複雑性PTSD/DESNOS

n1.png「あんたなんか産まなきゃよかったって親から言われたことある?」

k3.png「えっ?!ないけれど・・・どうしたの?」

n1.png「あんたさえいなければ、家族は幸せになれるのにって言われたことある?」

k2.PNG「そんな・・・なや美ちゃんはそう言われたの?」

n1.png「もういい加減死んで頂戴って親から泣いて頼まれたことある?」

k1.png「え・・・」

n3.png「あたしはそんな言葉の中で育ったんだ。どうして他人を信用できる?」


かうんさるーから一言
c3.png「簡単には『その気持ちわかるよ』なんて言えないね」

複雑性PTSDは、複雑型PTSD、C-PTSD(Complex Post-Traumatic Stress Disorder/Complexed Post-Traumatic Stress Disorder)とも言われることがあるよ。

単回の極めて大きな災害や事件・事故による被害を受けた場合に発症するPTSD(心的外傷後ストレス障害)とは異なり、複数回および持続的または断続的に繰り返される被害を受けた場合に、C-PTSDと診断される可能性があるね。繰り返される被害の主なものは虐待や性被害。

PTSD患者は、正常な自分が異常な体験をしたという意識を保持できるけれど、C-PTSD患者は、持続的な異常な体験が日常的に繰り返されることによって、異常な状態の自分が「当たり前」になってしまう。幼少期から青年期以前まで被害を受け続けた場合、C-PTSD患者は、パーソナリティの形成に影響を与えられてしまい、結果としてパーソナリティ障害とよく似た様態を示すことがあるんだ。

また、DESNOS(Disorder of Extreme Stress Not Otherwise Specified:特定不能の極度のストレス障害)という概念も提案されているけど、複雑性PTSDとほとんど同じ内容だね。以下に、DESNOSで提案されている診断基準を載せておくよ。


DESNOSの診断基準
1.感情覚醒の制御における変化
(1)慢性的な感情の制御障害
(2)怒りの調節困難
(3)事故破壊行動及び自殺行動
(4)性的な関係の制御困難
(5)衝動的で危険を求める行動

2.注意や意識における変化
(1)健忘
(2)解離

3.身体化

4.慢性的な人格変化
(1)自己認識における変化:
 慢性的な罪悪感と恥辱感、自責感、自分は役に立たない人間だという感覚
(2)加害者に対する認識の変化:
 加害者から取り込んだ歪んだ信念、加害者の理想化
(3)他者との関係の変化
 (a)他者を信頼して人間関係を維持することが出来ないこと
 (b)再び被害者となる傾向
 (c)他者に被害を及ぼす傾向

5.意味体系における変化
(1)絶望感と希望の喪失
(2)以前の自分を支えていた信念の喪失


上記のような特徴の大部分は、現行のDSMという診断基準の中では境界性パーソナリティ障害の特徴に極めて一致するね。DESNOSの方が、パーソナリティという側面にこだわらず、より包括的・多角的に特徴を挙げているなという印象。

境界性パーソナリティ障害は、その人のパーソナリティに注目した分類の一つだけど、複雑性PTSDやDESNOSを提唱している研究者は、境界性パーソナリティ障害はあくまで結果的・表面的に現れたものだと捉え、その根本原因にトラウマというキーワードを据えて考えているんだね。

つまり、パーソナリティ障害の一部は、パーソナリティ障害という見方をするよりも、幼少期から繰り返し傷つけられてきた被害者という見方をしたほうがいいんじゃないかってことだね。

確かに、ボクも臨床の現場でパーソナリティ障害の人に会うと、「この人は、すごく傷ついてきたんだな」という思いを持つことが多いよ。それはどんなに攻撃的なパーソナリティ障害の人に対してもそうだね。じっくりと生育歴を聴いてみると親から心無い罵声を浴びせられて育っていたり、両親の離婚に伴って親族をたらいまわしにされてしまったり、虐待の発覚によって施設入所を余儀なくされたり、みんながみんなではないけれど、一般的にとても辛い体験をしている人達が多いという印象は否めない。

そういう生育歴を持っていても、もちろん社会に適応して生きていけている人達も多いけれど、一方で、世界・社会・他人がどうしても信用できない、信用してはいけないと感じてしまっている人達も実際にはいるんだ。

パーソナリティ障害であっても複雑性PTSD・DESNOSであっても、「困った人」ではなく、支援が必要な人という考えがもっと世の中に広まるようにボクはこれからも活動を続けていくよ。
この記事へのコメント
私の症状ぴったり。
苦しい苦しい
でも逃げられない。
いつまでこんな牢屋にいなきゃいけないの?
苦しい 苦しい
Posted by まゆ at 2012年05月21日 14:04
体が痛いです。
でも涙と怒りが止まらないです。

所々記憶が抜け落ちます。
それでも悪夢を見ます。


所長さんもしよろしければ、またc-ptsdの記事をあげてください。どんな些細なことでも構いません。私達には情報が少ないです。ですが自分を知りたいです。お願いします。
Posted by sakana at 2012年05月21日 21:50
>まゆさん
牢屋からすぐに脱獄させてあげられたらよいのですが、そのすべを持っていなくてすいません。
きっと無罪なのに牢屋に入れられてるって心境なんですよね。。。

>sakanaさん
以前もコメントしてくださいましたよね。ありがとうございます。
体の痛み、悲しみ、怒り、解離、悪夢、どの症状も負けず劣らず、非常にきついですよね。治せないので、せめて、リクエストくらいにはお応えしたいと思っているんですが、なるべく幅広く症状や概念の紹介をしている都合上、一度記事にしたc-ptsdに関しては、他の症状や概念と結び付けたり、比較するかなど、また違った切り口で取り上げられるよう考えてみますね。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年05月21日 23:46
所長さん、優しいお言葉ありがとうございます。
でも、無罪・・・本当に無罪なのかな。
有罪のような気もする。
なぜかわからないけど・・・
私は「死ね」と言われながら殴られて当然の存在。私がそうさせているから。
他人がこの言葉を言えば、「絶対にあなたは悪くない」って言うけど。
自分は・・・。

と、ここでやめておきます。
引き続き所長さんの優しさをこのHPで感じていきたいと思います。
頑張って・・・いや、頑張らず・・・でも頑張ってください!
Posted by まゆ at 2012年05月22日 22:23
コメントの返信ありがとうございます。
最近毎日このページに来ている気が・・・(笑
所長さんがコメントをくれるのでつい甘えちゃいますね^^あはは

症状が良くなるよう頑張ります。
Posted by sakana at 2012年05月23日 02:44
コメントは確かに切り上げ時が難しいですよね(笑)

>まゆさん
ありがとうございます。これからも、半分くらい優しく、半分くらい得るものがあるような記事を書いて、バファリンみたいなサイトにしていこうと思いました。まゆさんの苦しさにあんまり効き目はないかもしれませんが。。。

>sakanaさん
同じく最近毎日見てます(笑)毎日見ているついでに新しい記事を書いちゃいました。これもコメントのおかげです。ありがとうございました^^

みな事情は違いますが、どうにかこうにか頑張っていきましょう。あぁ、しまった、夜更かししすぎました。。。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年05月24日 03:47
こんにちは。いきなりすみません。
早く一人で治さなきゃと思って、いろいろ調べて本読んで実践したりしたんですけど、ますますひどくなるばっかりで…。書いてあるのは余裕があるときにしかできないことばかりで、早く早くってそのことで頭の中がいっぱいになったときにできないんです。全然努力できてません。我慢できなくて…。
でも今一時的にそうなってるだけで、それさえなくなれば大丈夫だと思うんです。
私は甘やかされて過保護に育てられたので、カウンセリングはもっとつらい人が行くとこだと思うので、利用しないで一人で治したいんです。
みんながみんなつらい思いをしてきたわけじゃないとおっしゃっているように、私はつらい思いをしてきてないのに、なんでかわからないのですが、すごくすごく死にたいんです。
そんなに死にたいなら早く死ねっていつも言われて、いつも死ねません。結局死ぬ勇気さえないんです。
どうしたら、一人で自分に向き合って治せるでしょうか。
カウンセリングを薦めているのにこんなこと聞いてすみません。
Posted by at 2012年06月10日 09:41
書き込みありがとうございます。
少し疑問に思ったのですが、ここで質問して私から何か回答を得てしまっては、一人で向き合って治すということにならなくなってしまうのでは?

・一人で向き合うつもりなら質問しない。
・質問するならカウンセリングへ行くのも同じようなもの。

そういう区別からできていないので、今のあなたには、自分一人で治せる力は無いと思ってしまいます。死にたいくらい辛いのならカウンセリングが必要です。コメントを読んだ限りですが、行きたくないとか、行った方がいいんじゃないかという話ではなく、要治療という状態だと思いました。孤立していないか心配です。
「一人で」と3度も書いていますが、そっちが大事なんじゃなくて、「向き合うこと」の方が大事なんじゃないかなと思います。なので、一人じゃなくてカウンセリングで向き合うことを検討してください。
おそらく望んでいない回答になっているでしょうけれど、お許しください。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年06月13日 01:18
自立って、必要な時に、必要な分だけ、必要な人に頼って生きていくってことなんです。誰にも頼らないで生きていくことは、自立ではなくて孤立と言うんです。

カウンセリングに行かない⇒頼らない⇒孤立して生きていくという態度。
カウンセリングに行く⇒頼る⇒自立して生きていくという態度。

「孤立」を「自立」だと錯覚させてしまってはまずいので、どうしても、前者の協力はできないんですよ。。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年06月13日 01:32
丁寧に答えてくださってありがとうございます。
すごくショックでした。そんなこともわからないほど、やっぱり自分は馬鹿なんだと思いました。じゃあ、質問しなきゃいいわけなの?とか質問するのもカウンセリングと同じなんておかしいとか思ってしまいました。(所長さんがそういうつもりで言ってるわけではないのはわかっています...。)
回答を参考にして一人で治すつもりだったけど、それじゃだめなの?
本を見て、私は軽いほうだから今ならまだ大丈夫だって思うんです。
でもおっしゃる通り、完全に孤立してます。
心配ですって言ってもらえて嬉しかったです。すごく親切でいい人だなって思いました。ありがとうございました。失礼なこと言ってすみません。
Posted by at 2012年06月13日 17:23
返信ありがとうございます。
私もきれいごとではなく、本当に思うところを書きましたので、あなたが正直な気持ちを書いてくれて嬉しく思っています。ただ、傷つけてしまって申し訳ないなとも思っています。もっとうまく伝えられたらよかったのですが。
虐待されて死にたいと感じる辛さと、過保護に育てられてなお死にたいと感じる辛さに、重いも軽いも、優劣もありません。死にたくて、孤立していて、助けを求めることができない人は、決して「軽い」とは言えません。相当な苦痛、生きづらさを感じているはずです。
どうか絶望する前に、一人で治すのは諦めて、カウンセリングに行ってほしいと、まだ私は思っています。もっと役に立つ情報が欲しかっただけなのに、と思っているでしょうが、しつこくてすいません。。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年06月14日 00:27
正直に書いて、自分は最低だと思ったのに、そう言ってもらえてありがたいです。見放されるだろうなと思ってました。
謝らないでください…。私に必要なものだったんだと受け止めました。
一生懸命心を込めて書いてもらって嬉しかったです。
でも自分に問いかけてみても全然つらくないって思います。
私は全然つらくないのに前よりはマシなのになんでこんなことしてるの?って。奴隷として生きてるのも仕方ないんです。
前に相談したいって言ったら、(金銭的余裕がないため)じゃあ食べなきゃいいんだね!って言われてから、もう二度と人に頼らないで一人で絶対に治すって決意したんです。もう最近は治すのも諦めかけてます。自分に必要なものだから、もういいやって。なくちゃ生きていけない。でも、やっぱり治さなきゃの繰り返しです。治ったかもと思えば、悪化の繰り返しで生きながら地獄にいるみたいです。自分でこう書いていて、つらいと思うかと聞かれれば、まだ大丈夫。仕方ない。生きてる価値もないからと思う…。自分でもわかりません。こんなところにたくさん書いてしまって申し訳ありません。私の意味ないこと書いて本当にすみません。もうこれで書きこむのやめます。
コメントでこんなにちゃんと返事をしてくれるとは思っていませんでした。すごく親身になって考えてくれてありがとうございました。お手数をおかけしてすみませんでした。
Posted by at 2012年06月14日 01:22
受け止めてくれてありがとうございます。
もし悪化したら、またその時の気持ちのまま書きこんでくれて構いません。でも、その時も多分、カウンセリングを勧めます。いつかカウンセリングに通える状況になるまでどうにか生き延びてください。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年06月17日 00:28
返信ありがとうございます。なかなか返信がなかったので、もう無視されたんだと思いました。書き込むのやめますと言ったのに、また書き込むのをお許しください。
ここ数日間で急速に悪化してしまったので、前は発作みたいに一日に何度かだったのに、今は一日中頭の中が〜しなくちゃみたいになってます。しかもそれが一つじゃなくて、気づいたらいくつもあります。自分でも止められなくてこわいです。
もう無理なのかな…。どんどん破滅の道に向かってる気がします。
以前はよくて一週間耐えられたのに、2、3日しか持たなくなって、今はもう毎日いつでもどこでも何度もなってしまいました。
だから昨日行政のほうに相談に行きました。でも肝心なことは恥ずかしくて相談できなくて、とにかく死にたいとしか言えませんでした。相談員の方から、そんなにつらいのにニコニコしてるんだね、と言われました。自分では気づきませんでしたが、いつもの癖でどんなに死にたくても笑顔で仮面をかぶっていたんです。
臨床心理士の方にこころの相談を受けてみませんか?と言われたので、予約しましたが、その日は優先しなくちゃいけないことがあるので、行かないかもしれません。すっぽかすかお断りしそうです。
結局私は治す気ないんです。前に我慢したとき、わけのわからない感情が猛烈に襲ってきたんです。もう二度と我慢したくないと思いました。症状で苦しんでいたほうが楽かなと思ってしまいました。朝目覚めるたび、目が覚めなきゃいいのに、もう早くこの世から自分が消えてなくなればいいのにと思います。
もうこんな世の中生きていてもしょうがないです。もう生き延びたくない。でもまだしぶとく生きてる自分がいます。早く死にたい。こんなこと書いてごめんなさい。
Posted by at 2012年06月17日 06:12
もう死にたい死にたい耐えられないもういや
Posted by at 2012年06月17日 08:05
ごめんなさい今冷静になりました感情の渦から抜け出しました迷惑かけてごめんなさい全然考えていませんでしたこれを見て不愉快な思いをされた方、気分が悪くなってしまった方がいたら本当にごめんなさい
Posted by at 2012年06月17日 08:23
上記の長いやり取り見て、私 さらに死にたくなりました。自殺未遂しかけました。このHPは心の不安定な人が見るページだから、私のようになる人は少なからずいると思います。
Posted by まゆ at 2012年06月18日 21:11
そうですよね。こんなもの読んでて嫌な気分にならないはずはありません。冷静になった私が読んでみても気持ちが悪いです…。本当に申し訳ないです…。ごめんなさい。謝っても表面的にしか気持ちが伝わらないのが悔しいです。薄っぺらい表現でごめんなさい。
所長さんが優しいので、調子にのりました。本当にご迷惑をおかけしました…。
出来れば全部消してほしいのですが、無理でしょうか?
これ以上死にたくなる方が増えるのは絶対避けたいです。
コメントを消していただけると本当にありがたいです。お願いします。これを最後に本当にもう二度と書き込みしません。本当にごめんなさい。この書き込みももっといい表現ができたらいいのですが…。丁寧な返信ありがとうございました。
Posted by at 2012年06月18日 22:09
コメント欄というのは何を書いたらよいのか、使用目的が曖昧だから難しいですよね。誹謗中傷じゃなければ何を書いてもよいとは思うのですが、ただ、このサイトは基本的にユーモアをもって、パーソナリティ障害等について一般の方々に読みやすく理解を促すのを第一の目的としているので、その辺りの事情は汲んでいただけたらと思います。

「所長は真面目に答えすぎなんだよ」と、なや美に怒られましたので、この記事に限っては、一度、コメントのやりとりを終了させていただこうと思います。もっと気の効いたコメントが返せるように精進します。今後とも応援よろしくお願いします。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年06月18日 22:38
複雑性PTSDは、厳しい宗教戒律下で育てられた場合にも発症するのでしょうか?境界性パーソナリティーとどのように見分けたらよいのでしょう。
Posted by willow at 2012年07月13日 03:11
ご質問ありがとうございます。

原則、複雑性PTSDと厳しい宗教戒律は関係ありません。「厳しい宗教戒律」が、虐待レベルの暴力的な内容であれば、発症する可能性はありますが、「強く制限される」という意味であれば、複雑性PTSDの直接の原因と考えられることはありません。

見分け方についてですが、ある一人の症状を見て、虐待や性被害といった原因となるストレスに焦点を当てると複雑性PTSDと診断され、対人関係の不安定さや自傷行為、自殺のそぶり、空虚感など、その人の現在の行動や性格に焦点を当てると境界性パーソナリティ障害と診断される可能性があるというのが現状です。原因を重視した診断名か、結果を重視した診断名かの違いのようなものです。どちらかとは限らず、下記の3パターンのどれに当てはまるかを考えるのがよいでしょう。

1)複雑性PTSDではあるが、境界性パーソナリティ障害ではない。
2)複雑性PTSDで、境界性パーソナリティ障害である。
3)複雑性PTSDではないが、境界性パーソナリティ障害である。

複雑性PTSDは、標準的な診断名としては認められていないので、使わない医師も多いと思います。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年07月16日 22:32
丁寧に説明してくださりありがとうございました。
私は厳格なエホバの証人の家庭に育ち、それは体罰ももちろんですが、精神的な脅迫観念(よい子でいなければ神に滅ぼされる)により自己を過度に抑制する生活をしてきました。世界を白と黒に分けてという表現がありましたが、まさにそのとおりで自分たちは限られた善で、選民であり特別と教えられていました。
中学時代より教理についていけなくなった私はその後10年自殺未遂を繰り返し、精神的にどん底でした。ふらりと海外へ旅行し、そこで夫となる人と出会い数年後、信じられないくらい健康になりました。その、いわゆるマインドコントロールが解けつつあったとき、私は非常に不安定でした。これがPTSDなのかどうかはわかりません。しかし今まで信じてきたものが崩壊し、その世界しか知らなかったのですべてが終わってしまったように思いました。自分が何ものかわからなくなりました。今はそういった感情も落ち着き、それでも自分につきまとう負の感情が私の心の隙間からいつものぞいているという状態です。このサイトにあるパーソナリティ障害のいくつもの項目に当てはまる状態だったので、非常に興味深く拝見させていただいたしだいです。お忙しい中、大変とは思いますが、がんばってください。応援しています。
Posted by willow at 2012年07月18日 08:33
応援ありがとうございます。
宗教戒律によって、行動や考えを制限されて育った方については、パーソナリティ障害の適用は慎重にされるべきだと考えています。
それは、同じような症状や特徴をもっていても、一般的なパーソナリティ障害の方の認知・思考の形態と似て非なる側面があるからです。
印象ですが、宗教が関係している場合の方が、認知・思考が変化しづらいような気がしています。
willowさんも大変な思いをされてきたと思いますが、どうにか落ち着かれているようで何よりです。
コメントありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年07月26日 00:09
この時期になると気になることがあるので書き込ませていただきます。
私は夏になると凄く恐いことがあるのですが、それは“戦争”に関するもの全てです。
今まで学校の平和学習で見せられた戦争の映像や、テレビなどで見た戦争の映像など、戦争に関するものが全て恐くてたまらなくなります。
6月ぐらいになると少しづつ、その映像が頭の中に浮かんできたり、物凄い恐怖感で泣き出してしまいます。
8月6日は広島に原爆が落とされたため、その時間に追悼のサイレンがなります。
それがとても恐くてたまりません。
号泣したりパニックになりそうな状態までいって、1時間近く泣き続けています。
なるべく戦争に関するものには触れないようにしていますし、そうなるのはこの時期だけで、春・秋・冬は一切戦争の事は考えずに生活出来ています。

以前あったことなのですが、いつものように自分の部屋で、窓を開けてタバコを吸っていて、何気なく外を見ると、何機もの飛行機が飛んでいて、原爆を落としているんです。
凄くリアルで、きのこ雲が自分の所まで広がってきて、「逃げたい・隠れたい」と思うのに、恐怖で身体は動けず、でも、あまりにリアル過ぎて「逃げてもどうせ巻き込まれて死ぬ」とも思っていました。
私は、動けず突っ立ったまま震えながら号泣していました。

現実に起こっているわけではないのに、戦争なんて体験したこともないのに、戦争が今起こっているように感じてしまうんです。

勿論、頭では戦争なんて起こってないことは分かっています。でも、恐怖や映像があまりにもリアル過ぎて、自分ではどうしようもないのです。

この事は誰一人として知る人はいません。
だって、こんなのってオカシイし、子どもみたいだし、信じてくれる人はいないからです。
でも、こうやってここに書いたのは、どぉしてもこの恐怖から抜け出したかったのと、所長さんなら話を聞いてくれるかな?と思ったからです。

ズット気になってたのは、コレがPTSDかどうかです。

スミマセンm(__)m
いつもは明るく書き込みするよう心がけているのですが、今回は無駄に必死になってしまいました(^w^)

長々と、まとまりのない書き込みをしてしまい、申し訳ありませんでした(>_<)

ふぅ…、長いと疲れますね(笑)”

お時間がある時にお返事頂けたら♪
Posted by Ami at 2012年08月06日 02:01
書き込みありがとうございます。勇気を出して書いてみたんだろうなということが伝わってきます。

現在のPTSDの診断基準では、「実際に体験した被害」というのが必須だと思うので、戦争を体験していないAmiさんの症状はPTSDとは呼ばれない可能性が高いと思います。

しかし、戦争自体は体験したことがなくても、「戦争の映像を見た」という体験はあるようなので、それがトラウマになっている可能性は考えられます。そうなると「特定の個別的恐怖症/単一恐怖」の一種なのかもしれません。ただし、よくある例というわけではないので、その辺は慎重に判断しなくてはならないので、これ以上はハッキリ言えそうにないです。

また、「目で見えている」のか、「頭の中でのイメージが濃い」のかは多分、重要なポイントだと思います。

見えていれば「幻視」です。幻視を症状とする代表的な精神疾患は統合失調症や(アルコールまたは薬物)依存症ですが、Amiさんは、頭では今戦争が起きているわけではないことを理解できているので、統合失調症という可能性は低そうです。お酒や薬物による影響という可能性も低そうですよね。

・・・と、考えられることは書いてみましたが、あまり役立つ情報ではありませんね。ここまで書いて思ったのは、診断が何であるかというよりも、Amiさんが体験している怖さの方が大事だろうということです。誰にも理解されないという孤立無援感もあるでしょう。できれば担当のカウンセラーさんに話してみてはどうでしょうか。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年08月13日 03:36
お返事有難うございますm(_ _)m♪
PTSDではなかったのですね!
不安がまた1つ無くなりました(^_^)v

この事を話したくても話せないんですよねぇ…。
話そうとすると恐くなって泣きそうになるんです。
一度カウンセラーさんからこの事について聞かれたんですけど、頷くことしか出来ませんでした。
とにかく、早く他の話にしてほしくて。


でも、もういいっかなぁ?って思ってます。
こういう状態になるのは仕方ないですから…
それに、誰にもどうしようも出来ないですからね!

言葉に出来ないので伝えることも出来ないんですよ(笑)”


でも、こうやって所長さんに話せたし、聴いてくれたし、それだけで十分デス(*^o^*)

ありがとうございました♪

Posted by Ami at 2012年08月13日 12:24
話すって難しいですよね。でも、文字にするのも同じくらい難しいものです。少なくともAmiさんは、書くという表現力があってよかったなと思います^^コメントありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年08月20日 23:54
このコメント欄に一番目に書き込んだ者ですが、もう1年近く前になるのですね。ついこの間かと思っていましたが早いです。
時間はあっという間に過ぎていきますが、私の頭の中は時が止まったままです。
傷は癒されることなく、残酷にも歳をとるだけです。
母親からの暴力、父親からの性的虐待。それらを毎日のようにフラッシュバックし、毎日再体験しています。

苦しいです。苦しいです。苦しいです。
どうしたら、このフラッシュバックから逃れることができますか??
親が憎いとか、そういうことじゃなくて、ただただフラッシュバック、再体験が辛くて動悸がずっとしています。
こわいです。
死にたいです。でも、未遂で何度か死にかけたとき、苦しかったし、またあの苦しみを味わいたくない。でも、その苦しみに遭っている時のほうが、気が紛れて良かったとも思う。

私が悪いのだと思います。こういう感情を親に持ってしまうこと。悪くないと言われるのはわかっています。私も他人にはそう言うと思います。
でも、私が悪いのです。
一生懸命育ててくれた親に感謝の気持ちはあります。けれど、なぜこんなに苦しいのでしょうか?なぜ、こんなにおびえて死にたくなるのでしょうか?
自分のことが理解できません。
そして、身近な人も理解してくれません。
バカです。私は。
死にたいです。怖いです。とにかく気持ちを紛らわせたくて、書き込みさせていただきました。不適切でしたら、削除してください。


Posted by まゆ at 2013年04月21日 21:47
1年間、お疲れ様です。苦しみながらも、とにもかくにも、生きていられたと自分を認めましょう。
さて、思い出さないようにしていたり、嫌な記憶をなくそうなくそうとしていると、逆にフラッシュバックはなくなりません。遠ざけよう、遠ざかろうとしていると嫌な記憶は追っかけてくるんです。すると、慢性的に嫌なことばかり考えていることになります。
逆に、安全な中で、定期的に、自分で思い出すようにすると、その時間以外には嫌な記憶が勝手によみがえってくることは減ります。そういうことができるのがカウンセリングです。
つまり、カウンセリングは、行って気持ちが楽になる場とは限らず、カウンセリングで嫌だったことを話すことで、それ以外の日常が楽になっていくという側面があるんです。
ということで、いつかまゆさんがカウンセリングに行けるようになるまで、うまくこのサイトで気を紛らわせてもらえたらと思います。コメントありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年04月29日 10:11
私も、親からこんな言葉をかけられて、機嫌が悪い時は特に理由もなく罵倒されたり殴られたりしました…。
顔にマンガのようなアザができたり、指を潰されたことも、焼けたフライパンを手に押し付けられたこともあります。
母より醜い娘でいなくてはいけない、弟はよくても私は親の行動に異を唱えてはいけない、仲が悪い両親の両方の相手に対する愚痴を聞かなければならない肯定しなくてはならない、彼らがよその親達にひけらかすための優秀な勲章代わりでいなくてはならない…とにかく彼らの望む子供でいなくてはと、必死でした。ずっと押さえつけられて生きました。
もういっしょには暮らしてはいないですが、誰も心から好きにはなれず、気がつけばひとりです。でも、ひとりが1番幸せな気もしています…。(集団の中にいても、ただの都合のいい人にしかなれず、私の優しさや頑張りなど人として美徳とされる行いはみんな無駄だったと痛感して、交友関係をほとんど切り全て諦めました。私には、何もかも有償でした…。友というものが、愛というものが、ついぞよく解らなかった人生でした。)
好きなことが、前はあったのですが、今は特に希望はありません。
心がだいぶ磨耗してしまったような感じがします。数年前と比べても、感情が少なくなった気がします。
少しずつ、死んでいるんだな…と。もう、あとは命そのものが終わる、本当の意味での死だけ楽しみというか、それが救いのような気がします。
疲れた…と、それだけが私の人生への感想です。
こんなくだらない人生でも、まだ続けなくてはいけないのですか…?
過去を思い出すたび、心が磨り減って、私はなぜまだ、生きているのか、甚だ疑問です。
Posted by 清か at 2013年07月24日 05:16
虐待された体験は過去のものにはならず、現在まで形を変えて常に清かさんを苦しめてきたのだなと感じました。人生のどこを切り取っても、辛く、苦労と疲労の繰り返しだったのだろうことが、書かれた文章から垣間見えます。
ここのコメント欄では、とても私が言えることは無さそうです。というのも、文字だけでは冷たく感じるからです。文字の限界です。
抽象的でわからないかもしれませんが、ぜひカウンセリングで、カウンセラーという人間の心の温度を感じてみてほしいなと思いました。書き込みありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年08月06日 19:42
返信ありがとうございます。
あの、匙を投げてしまわれるくらいなら、消してしまって構いませんので。<前コメント
それほどに私はもう駄目なのだな、という事は分かったので、それに関してはありがとうございます。
誰かに相談したところで、こうなるのですね。
もう、諦めます。

コメント失礼しました。
Posted by 清か at 2013年09月08日 14:16
やはりそんな感じで受け取られてしまったかと遺憾に思います。
清かさんの状態は、おそらくコメント欄なんかで相談すると逆に嫌な思いばかりが増えて傷が深まるという感じだと思います。ネット上の無機質な言葉やコミュニケーションには耐えられないと思いますので、書き込みなどは控えた方がよいかと思います。また、だからこそ、現実の人間相手に相談することが必要だとお伝えしました。ぜひ、カウンセリングを検討してみてください。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年10月09日 23:44
いつもためになる情報ありがとうございます!はじめて書き込みします。
ずっと気になってたのですが、DESNOSは、何と読むのでしょうか?
デスノス?それとも…?
Posted by 山下敏子 at 2014年02月23日 12:17
そのまま「ディーイーエスエヌオーエス」です。
NOSは「特定不能の」という意味なので、○○NOS、「なんとかなんとかエヌオーエス」というのはいっぱいあります。

実は、私も頭の中では「デスノス」って読んじゃってますが(笑)
Posted by モンキークリニック所長 at 2014年02月25日 09:09
はじめまして。
調べものをしていてここにいきつきました。
7年前、執着をもっていた恋人がカウンセラーで、見捨てられてその機会にセラピーにかようことになりました。
そのおかげで自分のことを知ることができてだいぶ自分をコントロールすることができました。
10年以上親族に性的虐待をほぼ毎日うけてました。一度も薬を飲まないできました。
色々ありましたが、なんとか生き抜いてきて、今は普通に加害者以外の家族とは仲良くやれてるし、恋人もいるし、仕事もできてます。
複雑性ptsdだとはおもいますが、フラッシュバックのようなことはほぼ一度もありません。
あるとしたら人との距離が近くて依存体質になってしまいがちなのと、あまりにもなさすぎて時々その10年がうそだったのではないか、と感覚的にわけがわからなくなるくらいです。
地震がいつかくるかもしれない不安のようなものを抱えている状態が、堪えられるレベルなのでまたカウンセリングに通いだすのは逆にほじくって爆発したりしないかという不安があります。
で、書き込んでしまってます。。

あと、昔カウンセラーにadhd症状を親に指摘されたので私はadhdなのかときいたら、その症状はptsdからきているものだといわれましたが、調べていましたが特にそういうことは書いていなかったのですが、それは本当なのでしょうか?
Posted by s at 2014年06月12日 08:09
ほじくって爆発するくらいのものを抱えている場合には、放っておいてもいずれ爆発してしまう可能性が高いです。それならば、いつ爆発するかビクビクして過ごすより、カウンセリングの場で取り出して爆発させてしまうほうが、日常生活への被害は少なくて済むと思います。「言うは易し行うは難し」なので、とても怖くてなかなか実行には移せないとは思いますが、カウンセリングを再開された方がよいと思います。その場合、臨床心理士のいるところにしたほうがよいと思います。
複雑性PTSDの場合、ADHDに見える症状が続くことは有り得ることだと思います。解離症状が不注意を引き起こしうるし、感情の制御の困難さが、多動という行動に表れることもあります。あくまで「ADHDのような症状」であって、複雑性PTSDによってADHDが引き起こされるわけではないです。
ただ、もしも生まれ持ってADHDという障害があり、その後繰り返される性的虐待によって複雑性PTSDが発症したという場合には、ADHDと複雑性PTSDの間に関連はありません。
Posted by モンキークリニック所長 at 2014年07月14日 10:31
はじめまして。最近複雑性PTSDを疑っています。大学時代、虐待の映像を何百人かで見ていて、私だけ急に泣き叫んで暴れて錯乱してしまいました。勿論誰かの気を引こうとか、演技しようなんて言うつもりはさらさらなく一応当時は優等生でしたからおりこうさんで座ってましたがそのようにパニックを起こしてしまいました。
今は当時よりもさらに悪くなり、起きている間ずっと虐待の映像が頭の中で延々とループしており、思考力が低下して物覚えが悪く一日訳も無く眠っていたりウトウトしています。助けてほしいです。
Posted by わたしちゃん at 2014年08月27日 16:56
ココロない人にいじめられトラウマになりました。その人は自分がしていることがひどいことだとは思っていないようです。私のためにやっているといっても結局、自分のためにやっているので、そのわけのわからない帳尻合わせのようなものが私にやってきて更に苦しめます。その人は謝りませんが、頑張れと言います。その人はしゃべりませんが監視します。何を言いたいのかよくわかりません。トラウマでおかしくなっているところをメディアで洗脳させられ、さらに頭をおかしくさせられてしまい、もう死んでしまいたいのです。その人は自分の過ちを隠すため、私のためにやっているといって洗脳します。それにより私は更に苦しみます。やっている方は携帯片手に人を苦しめられるので、仮に死んでしまっても何の罪悪感もないのでしょう。今まではうまくいったのでしょう。自分の周りのいい人にだけ口を聞いて、保身のため私にはつんぼなのです。人を人とは思っていないのかもしれません。恐怖が増大します。もともとトラウマなところにそうされたので、もうわけがわからなくなっているのかもしれません。どういう治療方法があるのでしょうか。
Posted by どうでも at 2015年01月29日 22:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。

この記事へのトラックバック
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ