モンスターペアレント

b2.PNG「まったく教師ってのはよー、バカばっかりだな」

c2.PNG「どうされたんですか?」

b2.PNG「うちの息子の成績に1をつけやがったんで、文句を言ってやったとこだ」

c1.png「テストの成績は悪くなかったのに1をつけられたんですか?」

b3.png「いや、テストの点は確かに悪かった。でもよ、アイツはやる気はあるんだよ、やる気は!」

c1.png「なるほど、息子さんのやる気を評価してもらいたかったんですねぇ。父親として」

b1.png「あ、あぁ。そうそう、こういうのは父親がわかってやらんとな」


かうんさるーから一言
c3.png「(わが子への)かわいさ余って(他人への)憎さ百倍」

モンスターペアレントってすごいネーミングだよね。一体、がつけたのか、そして、どこで生まれた言葉なのか。そう、その発祥の地は他でもない、The 教 育 界。よりにもよって学校なんだなぁ。その辺については多くは語らずにおくけど、この言葉を臆面もなく使うような教師は、周りから見ればモンスターティーチャーかもしれないってことだけ言っておこうっと。良識ある教師は、思ってしまったとしてもあんまり使わないだろうしね。

とはいえ、本当にびっくりするくらい常識からかけ離れた要求や苦情を申しつけてくる親ってのは実際にいるものだ。子どものカウンセリングをしていても、親が前へ前へ出てくるってことはしょっちゅうあるよ。その度に、「あぁ、もう少し子どもにまかせたり、ボクらの関係を見守ってて欲しいなぁ」と確かに思ったりする。だって、親は子どもの“全て”を知っていなくちゃいけないという理由で、子どもが何を話したか一字一句教えて欲しいとか、お金は幾らでも払うので、24時間子どもに付き添ってやって欲しいとか、人が人を思いやって助けるのは当然だと言って、子どもが受けているカウンセリングの支払いを拒んだりとか、子どものために私と結婚してくださいとか・・・?いや、当然、断ったんだけど、一変して激怒するんだから困ったもんだよねぇ。うん、まぁ、親にだっていろいろあるってことさ。

断言してもいいけど、モンスターペアレントっていうのは他でもない、パーソナリティ障害なんだよ。演技性パーソナリティ障害、自己愛性パーソナリティ障害、境界性パーソナリティ障害、妄想性パーソナリティ障害、強迫性パーソナリティ障害あたりかな。学校だけで問題を起こしているわけじゃないはずだから、モンスターペアレントなんて概念は全くもって不要。パーソナリティ障害者は決してモンスターではない。当人達が抱えているのは対人関係の障害で、必要なのは心理的な治療、いわゆるカウンセリングだね。そして、親に子どもが巻き込まないように配慮していかなくちゃならない。結局、教師がパーソナリティ障害という概念を知らなかったから生まれちゃった言葉なんだろうけど、教師は勉強を教えるのが仕事だし、知らなかったとしても仕方ないか。頑張れ世の中のスクールカウンセラー。これからは、教師にパーソナリティ障害について教えるのも仕事の内になってくるはずだよ。

ちなみに、どうしてもモンスターペアレントって言葉が思い浮かんでしまって言いたくなってしまったら、頭の中でポケットモンスターペアレントと言い換えてみよう。ちょっとは可愛く思えるはず。穏やかな心、ゲットだぜっ。
この記事へのコメント
2ヶ月くらい前からモンスターペアレント気味のママさんと息子の保育園で揉めてます(;_;)

うちの息子(四歳)が相手のお子さんを叩いたか何かでアザを作ってしまった→『うちの息子はイジメられてる!』

それから毎日保育園から帰るとお子さん服を全部脱がせてボディチェックしてアザを見つけると写メ。
→先生方がみて明らかにケンカ等でついたアザでなくても聞く耳持たず『うちの息子が言ってるんですよ!』『先生がいないところでうちの息子をイジメてるんです!』と言って聞かないんだそうです…。


元々人の不幸話・噂話や自分の家の自慢話が好きな方で『私情報通なのよ』と言わんばかりにいろんな人たちと話したがる印象の方でして…
案の定うちの息子との件も他のお母さん方にも伝わり先生からお話があった頃にはとても大変な事になっていました(ρ_;)

何が一番ショックって唯一番号交換をしていたママさんだったので
うちの息子が手をあげること自体そもそもいけなかったとはいえ、何故ママさんからこちらに連絡をくれなかったのか
何故周りにまで不確定な事まで言って事を大きくしたのか
何故こちらの謝罪の意思を拒否されるのか…

一時期これからどうしたらいいのだろうかと毎日泣いて過ごしていたのですが

たまたまこちらのサイトを拝見しまして、後の記事にあるフレネミーにも当てはまるところがかなりあったので
相手の事を決めつけるのは良くないとは当然思うのですが
『もしかしたらこういうだった人なのかなあ』と言い聞かせ納得(正しくは諦め)することにしました。


ほとんど愚痴になってしまいましたが
こちらのサイトに出会って本当に有り難かったです(ToT)

長文すみません。
ありがとうございましたm(_ _)m
Posted by もつ at 2011年09月13日 15:31
お気持ちお察しいたします。
もつさんが書いて下さったような悩みは、最近本当に相談現場に増えてきています。
良い人ほど相手のせいにできなくて、どこか自分にも悪いところがあったのではないかと悩んでしまうのです。
当サイトの情報が役に立って、多少なりとも辛さが軽減されていれば幸いです。
コメントありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2011年09月15日 23:30
モンスターペアレンツ退治に立ち上がる正義のヒーローになるにはどうしなければいけませんか。
Posted by Mr.メトロポリス at 2015年04月10日 19:17
たいていの正義のヒーローは孤立していないので、まずは、一人でも多くの仲間を見つけることではないでしょうか。
Posted by モンキークリニック所長 at 2015年05月01日 22:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161851105

この記事へのトラックバック
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ