見捨てられ不安

c1.png「どうしたの、真っ青な顔して」

n2.PNG「あのね、あたし電話のツーツーって音を聞くとダメなんだよねぇ」

c1.png「話し中の音?」

n1.png「それもだけど、特に相手に先に切られた時の音」

c1.png「その音がどんな風に苦手なの?」

n1.png「ものすごい寂しさを掻き立てられるというか、孤独感に襲われるっていうか」

c1.png「そっか、もう少し詳しく教えてくれるかな」


なや美の実体験
n1.png「いいけど、あたしの体験談なんて役に立たないよ」

人は誰でも大事な人から「見捨てられてしまうんじゃないか」と感じたら当然不安になるでしょ。だけど、この見捨てられ不安っていうのは、普通感じるものよりもずっと些細な出来事で引き起こされる強烈なものなんだよ。例えば、次のような時に感じるね。

・顔をそむけられた時
・背中を向けられた時
・視界からいなくなった時
・返事をしてもらえなかった時
・手を離された時
・ドアを閉められた時
・電話を先に切られた時
・話してた相手が他の人のところに行ってしまった時

ぞわっていうかズドーンっていうか、全身が総毛立つって言うの?ものすごい寂しさと孤独感と恐怖感に襲われるんだよ。だいたい、置いて行かれるとか、気にかけてもらえてないとか、そういう状況で起きるんだけど、あたし達ってそういうのに超敏感なわけ。敏感すぎて相手にはそのつもりが全くないってこともしょっちゅうだね。だから、これって全然予知できないんだよねー。いつも突然襲われるからほんと困るよ。でも、この感覚はほんとに嫌だから見捨てられないように「ねぇねぇ」ってしつこく話しかけちゃったり、相手の迷惑考えないで長話しちゃったりするんだけど、逆にウザがられたりすることのほうが多いんだよね。逆効果?頭では相手に自分を見捨てる気がないってのはなんとなくわかるんだけど、体感しちゃうもんだからどうにもならないんだ。できればそういうのを感じさせないでほしいんだけど、無理なお願いなんだろうね。

見捨てられ不安は、人に対する基本的信頼感が身についていないからとか、対象恒常性が獲得されていないからとかカウンセラーから言われたことがあるけどよくわからないや。確かに人は信用できないと思ってるし、人は毎秒ごとに変わるものだと思ってるけどね。逆になんでみんなそんなに他人のことを信用できるの?心変わりをするのが人間だと思うんだけど。信用しすぎたら傷つくのって自分じゃん。・・・ってわかってるんだけど、たまーに心を許してしまうことがあって結局裏切られてヘコむんだけどねー。そんな時は自分がほんとに嫌になるよ。

ほらね、あたしの話なんて聞いても意味なかったでしょ?
この記事へのコメント
「飛躍的推論〜認知の歪みD」にも投稿した者です。また一つ友情をメールで壊してしまいました。1回はやり取りしたので相手はもう終わったと思ったのかもですが6時間経っても来ないので、アドレス変えました。
企業以外メールは使用禁止にしてほしいです。使わなきゃいいのに、と思われるかもですが不安で仕方ない時は無意識に送ってるのです。それで返事が来ないとかなると不安で仕方ない。
上記のなや美ちゃんの気持ちすごくわかる。でも、私は不安を超えてそれが憎しみになってしまいます。もし、見捨てられ不安とは違っていたら、こんなところに書き込みして申し訳ありません。
Posted by まゆ at 2012年05月29日 16:58
上記のコメント消してください。申し訳ありません。
Posted by まゆ at 2012年05月31日 09:46
上記のコメント消してください。残っているとまた、不安で仕方ありません。本当に申し訳ありません。
Posted by まゆ at 2012年05月31日 09:48
メールの返事がこない時と同じく、コメントの返信がこなくて不安になってしまったということでしょうか?
確か、6時間くらい経つと不安になってしまうんですよね。返信遅くてすみません^^;
憎しみにまで発展していなければいいなと思っています。コメントもできればこのまま残してほしいので、謝る必要はありませんよ。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年05月31日 21:46
すみません。…憎しみにはなってません。ただ嫌われたと思ってました「ウザイ」と。
今回はコメントは期待していませんのでいいです。
ただご迷惑おかけしたことをお詫びしたかっただけです。申し訳ありませんでした。
Posted by まゆ at 2012年06月01日 10:19
迷惑かかってないので大丈夫ですよ、安心してください。
長い時間、不安にさせてこちらこそ申し訳なかったです。
ただ、HPの更新にはかなりムラがあるので、6時間以内の返信はお約束できそうにありません(笑)
今後とも応援よろしくお願いします。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年06月01日 13:27
先生おもしろいね。
例に書いてる不安、全部感じたことありました。
なんで、楽しく電話で話してたのに、
切ったあと、突き落とされたように不安に感じるんだろう。
仲間全員集まった飲み会
帰ったあと、涙が出るほど悲しかったり、
寂しさを感じることが多くて犬を飼いました。


自分でもなにがキッカケでこんなに孤独を感じるのかわからなかったけど、
上のみて
本当に些細すぎて自分でも気付かなかったことに
どうして先生は気付いたんだろうって面白かったです。

これからも訳もなく不安になると思うけど、
何が不安かいつも伝えれないけど

なんとかなるかな。
Posted by りさ at 2013年05月14日 16:26
ありがとう^^
多分、いろいろ気がつくのは、たくさんの人に会ってるからだと思います。

りささんはこうして考えていることや感じていることをちゃんと言葉にすることができているので、なんとかしていける人だと思います。

うまくは言えなくても、自分の気持ちを言葉にしていくことを大切にしてください。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年06月22日 22:12
例に挙がってるシチュエーション、とてもよく分かります。私のイメージでは、「足元の薄い氷が割れて海に落ちるような感じ」

今カウンセリングを受けているのですが、カウンセラーは「これはあってはならない不安ではなく、人として普遍的な感情なのですが、これが強すぎるととても辛いと思います」と言っています。

今も生活の中で感じることはしょっちゅうですが、「この不安は敵ではない」と思うことにしています。

そうはいっても、ほんと体感なんですよ、あの感じ。いきなりザアッと冷たいとこに落ちるんですよね。

Posted by けも at 2013年08月12日 04:33
なるほど、突然の落下という感じなんですね。ヒヤっとするというか、内臓が浮くというか、そうなると「見捨てられ不安」なんて表現より「見捨てられ恐怖」の方がしっくりくるんじゃないかと思ってしまいます。きっと、言葉になんかうまくできない感覚なんでしょうね。
カウンセラーさんの対応、いいですね。また、「この不安は敵ではない」というのも、すごく大切な表現だと思います。
体感を表現してくださるコメントありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年08月29日 17:21
初めて投稿させて頂きます。

恐らく10代の頃に発症していただろうに30年近く経っての今、人格障害な自分に気付いた私です。

私の様な見捨てられ感が他の人にないのを知ってホントに驚愕でした。
私の色んな行動が逆に大胆で羨ましいなどといつも言われていたし、私の個性だと。
執拗なすがりは好きな人にしかしなく、そこまでの異常さは普段は出ないのでちょっと変わった人程度なんでしょうね。

私がすがっている時、彼は瞳孔が開いている!と表現します。
今思えば何の知識も無く、私がその障害を持っている事も知らなかったのに冷静に見てたんだなーと、微笑ましくすら思います。

このような場に書き込むのは初めてなのでもし、何か不快な文があったらごめんなさい。
Posted by みん at 2014年06月25日 15:14
コメントありがとうございます。
読んで不快なところはなかったので安心してください^^
「私の様な見捨てられ感が他の人にないのを知ってホントに驚愕でした」
「私がすがっている時、彼は瞳孔が開いている!と表現します」
この2カ所がとてもリアルですね。
パーソナリティ障害は、その症状自体の程度も関係しますし、環境の影響もかなり受けやすく、「正常か異常か」または「軽いか重いか」と単純に言えない難しさがあります。
今もこれからも、ご自身について知り、受け止めていけるといいですね。このサイトがその一助となれば幸いです。
Posted by モンキークリニック所長 at 2014年07月14日 10:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163749886

この記事へのトラックバック
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ