないからか、毎回同じ話しで正直うんざりしてきました。

かく言う私も、パーソナリティに問題があるのかな、と、他の記事を読んでいて思います。
嫌だったら断ればいいはずなんですもの。

Posted by joe at 2014年12月11日 12:31
実際の場面にどのくらい適用できるかわかりませんが、相談業務のポイントは、悩みを解決してあげようとして提案するのではなく、悩みが解決しないことに共感的に接するというところにあります。

友「・・・なんだけど、どうしたらいいと思う?」
私「んー、じゃあ、こうしてみたら?」
友「でもぉ、アレがこーで、あーで・・・」

が、

友「・・・なんだけど、どうしたらいいと思う?」
私「んー、それは、どうしたらいいか確かにわからないね」
友「でしょぉ?アレがこーで、あーで・・・」

になると、関係は対立しなくて済みます。
Posted by モンキークリニック所長 at 2014年12月26日 13:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160089776

この記事へのトラックバック
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ