投影同一視

n1.png「ねぇ、何イライラしてんの?」

t1.png「私?別にイライラしてないわよ。どうしたのよ突然」

n1.png「ほら、なんか言い方がきついし。かんごるーもそう思うよね」

k2.PNG「うーん、ぴす子ちゃんの言い方がきついのはいつものことでしょう」

t3.PNG「あなたたちねぇ、私の言い方のどこがきついっていうのよ」

n1.png「だから、その言い方だって言ってんだよ。ったくどいつもこいつも」

t1.png「・・・あんた、もしかして何か嫌なことでもあった?」


かうんさるーから一言
c3.png「そうそう、なや美ちゃんはそこに気づいて欲しかったんだよね」

投影同一視は、二つの精神分析的概念の組み合わせでできているよ。投影と同一視だね。

投影というのは、自分の中に生じた気持ちを相手に投げ込むということ。例えば、子犬が自分に寄ってきた時、自分が寂しければ「お前も寂しいんだね」と子犬に声をかけるかもしれないけれど、自分が楽しい時には「かわいい奴だなー」とグリグリしたくなるかもしれない。人は結構そういう風に、自分の気持ちによって相手の見え方を変えてしまうもんなんだ。これは生き物に限らず物に対しても起こることだよ。

じゃあ同一視はというと、投影した相手に自分を重ね合わせるという感じかな。「お前も寂しいんだね」と子犬に声をかけた時、子犬は自分の分身となっているんだ。だから、優しく抱いて頭をなでてやったりすれば、それは自分が頭をなでてもらったことにもなる。自分と相手があたかも同一のものになるから同一視っていうんだね。本当は、誰かに言ってもらいたい、してもらいたいことなんだけど、自分で自分にするのは難しいから、何かを通して自分の気持ちを落ち着けようとするってわけだ。

投影同一視は怒りの感情を持ったときにもよく起こるよ。特に境界性パーソナリティ障害の人は、自分が怒っているということを認めることが苦手だったりする。苦手というか自分が怒っていると意識すらできていないことが多いのかも。そんな時、誰かに会うとその相手がイライラしているように錯覚してしまうことがあるんだ。イライラを相手に投影しているということだね。すると、本人から相手に「そんなにイライラしないほうがいいよー」なんて、優しく声をかけてあげたりするんだけど、相手にとったらなんのことかさっぱりわからない。でも、本人にしてみたら、それは自分が優しく声をかけてもらったことと同じことだから、ちょっと怒りが収まったりするわけ。あるいは逆に相手に向かって「イライラしないでよ!」とぶつけて、自分では解決できなかった自分の中の怒りと対決したりすることもあるね。心当たりがない相手は突然のことに戸惑って謝ったりするかもしれない。そうすると、謝ってもらえたからちょっとイライラが収まる。一方、相手が「イライラなんかしてないよ!」と怒り返してきたときは、「ほら、やっぱりイライラしてるじゃない」と自分が正しかったことになるから、これまたちょっとイライラは収まる。いずれにしても、自分一人で解消できなかった気持ちを、他人に投げ込んで、巻き込んで解消するわけだ。

そもそもなんで投影しちゃうかと言うと、パーソナリティ障害の人は、自分の中に「悪い感情」をとどめておくことが苦手だからなんだ。悪い感情って言っていいのかは微妙だけど、「怒り」「悲しみ」「寂しさ」「ずるさ」など、パーソナリティ障害の人が自分の中にあってはいけないと感じているものね。それがあると、自分が「正しい存在」じゃなくなっちゃうようなもの。とにかく自分は真っ白な綺麗な存在じゃなくちゃいけないから、誰かに悪い感情を投げ込んでしまおうとして、結果的に相手を黒く染めてしまうことになっちゃうんだ。一方、状態が安定している時は、自分の中の良い感情を相手の中にも映し出すから相手がとても良い人に見える時もあるにはある。それが続いている時は良い関係が築けるんだけど、度がすぎて依存関係になってしまうこともしばしばだね。そんな中、基本的にはパーソナリティ障害の人は感情的に不安定な場合が多いから、一番仲の良いはずだった身近な相手に悪い感情を投影せざるを得なくなってしまって関係が悪くなっていく。相手としては本人の態度こそが突然変わってしまったように感じるんだけど、本人としては相手の態度が変わったと思うわけで、お互いに相手が悪いと思うことになるから絶交ということになったりする。結局、パーソナリティ障害の人は相手に裏切られたと感じることが多くなるし、他人は信用できないという信念を強めていってしまう。そんな感じで、パーソナリティ障害の人の世界観は敵か味方か、黒か白かみたいになっていっちゃうんだよね。

反対に、すでにそういうのに疲れちゃってると、もういっそ真っ黒な存在でいるべきだと考えちゃう人も結構いるみたい。自分の中に、ちょっとでも良いところが残っていると「偽善」だと感じてしまって、そういう自分にうんざりしていかに自分が悪い存在なのかを主張することも多いね。

中間色の灰色とか、黒白のマーブルでいられるようになるとちょっとは楽なんだろうけど、言うは易し行うは難しなんだよねぇ。
この記事へのコメント
それがあると、自分が「正しい存在」じゃなくなっちゃうようなもの。とにかく自分は真っ白な綺麗な存在じゃなくちゃいけない


正しい存在、とはなんでしょうか
そしてその正しい存在とはその人にとって
どうしてできあがるのでしょうか
どうしてもその存在でなければならないとはどういうことなのでしょうか
Posted by at 2011年12月26日 12:58
パーソナリティ障害の方にみられる二分思考では、「正しい」か「間違っている」かが、そのまま、「生きていてよい」か「死んだほうがいい」となりがちです。
間違えたり、失敗したり、人に迷惑をかけたり、ネガティブな感情(怒り・悲しみ・ねたみ・ひがみ・恨み等)を持つのは「正しくない」と思い込んでいて、そんな自分なら「死んだ方が世の中のためになる」と感じているようなのです。
それを感じながら生きるのは大変辛いので、自分が感じているのではなく、他人が感じているものにしてしまいたくなるわけです。
こういう感覚は、幼い頃に否定され続けてしまうと、身についてしまうことが多いようです。「生きている」という状態がすでにマイナスで、「生まれてこなければよかった」と感じている場合が多いです。すると、何か役に立つことをして初めて、ようやくゼロになる(=生きていてもよい)という感じらしいのです。さらに、相当頑張らなければプラスの感覚(=自己肯定感)を持つことができないので、結果的に、頑張り疲れて、うつ状態になってしまうことも多いものです。
こうした流れは、特に境界性パーソナリティ障害や演技性パーソナリティ障害の方に共通してみられます。
Posted by モンキークリニック所長 at 2011年12月27日 10:08
丁寧にありがとうございます。


ここにかいてある記事は、自分のなかの「これは一体なんなのかなぁ」という感覚について
「ああ、そういうことだったのかぁ」
と自分の中にすんなりとしみ込んでくるのでよく拝見しています。

更新を応援しています
Posted by at 2011年12月28日 00:39
ありがとうございました。

このサイトは自分にとってわかりやすくて、拝見させていただいています
更新応援しています

これからも疑問に感じたところは質問させてもらいますが、
答えてくれるとうれしいです
Posted by at 2011年12月28日 01:34
あ あれ
2重投稿してしまった
すいません
Posted by at 2011年12月28日 01:36
ありがとうございます。励みになります。
そして、更新さぼっていてすみません(笑)
年明けからまた何か書いていこうと思います。
Posted by モンキークリニック所長 at 2011年12月28日 09:51
境界例を検索していてたどり着きました。
暴言 罵倒 見捨てられ不安 投影 うまくいきそうになるとぶち壊す 過去は自分じゃない 別の人を登場させても自分じゃないと言い張る 信じないと怒り 彼女ができたと言って邪魔ださよなら・・・晴天の霹靂でした。ぶろぐにたどりついて合点がいったような気がしています。
疲れてしまったので自分メンテナンスしないとやばいです。 
Posted by きょう at 2012年08月15日 17:23
振り回されて疲れきってしまっている感が伝わってきます。ゆっくり休んでくださいね。終わってみると、あれは一体何だったんだろう?みたいな気持ちが残ってしまうものですが、少しでもこのサイトでの解説が役に立ったのなら幸いです^^コメントありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年08月20日 23:49
お返事いただけて嬉しいです。理論的に言い出すと止まらないし、自分の弱みに触れると全部人のせいに話が変わってきてこちらが混乱してしまい、いい加減な事を言うなと言われる。一生懸命心を砕かないとものすごく怒るのに、あっさりおまえがいると病気になる で終わりです。いま彼は嫌われないようにものすごく気を使ってお付き合いをしているようですが、同じことを繰り返してまた誰もいなくなっちゃうんだろうな・・って思います。彼がとっても大変な思いをして生きてるのはよくわかるのですが、ほんの少しでいいから相手にもキミと同じくらい心の重さがあるんだってこと・・どこかで読んだ文章を引用したり当てはめて使ってみたりするんじゃなくて(他人にはうわっつらだとか文字しか並んでないとか心が響かないとか言ってました)嫌われないように優しい言葉を使うのではなくて・・感じてることを 不安だからとか寂しいとか そういうことでいいんです。
言ってくれたらな って残念でなりません。
Posted by きょう at 2012年08月21日 11:17
何度もすみません。
自分がボロボロだってことに気がつきました。
どうしたらいいでしょう。

彼は彼女ともうまくいっていて全てのことに満足でおまえは必要ないと言ってました。
でも最後の暴言から、ものすごく無理をしてるんだろうって感じました。
何度も要らないって言われて離れしばらくすると何事もなかったかのように再度登場する事がありました。別人格の時もありました。別人格と言うよりは何も感じない人間 何の反応もしない人 って感じです。
今回は叩き潰されたので再登場はないと思っていますが、また登場したら どんな対応をしたらいいでしょう。
頭のいい人と感じる事も多く、ついあれこれ言ってしまうと否定されたと言って爆発怒りです。感じるとこを伝えただけであなたが思うこととは違うと言っても怒ると通用しません。
安定してるときは黙ってると自分の意見を持たない奴だと人に合わせるなと怒られました。
落ちてるときは自分が病気だといい、あがると素晴らしい自分です。
私はどんな揺れ動きを持っているとしても私という人間そのもので彼を評価することなくありなままの彼を受け止めていきたかったし、これから再びもし出会うことがあるならば変わりなくあたりまえに存在する人として対等に接したいのです。
Posted by きょう at 2012年08月22日 10:33
きょうさんが書いてくれた内容には、自己愛性パーソナリティ障害の人に接した時に感じる気持ちがたくさん含まれていて、多くの方の参考になると思います。コメントくださりありがとうございます。
再び彼に会った時ですが、残念ながら、きょうさんが彼に対してできることは何一つ無いと考えておいたほうがよいと思います。できることがあるかもしれないというスタンスでは、またボロボロにされてしまうと思います。がっかりされるかもしれませんが、一般の方が、自己愛性パーソナリティ障害の方にうまく接しようと思っても、簡単にできるものではないのです。良い方法というのはありません。ボロボロになるまで傷つく覚悟と、自己愛性パーソナリティ障害についての詳しい知識や理解が必須になります。どうしても関わりたい、関わらないといけない人達は、カウンセリングを利用して、その都度傷ついた心を回復しながら、相手への対応を諦めずに考えたりしています。絶望的な回答ですみません。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年08月24日 23:11
丁寧なお返事で感謝してます。
彼に出会ったとき直感的に覚悟が要ること、できるとこはないって感じました。やがて真夜中の電話がはじまり、こちらの都合はおかまいなしに助けてくれって言ってくる。今都合が悪いと言えばおまえの都合になぜあわせなきゃいけない 早くしろ・・。わたしがごちゃごちゃ言うようになったので、めんどうになったのでしょう。自分の非は絶対に認めません。少しでも痛いところに触れると、話がすげ変わりいつのまかおまえが悪いんだぞとこちらに転嫁されてる。困ると俺が悪かった 弱い人間だから・・と引き止める。言い方は悪いけど今は操作しやすい彼女をターゲットにしちゃってるって事なんだと思います。自分が好きなら相手も自分が好きという思考でしたから、もしかすると相手にもう拒否されているのに付き合ってて上手くいってるんだって意地を見せてるだけかもしれません。相当ストレスためた時の暴言は半端じゃなかったので。 
もしかして戻ってきたら・・と思ったのは自分の中の負の感情をぶつける相手がいなくなったらまた来るのでは?と思ったりもしているからです。
来なければ 彼女がボロボロになってしまうって事ですね。

子どもを産み育てること 愛情を注ぐ事
 
小さい頃友達が誕生日を祝ってくれた時なぜ自分のために集まってくれるのかよくわからなかったし、友達が泣き出すとなぜ泣くのか理由がわからない 親につぶされたせいだ と言ってたことがありました。

生を受けたときのまずはじめの親との関わり
世の中のすべての親に子どもを慈しむ事 愛する事 よく考えてほしいなって思います。
せっかくの命が悲劇で終わらないように。
Posted by きょう at 2012年08月25日 10:31
追記

自分は幸せにできない 幸せになってほしいと思ってる 感謝している 
って怒りと同時に言ったりしてました。
でも 得た知識をなぞらえているようで心に響く言葉ではありませんでした。
自分を悪者にしないための言葉のように聴こえたりしていました。

言葉だけだと 時に優しくて、だいたいが怒りや理不尽さや変な理屈。
どうしてそういう言葉が出てくるのか気持ちと言葉がイコールじゃないと感じるようになったのはずいぶん経ってからのことです。
怒りの渦中では全く会話が成立しません。
極端な正悪もあってまんなかがないので悪くなるのはおまえがいるせいだから関わらない いたら彼女に嫌われる 年寄りに席も譲れない女は価値がない などなどあげてみたらきりがないです。

振り返ればそんな頃には自分がかなり混乱させられていてエネルギーも消耗してたんだと思います。
家族や恋人ならば、我慢して向き合い気がついたときの消耗度は私の比じゃないと思います。

いのちの悲劇 と書きました。

怒りの時は 彼にではなく魂に語りかける気になったりしてました。持つ宗教はありませんが魂になら響くのではないか・・そのくらい絶望と失望も持ち合わせてわずかに期待もし、才能と、少しでいいから 自分が傷ついたと騒ぐだけでなく 向かう相手も傷つくんだということがわかっていることを信じていたのです。
Posted by きょう at 2012年08月25日 13:42
書き込みありがとうございます。なんとかしてあげたいという温かい気持ちをもたれた方だということが伝わってきます。ただ、パーソナリティ障害の方には、愛情、信頼、親切、優しさ、慈しみ等の気持ちをもって接するだけではうまくいかないのが実際のところです。
パーソナリティ障害の方は、相手のことを、自分の半身のように感じてしまいやすいという特徴をもっています。例えば、2人の人間が1つの体を持っているとして、自分が右半身、相手が左半身だと想像してみてみましょう。体の左右で意見や行動が異なっていては、とても気持ちが悪いので、とにかく言動を一致させたくなるはずですよね。だから、パーソナリティ障害の方は、相手と全く同じであろうとするか、相手にも同じようにしろと望むのだと思います。
つまり、パーソナリティ障害の方の人間関係は、一対一ではなく、相手を自分の一部とみなしてしまうという特徴があり、言い換えれば、そこには自分しか存在しないということになります。それが、わがままに見えたり、主張が強すぎたり、強制したりするということにつながってくるのです。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年09月03日 23:57
お返事を読んでいて彼には通じないと思ってた部分がどうしてだか納得できたように思います。変な理屈や攻撃的な言葉や態度、若さの揺れでは?といい方へ感じようとしてました。感受性があって感性は魅力的だと思ってました。
最後の暴言でこれは違う・・ そしてこのサイトにたどり着いたのです。
私には強要ばかりでいくら私と君は違うと言っても通用せず 壁がありセンスが違うと切り替えされてきました。今は彼女と同じであろうとする努力をしてるんだと思います。

なんで自分がこんな気持ちになるのかよくわかりませんが すごく残念で泣けてきます。
Posted by きょう at 2012年09月04日 07:49
サイトで自分メンテナンスしてしまいました。
ありがとうございました。
思い出せば出すほどパーソナリティ障害で納得です。
子どもの頃のことを言えるようになったり、100の言葉を吐き出したとして、たまたま大きな揺れの中間点にいると1つか2つは本質的な自分の気持ちを言えてるときもあってそれそれ!って感じたり 自分の事少し気がついてるときもあったりしてすごいじゃんって嬉しく感じたりしたものでした。
今はまた逆戻りのように思えています。
繰り返すのでしょうか・・
よく 誰も相手にしてくれないって言ってました。

残念です。
すごく もったいないと思うし残念で仕方がないです。

ずいぶんいろんな事考えました。
私にとってはこのサイトにたどり着いた事私自身のきもちの回復にとてもありがたいことでした。

でも 残念で残念で仕方がないです。
 
Posted by きょう at 2012年09月04日 11:35
はじめまして。
パーソナリティ障害のことを検索していて、こちらに辿り着きました。
パーソナリティ障害専門のカウンセラーさんがいるんですね!
きょうさんが書かれている「どこかで読んだ文章を引用したり当てはめて使ってみたりする」が元彼(昨日喧嘩して別れた)と一緒です。
「イライラしてることが多いよね」って言ったら、「いつもイライラしてるのは、なおちゃんでしょ」って言われてびっくりしました。
私は穏やかなタイプで、怒ることもめったにありません。
イライラしてるように見えたのか、
それとも投影同一視してるのは私のほうなのか?疑問になりました。
「俺がいつも合わせてる、合わせようと思わないのか?」
いやいや、考えてみれば私の方が無意識に合わせてるし、合わせてるひとはわざわざ合わせてるって認識自体ないんじゃないのか?って疑問に思います。
「俺の言うこと聞きなさい」って何度か言われ、無理にでも合わせなきゃいけないの?って私が言ったら、「そんなこといつ言った?」って忘れてたりします。
白黒思考のことを指摘したら、本人はそんなつもりがないようでしたが、
その後の喧嘩の中で私に「なんで白黒思考するの!」って怒ってきました。
どっちが障害持ってるのか、わからなくなりました・・・
わたしが障害もってる可能性もありますよね。
このまま本当に別れるのが一番かなと思ってます。
Posted by なお at 2012年09月06日 12:30
同じ思いをしてる人がいるんですね。
俺のいうことを聞け 
人に合わせている 気を使ってる
そんなこと言ってない おまえのせいだ
何度言われたかわかりません。
おまえが病気なんだ 病院へ行けって言われたこともあります。
胸の中がぐちゃぐちゃになってあたしがおかしいのかな?って自分の存在を否定されてるような気持ちになるくらい苦しくなる時もありました。

私に言ってるけど 鏡に映しているようなときが多かったです。
このサイトを読んでみて 彼はパーソナリティ障害だったんだ って思いました。
19から22さいころにかけて何年も音信不通な時期があったのですが、19歳くらいのときは極端な思考の持ち主だなー若さゆえの不安定さかなあって思ってました。
20歳を過ぎてから突然現れたとき 手に入れてるはずの未来を「怖くてやめた」と言ってました。
それから さらに強制するし揺れ幅は大きいしすぐ気持ちも変わり19のころより不安定さが増したように思えました。
いまから思えば 20歳前後 何かあったのかもしれないな・・って思ってます。

恋人という関係ではなかったのですが、別れよう とか さようなら とか 何度言われたかな・・・ 整理がついた頃何もなかったように再び登場してきました。
そのときは 今の俺だけを見ろ! です。

彼女ができたからさようなら の理由も「おまえがいるとうまくいかない」 からです。

パーソナリティ障害についてブログや被害にあったといった書き込みも含めて理論的なものまでいろいろ読みました。
理解も含めてかなり整理がつきました。

ただ 彼を思うとほんとにほんとに残念だなって思います。
なぜでしょうねぇ

Posted by きょう at 2012年09月06日 13:40
>きょうさん
本当に残念で仕方ないんですね。なんとかいい方向に彼を導いていきたかったという気持ちが伝わってきます。
きょうさんが気持ちを整理する上で、当サイトが少しでもお役に立てたなら幸いです。書き込みありがとうございました^^

>なおさん
コメントありがとうございます。「別れ」そのものは物悲しいものなので、別れた方がよかった相手だとしても、辛いことに変わりはないでしょう。ちゃんと泣けているといいなと思いました。
さて、確かになおさんがパーソナリティ障害という可能性も、無くはないですけれども、限りなくゼロに近いと思います。というのも、パーソナリティ障害の方は書かれているように白黒思考の場合が多いので、「どっちが障害もってるのか、わからなくなりました」とは言わないからです。「あっち(相手)が悪い!」か「自分が悪い…」かのどちらかにしないと気が済まない場合が多いですからね^^
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年09月10日 23:29
モンキークリニック所長さん
ありがとうございました。
会話も始めと最後でぜんぜん違う方向へいくし、ダメか天才かの両極端
俺がわるい おまえのせいのどちらか・・
俺のこと好き?
ちょっとでも否定と取ると 俺に興味ないんだろう!
俳優の話をしただけで浮気した
好きな相手は相手も自分を好きと思ってるからその子が別の男性と付き合うと 裏切った
それでいて おまえの事は好きじゃない 勘違いするな
恋人として付き合ってるわけじゃないのに 別れよう 幸せにできない

混乱する言葉はあげたらきりがないです。

だけど すごーく大変な思いをしたのに めちゃめちゃ泣けるんです。

なおさんも ありがとうこざいました。
つらいけど どこかホッとしたりもして それがまた哀しくなるんですけどね・・

それにしても 気力がなくなってしまいました

また 何かあったら書き込みします。
ご迷惑かけました。
Posted by きょう at 2012年09月11日 00:56
モンキー所長さんからのコメントを見て泣きました。ありがとうございます。それと、限りなくゼロに近いと言われて、すごく安心しました。

一緒に変わっていけるんじゃないか、次はああしてみたら、こうしてみたら、って可能性があるのに、関われないのは残念だなって思う。
けど、そうやって考えてるとこっちが潰れてしまうから。別れてみて、いま他の人との距離感も違和感あるもん。

きょうさん、あなたも潰れないようにね。彼は彼でまた別の人に出会うから大丈夫。あなたが幸せになるといいなって心から思います。幸せになろうね。

ありがとうございました。
依存しないように、書き込みはこの辺で。
Posted by なお at 2012年09月11日 12:57
きょうさん、なおさん

お二人とも辛い思いをされている中、コメントありがとうございました。
「インターネット上でも互いを思いやるということができるんだ」、
と思えるような、お二人のやりとりに励まされる方は多いと思います。
人間って捨てたもんじゃないな、と思えるというか、優しい気持ちになれますね^^
今後とも応援よろしくお願いします。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年09月19日 23:12
的確な説明に、自分のしてきたことをハッとさせられました。ブログにリンクを貼らせていただきました。事後報告になり、すいません>_<
Posted by ゆてぃまま at 2013年04月21日 20:25
このサイトが、ゆてぃままさんの気づきの一助となっていれば幸いです。リンクとコメントありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年04月29日 09:53
初めまして。
五年間付き合っていた彼がいたのですが、ネットで知った自己愛性人格障害に当てはまり自分は共依存だと気が付いて、とても辛かったのですが、ゆっくりとフェードアウトし、連絡を絶ちました。
解放された思いですが、たくさん傷ついたので戻る気持ちはないので、寂しくなる時、ブログの記事に救われています。
Posted by あや at 2015年12月29日 19:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。

この記事へのトラックバック

投影同一化(投影性同一視)の定義 専門家間の差 心理学
Excerpt: 2016-10、私は心理学を学ぶ中で、「投影同一化(投影性同一視)」の定義が各専門家で異なることに気付いた。 そこで、どの説明が正しいのかを専門家に質問することにした。 専門家の解説 専門家が行ってい..
Weblog: むぎの手記
Tracked: 2016-10-28 22:56
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ