理想化と脱価値化

k1.png「ねぇ、なや美ちゃんは亜熊くんのどこが好きだったの?」

n1.png「別に好きじゃなかったけど。あえて言えば、お腹がぷよぷよしてたとこかな」

k2.PNG「してた、って過去形?」

n1.png「うん、気づいたらぷよぷよじゃなくてブヨブヨしてて嫌になった」

k1.png「そんな、それってなや美ちゃんの感じ方次第じゃない・・・って、あ、亜熊くん!」

a2.png「お、お前ら、ひどいクマー!(泣)」

n1.png「乱暴なくせにすぐ泣くとこも大嫌い」


かうんさるーから一言
c3.png「すごく良い人でなければ、すごく悪い人、というのは間違いだよ」

境界性パーソナリティ障害の人は、白か黒かという世界観を持っていたり、0か100かという二分法で物事を考えてしまったりする場合が多いね。だから神や天使、悪魔が好きだったりするのかな。そういうのはとにかく善か悪かはっきりしてるからね。けど、中でも強く惹かれるのが堕天使だったりするのが面白いところ。もともと完全な善だったのに、ちょっと汚れて地に堕ちちゃった天使が好きだってことは、白でも黒でもない存在を受け入れてるってことだからね。それはもしかして、「本当の私はこんなダメな人間じゃない」って気持ちを持っているパーソナリティ障害の人が自分に重ね合わせやすいからなのかもしれないな。・・・しまった、いきなり話が逸れてしまった。

理想化と脱価値化について説明するよ。理想化とは文字通り相手を自分が理想とする人と思いこんでしまうこと。しかも、よく知り合うことなく会った瞬間に。なんでそうなるかっていうと、理想の相手と接している私も同レベルの人間であると感じられるから。自分を高い位置に持っていくために相手をすぐに先に上げるんだね。こういうことはパーソナリティ障害の人にはよく起きるよ。自分一人で自信を持ったりできないから他人との関係を通して自信を持とうとする。さて、実際には完全に理想的な人なんて実在しないってのはわかるよね。白馬の王子様なんていないんだ。いたとしても臭いウンコだってするんだよ、人間だもの。でも、パーソナリティ障害の人は、そこが受け入れられない。そんな現実に直面したら、「あいつは王子様なんかじゃなかった、ウンコマンだった!騙された!」と大騒ぎしてしまう。だって、相手を通して自分の価値を決めているので、自分も同等のウンコマンになってしまったら大変だと思うから。「自分はそんな相手とは無関係だ!一緒にしないでくれ!」と急いでみんなに言って回りたい。そりゃ、大慌てだよね。

そんな感じで理想が崩れた後に、一気に悪い評価にまで下がることを脱価値化というんだ。専門用語というのは不思議な感じがするもので、「理想化と脱理想化」または「価値化と脱価値化」という風に揃えればいいのに、なんて思ってしまうけど、それでは「ゼロだったものがプラスになった後に、ゼロを通り越して一気にマイナスにまで行ってしまう」という反転する心の動きが表現できないんだよね。理想的な人だと思っていた相手がそうじゃなかった時、パーソナリティ障害の人は「なんてことだ!ひどい人だった!」とプラスから一気にマイナスの評価にしがちだけど、健全な人は「ああ、そんなに素敵な人でもなかった」と評価を可もなく不可もないゼロに戻すんだということを知っておこう。

脱価値化は理想化の後に必ず起こるもので、それには大きく2つの理由があるよ。1つは先に書いたように相手の嫌な面が必ずいつか見えてしまうから。もう1つは、相手を理想化しすぎて自分が釣り合わなくなってしまいそうになったり、相手から嫌われそうになると、その前に相手の価値を下げておく必要が出てくるから。つまり、理想の相手から嫌われるのはとても怖いことだけど、たいした人間じゃない相手から嫌われるのは平気だってわけ。

そもそもパーソナリティ障害の人に共通するのは、相手の態度うんぬんではなくて自分の中にちょっとでも不安や不満が生じると耐えられなくなっちゃうってこと。ちょっとでも不安や不満があるってことは、全部が不安で不満だからね(無ければ0、有れば100)。そして、それを自分一人じゃ解決できなくて他人を巻き込んじゃう。例えば、理想化してしまった相手を妬んでいる自分は醜い、と感じるのは自分の勝手な気持ちなんだけど、それを一人で解消できなくて、最初からたいした相手じゃなかったんだと価値を下げて接して解消するわけだ。それが間に合わなくて、相手からほんのちょっとでも指摘されたり不満を言われたりすれば、自分は全然ダメな奴になってしまうから必死だよね。

まったく、白か黒か、0か100かってのは忙しいものだ。周りからみれば本当に気持ちがコロコロとよく変わる人だって見られてしまうのも当然。だけど、本人だって相当疲れる。だからね、できれば心に余裕がある人はパーソナリティ障害の人を責めないであげてほしいな。追い詰めたっていいことないし。

もしもみんなが精神的に問題を抱えていないならパーソナリティ障害の人を支えていく側にまわってほしい。マスメディアで「理想の社会」って言葉はよく聞くけど、高齢者や身体障害者が生きやすいだけの社会じゃなくて、精神疾患を抱える人やパーソナリティ障害の人も排除されずに生きていけるような社会になるようにね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。

この記事へのトラックバック
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ