不登校

f1.png「えへへ、わたし学校あんまり行ってないんだぁ」

b1.png「そうか。お前、不登校だったんだな」

n1.png「あたしも不登校だよ。行ってる奴の方が変なんだよ」

g1.png「アタシも行ってないよー。ダルくて行ってらんないよね」

a1.png「俺もほとんど行ってネェから不登校だな」

k2.PNG「あなた達のは不登校じゃなくて、非行でしょ」

a2.png「差別だクマーっ」


ギャル=アン=グレイが教える未来の話
g1.png「反登校でも非登校でもなく、なんで不登校って言うの?」

23世紀にもなるとね、インターネット全体のサイトマップが整備されたことと、検索システムが超発展したから、必要な情報が加不足なくすぐに引き出せるようになるんだよねー。携帯電話も超ハイテクになってるしー。音声認識技術も進歩してるから、いちいち親指で押さなくていいし、今より全然楽ちんになるよー。声に出して言うだけで、すぐに検索結果が返ってきて疑問が瞬時に解決するんだもん。だから、みんな学校なんて行く必要なくなっちゃったんだよね。そのかわり子どものうちは、「知りたいことを検索する」っていう時間が毎日決められているの。いろんなカテゴリがあってね、最低限それぞれ少しずつ読まなきゃいけないのはあるんだけど、興味深い情報を見つけると結構面白くなってくるんだよねー。だんだんマニアックになってくるっていうか、それがなんだか自信につながっていくから不思議。みんなそんな感じで自分が将来やりたいこととか見つけてってるよ。アタシの興味?そんなのメイクに決まってんじゃん。アタシは、ギャルメイクから特殊メイクまで全部身につけるつもりだよ。そういう生き方だってアリだと思うんだ。

でね、学校自体は23世紀にもほんの少し残ってるんだけど、多分、この時代で言う教会みたいな感じなんじゃないかなー。教師っていう聖職者がコクバン?っていうのを使って何かを教えてるみたい。私は行ったことがないからあんまり知らないんだけどね。行ってる子が言うには、日によって教師が言うことが違くて困るんだってー。でも、ちょっと楽しそうなんだよね、その子。だから学校ってとこも別に悪いところじゃないんだろーね。アタシは今さら行けないけど、ちょっと行ってみたかったなと思ったりすることもあるよ。

あ、この時代に来て超ビックリしたんだけど、なんで中学生と高校生だけ制服着てんの?!小学生と大学生は着ないんでしょ?超中途半端じゃん。制服はね、役割がある人だけ着るもんだって教わったよ。子どもは着なくてもいいんじゃないの?

ごめん、不登校の話だったけ。あれだよ、ウィキペディアで調べりゃいいじゃん。確かこの時代に生まれたんだよね。でも、まだ出来立てだから情報不足っぽい?

最後にアタシが言えるのは、不登校でも生きてけよってことくらいかな。学校とか教育っていうもんに囚われて命を落とすなんて、本末転倒なんだからさ。
【ひきこもりの最新記事】
この記事へのコメント
以前別の記事にコメントさせていただきました、シーナです。

自分には年子の姉と今年高校二年生の妹がいます。
姉と妹は中学時代から萬年成績一位取るくらい優秀で、特に妹は自分たち三人の中で一番頭がいいです。要領がいいと言った方が正しいかもしれませんけど…。

そんな妹なんですが、中二の夏休み明けから不登校になりました。理由は些細な事で、宿題だった国語のプリントが一枚見つけられなかったっことです。それから暫くは時々保健室登校になったり定期テスト受けたりもしましたが、結局継続して登校(保健室ですけど)したのは卒業前の半年ほどでした。
学習は殆ど自宅で自主学習、塾にも行ってませんでしたけどテストでは90点代をとってました。
自分たちの通っていた中学は、ほぼ小学校からの持ち上がりなので顔見知りばかりです。妹が不登校になった当初は、実はどこかで嫌がらせでもうけていたのかと思ってました。

でも、隣の部屋で夜中に妹が泣いているのに気付いて様子を見に行ったとき

「なんで行けなくなったのかわからない。三年のクラスすごくいいクラスメートだったのに、一緒に授業に出られなかったのが惜しい」

と本人が言ってました。高校も最初は県立校に合格(しかも1番)したんですが、結局は振出しに戻り現在は週一回登校の通信制に通ってます。
不登校になったころは祖母や父にさんざん怠け者だとか言われている妹を見ると辛くなりました。未だに祖母は妹が優秀な成績に見合った進学校に入学しなかったことを時々愚痴りますけど(苦笑

行けない理由が自分でもはっきりわからない妹自身が一番しんどいだろうなと思います
最近では趣味が出来て以前より明るくなりましたけど、人付き合いが億劫になったようです
不登校前から無理してたんでしょうかね

自分はよく妹に

「学校行かなくても死にはしないから、いっぱい寝て思うがままに生活しとけ。高卒とか大卒とかは後からでもその気になれば努力すれば取れるけん」

と言ってたんですけど、よかったんでしょうか
いまだに自分が帰省して、夜隣りのベッドで寝ると時間を忘れたように思っていることを話してきます。
前に

「お姉ちゃん(自分)くらい怒られとけばよかった」

と言ってました。我が家は共働きで、母親の帰りが遅かったりがよくあります。やっぱり、話を聞いてもらうと少しでも気分が落ち着くんでしょうか?帰省している間はできるだけ妹と話をして、下宿さきに居る間もなにかとSNSではありますが会話することにしてます
あんまりしつこいと逆に負担になったりしますかね?

長文なうえにまとまりの無い文章ですません…
Posted by シーナ at 2014年09月17日 01:36
優秀であることが必ずしも幸せとは直結しないところが、人生難しいところですよね。一方、優秀な姉妹に挟まれてきたシーナさん自身もなかなか肩身の狭い思いをしてきたのではないかとも想像してしまいました。
さて、読ませていただいた感じでは、シーナさんは、妹さんに優しい対応をされてきたなという印象です。
妹さんにとって、シーナさんは話せる存在であり、そういう方が身近にいるというのは、とても安心できるものです。
文章を読む限り、シーナさんは自分のしていることを振り返りつつ妹さんに接していられるので、妹さんが嫌がるほどしつこくしたりしないと思いますよ。だから、ぜひ積極的に話をさせてあげてください。そしてご自身も一人で抱えず誰かに話をすることが大事かと思います。
コメントありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2014年09月26日 13:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162561270

この記事へのトラックバック
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ