フレネミーとパーソナリティ障害

g1.png「かんごるーさんってホント肌とかキレイで若々しいですよね」

k1.png「えー、そんなことないわよ。フフ」

awa.png
g1.png「…って感じで〜、かんごるーってば調子こいちゃってんの。若作り丸出しなのに。ププ」

f1.png「ギャルさん、そんなこと言っちゃ悪いですよぅ」

g1.png「いいんだよ、あんな合コン色ボケババァ」

k3.png「…ギャルちゃーん、今週末、合コン行かな〜い?」

g1.png「わぁ♪ほんとですかぁ?うれしぃ〜行きますぅ〜」


かうんさるーから一言
c3.png「この世に地獄があるとすれば、それは女性の集団の中にあるんじゃないかと思う」

フレネミーとは、フレンド(友達)とエネミー(敵)を組み合わせた造語らしいよ。友達の顔をした敵「フレネミー」。その中心的なイメージは、プライドの高いブランド好きなOLといったあたりだけど、実際には高校生からママ友に至るまで、女性集団があればどこにでもいるんだろうな。

フレネミーは、A子とB集団の間でうまいこと振舞うよ。さもA子とは親友のフリをしつつ、B集団にはA子が嫌われるような情報を流すんだ。そうして、A子を孤立させて、自分だけにしか頼れないようにして、A子をうまく利用したりするってわけ。例えば、A子が最新のブランド物のバッグを買ったとフレネミーに話したとしよう。すると、フレネミーは羨ましい気持ちを隠して「あ、それね、私も買おうと思ってたんだ」と答えたりする。その後、フレネミーは同じバッグを購入した上で、B集団に対して「ちょっと聞いてよ、A子ったら私が買ったバッグを真似して買ったのよ」と嘘をつく。「でも、A子には悪気はないの。だから、皆も知らないフリしてあげて」というような釘を刺しておくことも忘れずにね。褒め言葉にまぜてさりげなく悪口を言ったりもするし…、怖い怖い。

フレネミーは、内緒話を内緒にしておく気もないよ。フレネミーにとって、他人の内緒話は他人の弱みを握ることと同じこと。いつどこでそれが利用できるかを計算し、「私には何でも相談して。力になるから」と言っては、他人の悩みを収集するんだ。そして、微妙な距離の第三者に口止めしつつバラす。だから、フレネミーはよく「私は人から相談されることが多い」と言うよ。そういう人には気をつけようね。

利用価値がなくなれば、友人関係は解消。再び利用価値が出れば、「私達、親友じゃん」と近寄ってくる。自分のプライドが損なわれることが何より嫌で、友人にカッコいい彼氏ができれば、その友人の悪口を周囲にばらまいたりする。時には、自分の引き立て役として地味な子と親友のフリを続ける。そんなフレネミーって一体なんだろう…?

すでにネット上ではちらほらと、フレネミーはつまりはパーソナリティ障害なんじゃないかと囁かれているようだね。ちょっと検証してみよう。挙げられているのは、境界性パーソナリティ障害や、自己愛性パーソナリティ障害が多いみたいだけど、実際のところは演技性パーソナリティ障害が一番近いと思うよ。

境界性パーソナリティ障害の特徴
@不安定な感情
A不安定な自己像
B不安定な対人関係
C慢性的な空虚感
D制御できない激しい怒り
E解離症状
Fむちゃ食いや性的逸脱等の自己の健康を害する行為
G自傷、自殺のそぶり
H見捨てられ不安
こうして見ると、境界性パーソナリティ障害はフレネミーといえるほど派手で操作的ではないんだ。フレネミーがうまいこと振舞っているとすれば、むしろ、境界性パーソナリティ障害はうまくいってないことだらけ。フレネミーの様なズル賢さはあんまり無いよ。

自己愛性パーソナリティ障害の特徴
@十分な業績がないのに業績を自慢したり才能があると思っている
A自分は必ずある分野で成功すると思っている
B自分の考えや感性は独特で特別な人にしか理解できないと思っている
C過剰に賞賛を求める
D自分は特別扱いされて当然だと思っている
E結果的に自分のために他人を利用することになっていても構わない
F嫉妬心が強い、または逆に他人が自分の能力に嫉妬していると思っている
G態度が尊大で傲慢
これは一見フレネミーに当てはまるようにみえるね。けれど、自己愛性パーソナリティ障害の人は、フレネミーのような「友人のフリ」なんてしないと思うよ。もっとストレートに、多数の他人を見下し、少数の理想化された人とのつながりだけを持とうとする。そこが決定的に違うような気がするんだよね。

演技性パーソナリティ障害の特徴
@自分が注目されていないと楽しくない
A注目を得るために外見を派手にする
B性的に挑発的で誘惑的な行動をすることもある
C過度に印象的な話し方をするが中身がない
D芝居がかった態度、誇張した表現をする
E他人に影響されやすい
F考えが浅はかで感情が移ろいやすい
G対人関係を実際以上に親密なものとみなす
さて、どうだろう。フレネミーに当てはまるかな?

フレネミーは自分にとって価値のあるターゲットを見つけると馴れ馴れしく急速に接近する(G)。美貌やブランド品を重視し(A)、流行のものや他人が持ってる物を欲しがる(E)。英会話とか習ってみてはすぐに飽きたりする(F)。自分の話はそういう自慢話ばかりで(@)、他人のことを話す時には陰口か、いかに自分が被害を受けたかということを大袈裟に話したりする(CD)。多分、友人の彼氏にも「女子力アピール」をする(B)。

ということで、フレネミー≒演技性パーソナリティ障害という可能性が一番高いかな。

さて、最後に言いたいこと。フレネミーという一見新しい造語が、実のところパーソナリティ障害の概念で十分カバーできるってことを言いたかったんだけど、これって、モンスターペアレントアダルトチルドレンという言葉がパーソナリティ障害の概念で説明できるっていうのとほとんど同じ状況なんだよね。やっぱりまだまだ、パーソナリティ障害の知名度が低いってことに他ならないね。これからも頑張って普及活動に励むよ。

フレネミーと賢くつき合う33の法則も読んでみて。2012年4月19日発売。

frienemy_book_mc.png
この記事へのコメント
初めまして♪
大変分かりやすく様々な精神障害について紹介されていますのでいつも見ながら精神障害について学んでいますよ♪
もし宜しければ依存症の一つの「性依存症」についても紹介して頂けないでしょうか?
「性依存症」はまだまだあまり一般的ではない精神障害だそうですのでぜひ紹介して欲しいですね♪
Posted by テル at 2011年08月16日 03:32
はじめまして。リクエストありがとうございます。
ご期待に沿えるかどうかわかりませんが、せっかくですので、
「モンキークリニックなりに」性依存症を紹介させていただこうと思います。
早々に記事を作成するよう、かうんさるーに伝えておきます。
Posted by モンキークリニック所長 at 2011年08月18日 01:47
宜しくお願いしますね♪
実は私も以前から自分は性依存症ではないのかと悩んでいたのでお願いします
Posted by テル at 2011年08月19日 03:42
鋭意作成中です。あまり期待せずに、もうしばらくお待ちください(笑)
Posted by かうんさるー at 2011年08月22日 13:31
はい、お待ちしてますね♪
Posted by at 2011年08月23日 04:13
お待たせしました。性依存症をアップしました^^
Posted by かうんさるー at 2011年08月25日 23:56
こんにちは!演技性人格障害からたどりつきました。
1年ほど前、職場でこういった女に風評被害・ストーカーをうけて自律神経を病み加療中のものです。(現在もトラウマを刺激することがあると、ささいなことでも動悸や涙が溢れてきたりします)
とても参考になりました。やはりスル―する・関わらないのが一番の対処法なのでしょうね。よい記事をありがとございます!フレネミーとは・・・演技性人格障害もこう表現すると邪悪さが薄れてきて不思議ですね^^;

Posted by 元被害者 at 2012年04月28日 12:59
こんにちは。
職場にいると逃げられないから大変ですよね(-_-;)
似たようなところで「モンスターペアレント」という言葉も、「ポケットモンスターペアレント」とちょっと変えるだけで邪悪さが薄れます(笑)
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年04月28日 21:04
こんにちは。

最近、このフレネミー被害に遭遇しました。

数年間「すごく親切にしてくれるいい人だ」と思っていた人が
あるトラブルがきっかけで、態度が豹変し
これまで、二人の間で築き上げてきたと思ってきた信頼関係が
ただの幻想だったと気づかされる事態となりました。

あれだけ好印象を私に抱かせながら、内心は、
そこまで私に対して悪意と憎しみを持っていたなんて・・・
この人の正体は、一体何なのだろうと思いました。

>美貌やブランド品を重視し(A)

美貌の持ち主ではなかったけれど、メイクが上手で、流行を強く意識していました。
ブランド物が好きで、外車に乗っていました。
自分よりも高級な外車に乗っている相手には
卑屈な感情を持っていたようです。

>自分の話はそういう自慢話ばかりで(@)

言われてみれば、確かにそういうところがありました。

>他人のことを話す時には陰口か、いかに自分が被害を受けたかということを大袈裟に話したりする(CD)。

これは、すごかったです。
さすがに彼女のこういう面に接して、
「いい人なのに、なぜこんなことを言うのだろう?」と
思い悩むことが増えていきました。
Posted by 今被害者 at 2012年08月29日 08:30
続きです。

彼女は、子ども同士が友達になったことから
親同士も仲良くなったという、いわゆるママ友達の関係でした。

あるトラブルとは、子供同士のトラブルでしたが
一方的に、彼女の子共がうちの子供を加害者として
いじめられたと言い出したのです。
(うちの子が、他の友達と仲良くなったことが
気に入らなかったようです)

彼女は、自分の子どもの言い分のみを正しいと言って
うちの子を、嘘つき・泥棒呼ばわりして、
数時間にも渡って、罵倒と人格否定をされました。

すぐに学校に助けを求めて、
親子ともに、彼女とは一切、接点も関わりも持たないよう
協力してもらっていますが
それでも、彼女の子どもは、うちの子どもに
ストーカーのようにつきまとってきています。
Posted by 今被害者 at 2012年08月29日 08:41
具体的な書き込みありがとうございます。ここを見ている方にも参考になると思います。巻き込まれると大変ですよね。ネットでは、巻き込まれることを「ターゲットにされる(狙われる)」略して「タゲられる」と言うそうです。早期に学校に相談された判断は正しかったと思います。

ただ、少しだけ冷静になってほしいなとも思いました。というのは、子どもは子どもにつきまとうものですし、嘘をつくこともあるということです。つまり、「ストーカーのようにつきまとってきています」というのは子どもに使う言葉ではないんです。むしろ、子どもはみんなストーカーみたいなものです。逆に、大人のストーカーの精神年齢が子どものままなのです。
気持ちの上では難しいかもしれませんし、相手のお子さんも問題を抱えているのかもしれませんが、一応、相手の親と子どもは、親子とはいえ別の人間だと区別して捉えられると尚よいと思います。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年09月04日 00:49
丁寧にお返事くださり、
そして、ストーカーという言葉を誤用していることをご指摘くださり
ありがとうございました。

たしかに、子供は不完全で、間違いをするのが当たり前ですものね。
子供時代に失敗を繰り返すことも、成長する上で必要なことだと考えると
子供相手に「ストーカー」という言葉を使うのは間違いだということ、納得できます。

学校の先生が、親身になって協力くださるおかげで
子供同士の接点も、だんだんと少なくなってきているようで、ホッとしています。
Posted by 今被害者 at 2012年09月10日 20:52
余計な指摘だったかな、と少々不安に思っていましたので、気持ち良く受け入れてくださったことをうれしく思っています。きっと、お子さんのことを大切にされている方なんだろうなと感じました。学校の先生が親身になって協力してくださるのも、あなたの人柄かと思います^^
コメントありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年09月10日 23:59
企業役員(独身)が、明らかにフレネミーと思われます。              何年か前に何度か会った程度の顔見知りでした。                   去年、私が転職し 会社からメールを送信したところ、「会いたい」と連絡が来て、毎週のように仕事関係で会うようになりました。(政財界の有名な人物の関係グループ)

 その後、私用携帯に 2,3分単位でメールが到着。多い時には 1日30通の携帯メールが到着。
 会社用携帯への電話は、最低30分、最高3時間。相手だけが話し、私は聞き役だけ。
 彼は、自分の事は 殆んど話さず、友達もいません。しかし、私や 私の友達の事は、根堀差堀 詮索してきました。

先日、私の友人に 散々私の悪口を言い、
自分が私にしてきたストーカー行為を 
私がしたと 大嘘を 言いました。
 勿論 全く 表情を変えず 平然と。

きっと、私が 彼の中で 不要になったということでしょう。
 
Posted by こぶた at 2014年03月17日 18:53
散々でしたね。

>きっと、私が 彼の中で 不要になったということでしょう。
おそらく、そういうことでしょう。

ただ、フレネミーは、フレンド+エネミーなので、表面的には友達関係ということが前提です。
男女間の関係の場合、相手の方に下心などがあれば、前提が友達関係とは言えませんので、フレネミーには該当しません。一方的で勝手な男性だったなら、自己愛性パーソナリティ障害あたりの概念が参考になるかと思います。
Posted by モンキークリニック所長 at 2014年03月25日 14:52
こんにちは。私もフレネミー被害をうけています。
文章力ないのでグダグダかもしれませんが、相談に乗っていただけるとうれしいです。被害は中学からの友人Aからです。
Aとは高校が同じ、所属している部活も同じです。

例えば、Aと恋バナをしていてAより私のほうが進展していると、Aはすぐ機嫌を悪くします。突然黙り込むし態度に出るので私も嫌な気持ちになります。結局私が謝ったりご機嫌取りをしなきゃいけなくなります。

あとは、自覚なしで失礼なことをさらっと言ったり、「うざい」とかいうひどい言葉を言ったり…
私はメンタルが弱いのでそういうのにいちいち傷つくし、へらへら笑ってることしかできません。日頃のストレスのやり場がありません。(笑)
中学時代の親友も、Aに悩まされていました。今の私の状況よりもひどかったです。

私なんでこんなことしてるんだろう、なんでこんな人と友達やってるんだろうと思います。

裏でAは陰口を言ったりしているので私のことも言ってると思います。
私がしっかりしていなくてイライラさせてることもあるんだろうけど、やっぱり理不尽なことが多すぎます。ひどいときはAと別れてから泣くようなこともありました。
こんなに不安定な関係は本当の友達だとは思えませんし、できればAと距離を置きたいです。







Posted by 高校生 at 2014年05月22日 20:55
残念ながら、その友人はフレネミーという概念にとても一致しますね。
高校生には高校生なりの付き合い方があるし、周りの人間関係も含めて動かないといけないでしょうから、いい解決方法なんてなくて、逃げ場がなくて大変だと思います。
高校生活を楽しいものにするためには、Aではない他の友人と仲良くする必要がありますが、そうすると、Aから直接または間接的に嫌がらせを受けることになると思います。それを怖がり、Aと表面的に付き合い続ければ、いろいろとストレスが溜まり、高校生活は楽しくない3年間になるでしょう。
人は、両立しないものを両方手に入れようとする時に悩むので、最も欲しいもの1つを手に入れて、他のものは諦めるというのが大切です。おそらく、「楽しい高校生活」が最も欲しいもので、「Aから嫌がらせを受ける」ことは覚悟する必要があります。ポイントは、Aと離れるかどうかよりも、誰と仲良くなるかです。そっちの方を意識して生活してみましょう。
全部うまくいく方法があればいいんでしょうけど、あまり力になれなくてすみません。コメントありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2014年07月14日 10:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。

この記事へのトラックバック
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ