妄想性パーソナリティ障害

t1.png「あなた名前なんて言うの?」

a1.png「あ?なんでお前に教えなきゃなんねぇんだよ」

t2.PNG「協力してほしいことがあるのよ。あなたみたいな体型だとちょうどよくて」

a1.png「んだと?オレみたいなデブがなんだって?!」

t3.PNG「そんなこと言ってないじゃない!」

a3.png「見下しやがって。学があるのがそんなに偉いのか、クソが」

t3.PNG「なんなのよ全く。名前きいただけじゃない」


かうんさるーから一言
c3.png「妄想性より猜疑性パーソナリティ障害なんて名前の方がしっくりくるんだけどな」


妄想性パーソナリティ障害は、とても猜疑心が強くて、他人のことが信用できないから、プライバシーに関わることをひたすら隠したりするんだ。また、ちょっとした他人の言動の中に、自分への悪意を敏感に察知してしまったりして、激怒してしまうこともあるね。慢性的に傷つけられているという被害者体験にさらされ続けている辛さを持っている一方で、非常に攻撃的なのが特徴的だといえる。被害者じゃなくなるためには、加害者に回るしかない、きっとそれくらい追い詰められているんだと思うよ。

妄想性パーソナリティ障害と似た病名に、妄想性障害ってのがあるけど、その最たる違いは、疑惑止まりか確信しているかという点にあるよ。例えば、妄想性パーソナリティ障害の人は、人はいつか裏切るものだから、彼女も浮気をするに違いないなんていう風に、実際にはまだ起きていないことへの疑惑が強い。その疑惑が強すぎて、彼女に対して「昨日の夜、連絡が取れなかったのはどうしてだ!」なんて詰問したり、証拠を探したりしてしまって関係が破綻してしまうようなこともあるだろうね。一方、妄想性障害は、すでに浮気をされているという確信を持っているのが特徴的だね。確信しているからいちいち証拠を探したりしないよ。というか、すでに証拠はいくらでも挙げることができるんだ。「昨日の夜、彼女は浮気をしていたから連絡が取れなかったんだ」なんていう風に、あたかも本人の中では事実になってしまうからね。また、妄想性パーソナリティ障害は、青年期以降、ずっと本人の対人関係スタイルとして一貫しているけど、妄想性障害は、ある時、発症するっていう違いがあるね。共通しているのは、どちらも対象となった相手にはそんな事実もそぶりもないってこと。

出会ってしまった人にとっては、ハタ迷惑な人達だろうとしか思わないよね。だけど、カウンセラーとして彼らのことを思うと、人を疑い続けることは、きっととても苦しいことだろうな、なんて想像してしまうんだ。彼らにとって、一人でも信じたり頼ったりできる人が現れたらいいな、それまで少しの間でもボクらが関わって、なんらかのお手伝いができたらいいな、なんて思うんだけど、当人たちにとっては全くカウンセラーなんて信用できない存在だろうね。なんだかもどかしいよ。
この記事へのコメント
妄想性人格でカウンセリングを3年くらい
受けています。
「彼らにとって、一人でも信じたり頼ったりできる人が現れたらいいな、それまで少し・・・」
ここの言葉がひかかりました、
本当にこういう気持です。
心理の先生がそうなってくれないので、
寂しいです。
Posted by シン at 2012年05月21日 16:44
書き込みありがとうございます。

一概には言えませんが、妄想性パーソナリティ障害の方は、なかなか「寂しい」と表現することができず、むしろもっと攻撃的になってしまわれることが多いような気がしています。
シンさんの表現には、攻撃性が感じられませんので、もしかしたら、カウンセリングでご自身に向き合われてきた効果として、素直な感情表現ができるようになったのかな、なんて推測とも期待とも思えるような、そんな印象を勝手に持ってしまいました。

同業者をかばいたいという気持ちはあまりないのですが、どうかシンさんご自身のために、カウンセラーを見限らずに、3年という関係性を大切にしていってくださいね。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年05月21日 23:05
最後の最後は、どうせ拒絶されるんだろうなって思います。
心理の先生はいい先生です。普通のときは
そう思えます。
何でも言いたい、話したい願望があります。
その先生もお仕事なので、いつか関係なくなるんだと思うと寂しいです。

これ以上書くとご迷惑かけるのでやめますね。わかりませんが・・・。
普通になれるならなりたいです。
治るもんでしょうか?
ありがとうございます。
Posted by シン at 2012年05月22日 16:24
どうせ最後には拒絶されるという思いは、裏を返せば「拒絶じゃない最後を迎えたい」と言っているように聞こえます。なので、できれば、そのまま心理の先生に伝えてほしいなと思いました。
カウンセリングの終わりは、カウンセラーとしても寂しいものですが、嬉しくもあるので、いつも複雑な思いです。卒業生を見送るような気持ちなので、たまには帰ってきてほしいなとか思ってしまいます(笑)
コメントありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年05月24日 02:41
相談にのって下さい。

交際相手がどうも「妄想性パーソナリティ障害」の様です。本を読むとまったく同じです。

私の行動に猜疑心を向け、いもしない相手を妄想し、恫喝します。お金も取られましたし、職場にも電話され、大変迷惑を受けています。(着信拒否・受信拒否をしたら、ひどい目に遭い、それもできずにいます。)

しかし、怖くていいだせないし、優しいところもあったり、境遇的にかわいそうなところもあって、ずるずるときました。

でももう限界。

別れようとしたら、また
「見捨てないで。」
「もう少しで人を信用できるようになる。」
「おまえが最後の砦。」
「おまえが優しいから、甘えていた。」
というメール。

実はその人は癌の治療中です。
やけっぱちになりそうで、その人も心配だし、私に危害を加えないかも心配です。

どうか、アドバイスを下さい。

しかし、もう限界です。

今日また恫喝され、別れようと思います。

Posted by きりぎりす at 2012年10月18日 01:27
書き込んでくださってからだいぶ日が経ってしまいましたので、双方あまり傷つきすぎずに別れられていればよいなと思っています。
申し訳ありませんが、状況的に、このサイト上で端的にアドバイスできそうなことはありません。おそらく電話相談でも難しい状況かと思います。対面のカウンセリングなどを利用することを考えてみてください。お役に立てずすみません。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年10月31日 21:53
初めまして

たまたま見つけて色々読んでいるうちに、自分の彼女が当てはまっているように思えたので・・・

彼女は、突如として不機嫌になって暴言など傷つけてくるようなことを口走ったりすることがあります。
次の日になるとなにもなかったかのようにいつも通りの彼女に戻り、謝ってくれます。

頻繁にあるので今では慣れてしまいましたが、妄想性パーソナリティ障害というものに近い気がして、カウンセリングを勧めたほうがいいのか悩んでいます。

彼女自身は、パニック障害の傾向もあるんですが、それを認めたがらないんです。
自分は普通の人だ。病気なんかじゃない。と・・・。

傷付けるのが俺だけなのですが、友達を傷付けてしまうようになるんじゃないかと不安になっている部分もあるようなので、どうにか改善できないでしょうか?

Posted by れんじ at 2012年11月04日 20:23
はじめまして

連絡を拒否された友達がいます。
元気かどうか聴いたらいちいち聴くなと怒られました。
楽しいことを考えれば楽しいことがやってきて何百万も稼いで何百万も使った詮索してくるおまえなんて魅力がないから話し掛けない
と言われました。
ときどき嘘をつきます。
つじつまが合わないことが多くて気がつきました。
自分の事は一切話をしません。
弱い人間になったり 攻撃的な人間になったり覚えてないと言い出すときもあります。
保身のために嘘ついたりするのかなと思っていたのですがどうも変な感じがします。
小学生が想像で空想の話を現実のように話すことがあるけれど それはファンタジーと感じるのですがそれとも違う感じです。
むしろ追い詰められていて自分は正しいんだと思い込むために現実を書き換えてるようにみえます。
友達は嘘をついたことなんてないと言い張るしいつも正しいのは自分でおかしいのは周りで99.9パーセントはクズだと言ったりします。
どう向き合っていけばいいのでしょう
Posted by あきら at 2012年11月17日 14:27
>れんじさん
書き込みありがとうございます。
一般的に感情というのは、身近な人にほど抑えずに出せるものだということを踏まえると、彼女さんはれんじさんを「家族」と同じくらいの存在だと感じているのかもしれません。暴言等だけをピックアップしてしまうと問題が大きく感じられるかもしれませんが、同じくらい良い点もあるからこそ、れんじさんもお付き合いを続けていらっしゃるのでしょう。その良い点というのを彼女さんに伝えていくと少しは不機嫌になったりするのが減るかもしれません。
また、翌日、反省して謝ってくれるなら、パーソナリティ障害というほどの状態ではないと思いますが、このままではお二人の関係が悪くなりそうならば、カウンセリングを利用されてもよいかもしれません。その際、彼女さんを通わせる以外に、れんじさんがカウンセリングに通い、対応を模索するという方法もあると思いますよ。

>あきらさん
書き込みありがとうございます。
友達だから大切にしたいという気持ちもわからなくはないですが、友達だから関係を続けなくてはいけないわけではないと思います。連絡を拒否された場合、一時的なものならよいのですが、残念ながら、相手にとってあきらさんは友達ではなかった、あるいは友達ではなくなってしまったということも考えられます。
悲しいかもしれませんが、そういうことも考慮して、関係を見直してみるというのが、向き合うということになるのかもしれません。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年12月01日 21:53
初めまして。色々と調べていたらこちらのサイトに出会い、コメントさせていただきました。

私は昔から人を信じることができませんでした。私と言う人間はどうせ誰からも愛されない、必要とされないという気持ちが強かったです。
特にお付き合いしてきた方たちに対してそうでした。
彼らの気持ちを信じられず、「私なんて好かれていないし、好かれる価値なんてない」と自分で自分を追い込み、自滅してきました。

現在は働いていますが、勤務地が海外で、職場の人間関係はせまく同僚・上司あわせて数名しかいません。
私以外のメンバーで集まっていることがあると、「除け者にされた」と強く思ってしまいます。
自分から輪に入ることができません。
職場の中でも気を許せる同僚は、私より気が合う人がいるので、その人といた方が楽しそうです。
その二人が出かける時はたいてい私も誘ってくれますが、そうでないときは「ああ、やっぱり二人が楽しいんだな」と思います。実際そうでしょうから。
私は好きだけど、相手もそうだとは限らない。
仕方ないから私と一緒にいるんだといつも思っています。
だから、「この人とはここまでの付き合い」と線引きすることで自分を守ってしまいます。

実は大学時代に適応障害で休学した経験があります。
またそのような状況になってしまうのではないかと怖くてたまりません。

私が人を信じられず壁を作るから、相手との距離が縮まらないのだと思います。
でも自分をさらけ出すことができません。
私の思っていることを言ったら、今の人間関係にどう影響するのか、考えると言えません。

長々とすみません。
どうにも堪えられずこちらに吐き出してしまいました。
どうすれば人を信じてよい人間関係を築いて行けるでしょうか。
Posted by ねむ at 2013年03月01日 04:30
信じることができないというのは、信じられる人がいない世界で生きていくということなので、それは大変孤独で辛いものだと感じます。
ただ、「自己成就予言」という認知・行動の歪みが考えられますので、調べてみるとよいかもしれません。
あとは、当サイトで言えば「れた思考」や、認知の歪みの中の「飛躍的推論」の記事が当てはまると思います。

「私は好きだけど、相手もそうだとは限らない」というのをちょっと変えて、「私は嫌われていると感じるけど、相手がそう(私のことを嫌っている)とは限らない」と考えられるようになるのが自他の区別の目標ですね。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年03月04日 10:20
ご返事ありがとうございました。

ご指摘くださった点について調べてみました。ほとんどおっしゃるとおりでした。
特に「飛躍的推論」についてはその通りでした。

ただ、自分自身の認知の歪みに気がついたものの、自分を変えるためにどう踏み出せばよいのかは、まだ分かりません。
このままではいけないとは思うのですが…。

何かあった時はまたお力を貸していただけると嬉しいです。
ありがとうございました。
Posted by ねむ at 2013年03月21日 07:18
認知の歪みと検索をしたらヒットしたのでコメントをさせていただきます。
過去の経験から、交際をしている彼女からの連絡が急に減ったり、そっけない態度を取られると不安な気持ちから疑心暗鬼になってしまいます。相手を信じたい気持ちはあります。自分の思い込みで不安になっていることは頭では分かっていても、どーしても不安になります。
妄想性パーソナリティー障害に当てはまることが多いので自分でもびっくりしています。
Posted by mash at 2013年04月02日 09:44
>ねむさん
認知の歪みが少なくなると生きやすくなります。変えられれば一生ものですので、早めに取り組んでおきたいところですね^^
コメントありがとうございました。

>mashさん
不安をゼロにする、なくすことはできないので、不安になったあとの行動を変えていくということがポイントです。感情自体を変えるのではなく、その後の行動を変化させましょう。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年04月07日 21:12
はじめまして。ある女性について聞いていただきたいのですが、彼女の特徴は良いか悪いか、肯定か否定か、好きか嫌いと考えが両極端で、それもちょっとしたことでめまぐるしく短期間に逆転します。また、自分は常に正しく、常に被害者で、自分の意に沿わない人は敵、時にはみんな敵だとも言います。明らかに様子が変だなと思って『どうしたの?』って気遣うと不快になります。何でも直言し、不快な思いをしたら、ちょっとしたことでも執念深く愚痴ります。さらに仕事などは非常に融通が聞きません。発言が短期間にコロコロ変わり、不都合なことは直視しません。すぐに不安にかられ身近な人ほど信用しません。すべて本人に自覚はなく、単なる性格の偏り以上のものを感じます。なんだか人と絆を結べないように見えますが、旦那さんはいます。旦那さんは何も言わず彼女に異論を言うことはないようなので大丈夫なのでしょうか?ひたすら関知せずダンマリしか、彼女と交流する方法はないのでしょうか?
Posted by あきと at 2014年02月09日 01:47
仕事上のご関係でしょうか。彼女に対して、「一般的な社会人らしく」振る舞ってほしい、すぐに感情的にならず、反省したり謝罪したり、職場の雰囲気を乱さないでほしいという、ごく当たり前のことを望んでいるだけなのに、なんで彼女はそれができないのだろう、みたいな感じのように読ませていただきました。
おっしゃる通り、書かれている内容からは性格の偏り以上のものを感じますが、だからこそ、そう簡単には変わらないと思います。仕事に支障が出れば注意をすることはやむを得ないし、仕事に支障が出なければ余計な口出しをしないというスタンスが大切だと思います。
彼女の性格面やプライベートな面に触れると、パワハラだセクハラだと言われかねませんので、距離を置いておくほうがよいと思います。
Posted by モンキークリニック所長 at 2014年02月25日 11:18
だいぶ日数が経っていますが、大丈夫でしょうか。

私は、信じることが怖いです。信じてたのに裏切られるのが当たり前で、もう信じることなんてできないです。父親の不倫、親友と思っていた人たちからの裏切り、母親に捨てられ、元彼に浮気され、この世の人間は信じるべきではないと思います。今の彼だって、どうせ浮気するんだろうと思います。だって「俺は浮気しないよ」と言いながら、女の人とラインしていたりしますから。それを見たとき彼への絶対的な信頼を失いました。疑って疑って、仕事に行くときは絶対電話をさせ、浮気をしていないかどうか確認します。どうせ私みたいな出来損ないはみんないらないから裏切るんです。
勉強を頑張って上位に入らなければ、包丁を持ってきて脅され、それでもダメな場合は裸足で山に捨てられました。母親とは1.2歳の頃から隔離されていました。
母親のようになりたくないです。これ以上、大切な人に嫌われたくないです。
彼氏に別れようと言われると好きな人が他にできたからだと思い、自殺しようとしてしまい、彼を縛り付けています。もう私はダメなんだと思います。救いようのないクズのくせに、無償で愛されたいと願ってしまいます。家族は「お前が役立てば愛してやる」という考えなので。無償で愛してくれた彼を離したくなくて、まともに、なりたいです。
Posted by まゆ at 2015年06月15日 15:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。

この記事へのトラックバック
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ