対象喪失

k2.PNG「え?嘘でしょ?嫌だ、また薔薇が枯れてしまったわ!」

c1.png「また枯れてしまったんですか、残念ですね」

k2.PNG「どうして?あんなに一生懸命愛情を注いで育てたのに!」

c1.png「とても大切にされていましたよね」

k1.png「・・・最近合コンに行ってばかりだったから、きっと神様が私に罰を与えたんだわ」

c2.PNG「いやいや、合コンの帰りにだって、ほろ酔いで水をやりに来てたじゃないですか」

k1.png「もう嫌、私生きていけない。こんなんじゃ仕事もできないわ」


ぶるどくたーによるミニ講座
b1.png「コラコラ、仕事はちゃんとしてくれよ」

大切だったものを失うということを「対象喪失」と言うぞ。最も大きなものは愛している人が死んでしまうことだな。それに続いて、配偶者や付き合っている奴にフラれることも対象喪失だし、大切に育てていた薔薇が枯れてしまうことも紛れもなく対象喪失ということができる。

一方、「実在していないもの」を失うことも対象喪失に当たるぞ。例えば、会社員でいえば降格(偉い肩書きがなくなる)、学生でいえば勉強や運動での順位の低下等、自分が自信を持っていたところや自分らしさに関係するものならなんでも当てはまる。それは人によって違くて、例えば歌手にとったら声が出なくなることは一般の奴が声を失うことよりも、文字通り「致命的」にショックな出来事ということができるな。

さてと、対象を喪失した時、人間の反応というのは比較的同じ経過をたどるということをとりあえず知っておこうか。それは、@否認、A怒り、B取引、C抑うつ、D受容の5段階だな。

@否認
「え?嘘でしょ?嫌だ、変な冗談言わないでよ」

A怒り
「ふざけないでよ!なんでこんなことが起こるのよ!」

B取引
「私が自分のことばかり考えていたから罰が与えられたんだわ。これからはちゃんとするから、お願い、あの人を返して」

C抑うつ
「何をしても願っても、あの人は帰ってこない。私、辛くてどうにかなってしまいそう」

D受容
「辛くて仕方ないけど、私はあの人を忘れないで生きていく。それだけが私にできることだと思うから」

こんな風に必ずしも順番通りにはいかないことも多いが、だいたいは5つの段階を経て、対象喪失を乗り越えてゆくもんだ。だから、もしも友達が何かを失って辛そうにしている時は、「元気出して」とか「前向きにいこうよ」とか励ましの声をかけても無駄だぞ。むしろ、「そんなこと言われても元気出ないよ、前向きになんかなれないよ、ほっといてよ」と思われてしまうのがオチだ。

じゃあどうするかっていうとな、落ち込んでいる友達をちゃんとそのまま落ち込ませてやるってこった。そんで、そいつの側にそっと居てやれ。抑うつ(落ち込む)というのは、人間にとって次のステップにいくために必要な行為だから、それを無闇に邪魔すんなよ。あんまり状態が悪かったら、カウンセリングを勧めておけ。そして、できれば最初は付き添ってやれ。

一方、中には失ったものが大きすぎて、@否認、の状態が長く続いてしまうこともあるぞ。認めてしまうと辛すぎて心がバラバラになっちまいそうだから、感情を切り離しちまうんだな。具体的には、悲しいことが起きたのに「頭ではわかっているんですけど、実感がなくて、泣けないんですよね」といった感じだ。あるいは、「平気平気、不思議だけど全然辛くないんだよねー」とあっけらかんとしていることもある。そういう時は、対象喪失を乗り越えてない場合が多いから、あとで一人になってズドーンと落ち込んだりするっつーわけだ。もし、そんな感じの奴に会ったら、しばらく気にかけて声をかけてやれよ。泣けるようになったら一安心だ。ただし、無理やり泣かせようとするなよ。事実を受け入れようっていう心の準備が出来てなくて泣けないんだから、それはそれで大事にしてやろう。

あとは、ちゃんと怒れるかどうかもポイントだ。悲しい出来事は、本人にとったら突然で理不尽なことだから通常頭にくるものなんだが、その怒りを出せないと変な風にイライラしたり、ピリピリしたりしちまうからな。怒るってのも大切な行為なわけだ。

精神科やカウンセリングに通う人間のイメージは、泣いている奴や落ち込んでいる奴だと思われがちだけど、実際には、「泣けない奴」や「怒れない奴」、「落ち込めない奴」も多いもんだよ。そんな時には、話をよく聴いてやってな、そいつがどの段階にいて、次に進むためにはどんな状態になったらいいか考えて、感情に働きかけていくといったことをワシやかうんさるーは行っているよ。

明るく楽しく元気よく、そんな風にだけして生きるなんて出来っこないぞ。無理してネガティブな感情を抑え込んじまうとろくなことにならんからな。
この記事へのコメント
自分も好きな人に振られてしまって、
「もうだめだ、辛い、消えたい」って思ったけど、今はだいぶ吹っ切れました!今この記事を読んで、自分で言うのは何なんですが…「対象喪失を乗り越えられてすごいな」って思いました。
そして周りの友達の大切さを改めて知りました。先生の他の記事なども読みやすくて、読ませてもらってます!
これからも先生の事応援しています*

ではでは(・ω・)ノシ
Posted by cona・ω・ at 2011年11月07日 15:07
応援ありがとうございます。応援されると嬉しくなります。
ってことは、cona・ω・さんには、人を嬉しくさせる力があるってことです。
対象喪失を乗り越えたのも、友達の大切さに気づけたのも、cona・ω・さんの力です。
人の力っていろいろあって本当にすごいですね。
Posted by モンキークリニック所長 at 2011年11月14日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167299016

この記事へのトラックバック
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ