反社会性パーソナリティ障害

a1.png「おい、テメェ。あの事をばらされたくなかったら口止め料よこせ」

c1.png「一体なんのことですか?」

a1.png「シラ切る気かよ、テメェの胸によく聞いてみろよ」

c1.png「思い当たることがないんですが…」

a1.png「なや美にした事だよ、テメェ、体を触ったことあんだろ!」

c1.png「なや美さんが、ボクに体を触られたと言っているんですか?」

a3.png「チッ、話になんねぇな。また来るから覚悟しとけよ」


ぶるどくたーによるミニ講座事情聴取
b1.png「で、実際、触られたんか?」n1.png「かうんさるーにそんな勇気あるわけないじゃん」


正直に言うと、ワシは反社会性パーソナリティ障害の者に会ったことがない。基本的に、捕まって初めてこの障害が発覚する場合が多いし、その後の治療は塀の中で行われることになるからな。司法・矯正関係の施設で働いたことがないワシはまず滅多にお目にかかれないわけだ。そして、治療がうまくいけばシャバに出てきたときは、問題行動は収まっているだろうし、治療の効果がなければ、また犯罪を繰り返して塀の中に帰っていく。運がよければ、その短い間に会えるかもしれんのだが、ワシはあんまり運が良い方でもなくてな。

この障害がどんなもんか簡単に言うと、良心の呵責が欠如していて、人を騙し、乱暴で無責任で、反省しないから何度も悪事を繰り返すって感じだな。そう聞くと、「悪い奴だ」と当然思うわな。けどな、その核心部分は、おそらく「やっちゃいけないことだと知ると、どうしてもやらざるを得なくなってしまう」病理なんだろうと思うよ。自分じゃ抑えられないんだろうさ。悪事を意図的に働くと言えば確かにその通りかもしれんが、自分の中のブレーキが壊れてんだろう。それは本人が望んで壊したもんじゃないはずだ。ワシはな、そんな風に理解してやりたいと思っているよ。

つまり、法律を破ったり、人の権利を侵害したりということをやめさせることだけを解決とするのではなくて、そういう一線を踏み越えたい気持ちを抑えられないというパーソナリティをなんとかせにゃならんと思うわけだ。まぁ、会ってみないことにはあんまり大層なことは言えんがな。

また、反社会性パーソナリティ障害に関連して、DBDマーチという概念が示されることがあるんだが、これは理解の仕方に気をつけておいたほうがいいな。DBDとはDisruptive Behavior Disorderの略で、破壊的行動障害のことで、マーチは行進という意味だな。この破壊的行動障害というカテゴリの中には、注意欠如多動性障害(ADHD)、反抗挑戦性障害、素行障害が含まれるんだが、この3つの順に、ADHDの子どもは成長とともに反社会性パーソナリティ障害に移行していってしまう可能性があるということを示唆した概念で、それを行進に例えたわけだ。しかし、これが結構問題になっていてなぁ。それはあたかも、ADHDの子どもの一部が“避けがたく”反社会性パーソナリティ障害に至っていくというニュアンスで広まってしまっているからなんだ。想像してみろ、そんなことを言われた日にゃ、ADHDの子どもの親は一体どんな恐怖を抱えていかなきゃならんことか。また、発達障害を支援している人々だって、そんな希望の無いことを受け入れられはしないだろう。ということで結構非難されている概念だけどな、知っておく分に損はないはずだ。ワシ個人の考えとしては、この概念を極めて強く批判する者たちは、反社会性パーソナリティ障害をちゃんと理解しておらず、単に「犯罪者」くらいにしか思ってないんじゃないだろうかと思っているよ。発達障害もパーソナリティ障害も治療対象の病理だろ、そこに価値判断を含めちゃいかん。そこんとこをよく考えておきたいもんだな。
この記事へのコメント
始めまして、私は、反社会性人格障害の両親をもった旦那と結婚して色んな嫌がらせを受けて、精神的苦痛になり、別居離婚してまでも旦那の母親からのストーカーや嫌がらせに疲れて、統合失調症になってしまいました。
人格障害者からの被害にあった私は、なにも援助がなく、どうして、人格障害者には、精神福祉年金が貰えるのですか?被害にあった私は、泣き寝入り状態です。どうして嫌がらせをする人格障害を社会は放置しているのですか?新しく人格障害者からの被害手当てを作って欲しいです。私は、この被害で財産と大事な時間を失いました。
Posted by シェリー at 2013年04月21日 22:35
大変でしたね、なんて簡単には言えないくらい、大変辛い思いをされたようですね。納得いかない気持ちは当然のことと思います。
ただ、人格障害の方がみんな嫌がらせをする人たちというわけではないのです。シェリーさんが会った人格障害の方が、嫌がらせをする人たちだったということです。そこの違いはけっこう大事です。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年04月29日 10:30
キークリニック所長、お返事ありがとうございました。ホントに警察の人にストーカー、迷惑行為にあったと話しをしても、反社会性人格障害の家族と警察が話しをするとミイラ取りがミイラになってしまうんです。そのくらい言葉巧みで、悔しかったです。被害にあった私は、旦那家族に離婚協議書として内容は誓約書の形で嫌がらせを一切しないと書いてサインを貰い縁を切っただけなんです。この辛さは、消化不良なままです、どこに訴えて行けばいいか?分かりません。
人格障害の人達皆が、そうじゃないのは分かりました。被害にあった人は、どうすればいいんですか?私は、辛さと、今後このようなことが二度とないように社会でも制度を作るべきではないですか?でも社会を動かすのは難しいですね。
Posted by シェリー at 2013年05月01日 22:16
追伸、モンキークリニック所長。返事を頂きとても嬉しかったです。気持ちを察してくれただけでも少し救われた感じです。言葉巧みで、饒舌にウソをつく人に騙されないようにしたいです。
Posted by シェリー at 2013年05月02日 00:23
社会制度の話に転嫁してしまわず、シェリーさん自身の気持ちの整理をつける方が大事かと思います。そういうことのためにカウンセリングがあるので、利用することも考えてみてくださいね。
コメントありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年05月07日 12:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160184976

この記事へのトラックバック
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ