自傷行為者の一日:なや美編

clockmini.png10:00 起きるn-abuse.PNGc2.PNGこの傷は…
n1.png虐待の名残だよ
clockmini.png12:10 食べるn-bn.PNGc2.PNG大量に買ったね
n1.pngドーナツ止まらない
clockmini.png13:30 食べるn-bn.PNGc2.PNGモグモグモグ…
n1.pngムシャムシャ…
clockmini.png13:45 吐くn-toilet.PNGc2.PNGお祈りの時間?
n1.png便所で祈るかよ
clockmini.png15:25 まだ吐くn-toilet.PNGc2.PNG絞りだしてるねぇ
n1.png消化との勝負だし
clockmini.png17:15 呑むn-alco.PNGc2.PNG良い顔してる
n1.pngジュースだよ(嘘)
clockmini.png19:30 切るn-dd.PNGc2.PNG記憶に?
n1.pngございません
clockmini.png20:55 我に返るn-wc.PNGc2.PNGきょとーん
n1.png何が起きたか考え中
clockmini.png21:05 後悔するn-houtai.PNGc2.PNGこの時の気分は?
n1.png消えてなくなりたい
clockmini.png01:35 寝るn-od.PNGc2.PNGODで終わる一日…
n1.png毎日大変だよ…

せらぴす子より一言
t3.PNG「好きでやってんじゃないのはわかるけど危なっかしいのよ」

現在、自傷行為は「故意に自分の健康を害する」症候群(DSH:Deliberate Self-Harm Syndrome)として、広く関連行動も含めて支援される必要があると理解されているわ。こんな風にいろいろと併発しちゃったら自力でやめることなんて相当難しいはず。そういう時は、とにかく事故が怖いのよ。死ぬ気がなくても、OD(薬物過剰摂取)は本当に命の危険があるし、過食嘔吐でノドが避けちゃったりするし、リスカも解離中だと切りすぎちゃうことだってあるし、エスカレートしちゃうかもしれないし。お願いだから、一人で苦しまずに私達臨床心理士のところに相談に来てよ。そんなに一人で抱えなくてもいいじゃない。弱くたっていいじゃない。なんでそんなに平気なフリしてんのよ。え?カウンセリングに行って何が変わるのかって?…そんなの自分で確かめに来なさいよ。簡単に説明なんかできる世界じゃないのよ、体験しないとわからないことだってあるの。理論なんて山程あるけど、そのどれを伝えてみても、きっとあなたは満足しない。私達はあなたの話を聴くの。とにかく待ってるわ。そこで話しましょう。

※カウンセリングより精神科への通院治療または入院治療が優先的に必要な場合もあります
この記事へのコメント
性依存症の件はどうもありがとうございます♪
宜しければ、統合失調症とパラノイアの違いについても紹介して頂けないでしょうか?
統合失調症とパラノイアの症状でよく似ている部分などを紹介して頂けると嬉しいです♪
Posted by at 2011年08月29日 10:05
上記リクエスト承りました。また、そこに一つ加えて、
「統合失調症」「妄想性障害(パラノイア)」「妄想性パーソナリティ障害」
の3つで比較紹介してみようと思います。
ありがとうございます^^
Posted by モンキークリニック所長 at 2011年08月29日 13:55
では宜しくお願いします♪
待ってますよ♪
Posted by テル at 2011年08月29日 23:19
「妄想」というくくり方でアップしました。
また長くなってしまいましたがご覧ください。
Posted by モンキークリニック所長 at 2011年09月03日 13:51
共感のあまり分かりやさに爆笑、涙止まらず最高でした。壊れ中な自分は今日沢山泣いていたので、かなり気分払拭出来まして、感謝ですm(__)m
Posted by ろここ at 2011年09月07日 18:02
そう言ってもらえるとうれしいもんだね。
私なんかでも人の役に立つことがあるんだって思えるから。
これからも死なない程度に生きてくよ。
Posted by なや美 at 2011年09月08日 23:43
なや美さんに共感してしまいました;;

自分自身が自覚している病気
1、リストカット(アームカット)
2、摂食障害
3、うつ
4、OD
5、境界性人格障害 

過去のトラウマ(恐怖、嫌なこと、悲しかったこと、苦しかったこと、傷ついたこと)
忘れたはずなのに、思い出したくないのに、これらが全て繋がって走馬灯のようにフラッシュバックします。
それら+寂しさ、孤独感、怒り、憎しみ、空虚、見捨てられ感が合わさった時、頭ではわかっていても、どうしたら良いのか分からず、この地獄のような苦しみから逃れる為にアルコールに逃げたり、リストカットやODをしてしまいます。なや美さんと少し違う所は、
切る時やODする時はっきり意識があります。切ったら痛いし、傷が増えるだけだし、ODしたって苦しいだけ、その後後悔がまってるのをわかってるのにしてしまいます。

「こんな弱い自分なんか消えてなくなれ!
死んでしまえ!何回もバカなこと繰り返して心配かけて迷惑かけて・・・
死ななくちゃ・・・けど怖い!死にたくない!!大っ嫌い大っ嫌い><」

行動起こす時、こんな心理状態です。

うつ病と診断されて何年も経ちましたが、
フラッシュバックが襲って来たとき、どうしても負けてしまう自分が腹立たしくなり、
なぜ切りたくなるのか?ODしたくなるのか?と自分で問いかけてみた所、
やはり幼少期〜青年期にかけて起きたことが原因なのだと知りました。

原因1 父親のDV
父がアルコール依存症で、お酒を飲まなければとても優しい父ですが、お酒が入ると暴れて暴力振るって、その度に母の顔は痣だらけでした。怖くて隠れてずっとビクビクしていました。私にまで手をかけようとする父を、母は命がけで助けてくれました。

原因2 変なお兄さん
1、近所のお兄さんに体中を触られてパンツの中に手を入れられたこと。変なことされてるという自覚があり、でも逃げられなくて怖かった。
2、見知らぬお兄さんに道を聞かれ、ほんの近くの場所だったから案内途中、細い暗がかりな所に無理やり引っ張られた後、ポケットから何かを出しました。残念ながら何を出したのかは思い出せません。ただ怖くて猛ダッシュで逃げました。

3、仲間外れ
いつも2人(グループ)で一緒に居て、一緒に遊んでいて友達だと思っていたけど、2人組みやグループ作ったりする時私、あぶれるんです。そんなことが小、中、高と何回もありました。悲しくて寂しくてみんなの前で泣いてしまったこともありました。

4、 いじめ
自分が「いじめられてる」って事実が悲しかったし悔しかったです。が、いじめよりも親友だと思っていた友達に、自分がいじめられるのを防ぐため、あっさり裏切られて事がとてもショックでした。

5、 きっかけ
「上半身の割には足太いよね」と笑われたこと。周りが痩せてスタイルが良い子が多く、ダイエットがきっかけで摂食障害になりました。
前ほどより回数は減ったものの、かれこれ16年になります。

6、 失恋
初めて本気で好きになった人に失恋したこと(自然消滅)寂しくて寂しくて・・寂しさ紛らわすために夜遊びするようになりました。

7、 母親からの言葉達
母は小さい頃からとても苦労人。
父親はDV、母親はアルコール依存症で学校にも行かせてもらえず虐待されて育ちました。
自分の子供には同じ苦労させないよう、とても厳しかったけど愛情いっぱいに私や弟を育ててくれました。悪いことした時はお尻叩かれたりひっぱたかれたりしたけど、それが虐待だなんて思ったことは一度もありません。
そんな苦労人だったからでしょうか・・・
あまり褒めてもらった記憶がありません。
「そんなんじゃ甘い、大人になったらやっていけない」
リストカットして救急車運ばれた時、
「バカなことして!」怒鳴られました。
なぜそこまで追い詰められたのか、原因を話しても分かってはくれませんでした。
摂食障害がバレた時、「死ね」と言われました。「なんで食べられないの」「食べたものをなんで吐くのよ」「26にもなって!そんな病気は十代の若い子がなる病気!」「ただのわがまま、自己中、思いやりがあって、人の気持ち考えられたらリストカットなんてバカなことしない!」「なんかあったら腕切るとか・・そんな自分のことしか考えてない迷惑
な奴は早く死ねよ。いいからさ、リストカットなんかしてないで早く死ね!!」
私を完全否定。
そしてこの言葉達、一生忘れられません。


けど、良かったんだと思います。
ここまで言われて。
心の奥底にあった、親だから分かってくれるんじゃないか、助けてくれるんじゃないか
という変な期待が100%消えたから。
頭の中の、「親」という何かの回路がブチッと切れた感じですかね。不思議と悲しくなくて涙さえ出で来なかったナ。

今までずっと心配かけて、困らせて、迷惑かけて、いい加減解放してやらなくちゃ...ですよね。
親は親だけど、一人の人間なんだ。って、
素直に思えるようになりました^^
そして、親だけでなく、いくら説明しても、分からない、伝わらない人がいるんだってこと。結局お互い傷つけちゃうから。
そう素直に思えたことが少しは成長したのかな!?って思います^^;

これからも少しづづマイペースに、自分の病気と向き合って行こうと思います。
それでいつか病気を全部克服して、
自分のことを心から好きになりたい。
自分に心から自信を持ちたい。
これが自分なんだと心から誇りたい。

これを目標に頑張ります!

長々と失礼致しました。









Posted by 優 at 2013年02月21日 19:28
詳しく教えてくださりありがとうございます。一つ一つゆっくり読ませていただきました。ここまで書けるようになるには、相当の努力が必要だったのではないかと思います。よくご自身と向き合われましたね。すごいことだと思います。
優さんの書き込みは、多くのパーソナリティ障害の方が共感できるものだと思いますし、治療中の方の励みになるはずです。応援しています。書き込みありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年02月22日 21:47
院長先生のお言葉心に染み入りました。
とても嬉しい><
今まで、勇気を出して何度も話をしてみたけれど否定されるばかりで...
元から自己評価が低いのが、余計自信がなくなる一方でした。が!
あきらめたくない!負けたくない!という気持ちがやっと勝ちつつあります。
病気になった意味が絶対あるはずだと!
そう自分に言い聞かせて今日も闘っています。
顔は見えないけれど、今もこうして書き込みしてる間も、同じ病気で苦しんでる方達のことが気になります;;
私の書き込みがほんの少しでも励みになって頂ければ幸いです。

院長先生の応援、とても励みになりました。
もしまた病気に負けてしまった時があったとしても、前を向き続けて生きます^^
ありがとうございました。
Posted by 優 at 2013年02月25日 15:02
ありがとうございます。こちらこそ励みになります。
下を向くとどうしても落ち込んでしまいますからね、顔を上げて前を向くというのは、とても大切なことだと思います^^
コメントありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年03月04日 09:23
なや美の一日、大変そう。苦しそうだし、助けが必要。と思う。

でも自分自身がそういう一日を過ごしていた時は「私ってダメだ、こんなことばかりするダメなやつだ、家族にも迷惑かけるし、いなくなりたい」と思っていましたが、私も、大変だったし苦しかったし、助けが必要だったってだけかな。

今も、たまに、リストカットではないけど、自分で自分を責めて苦しくなる時がある。これも、名残というか、苦しいってことかなぁ。

と思っても、自分を責めるの得意。自分を褒めたり、休んだり、甘えたりが苦手というか、やりかた知らない。

困ります。


Posted by Sum子 at 2013年06月23日 15:59
なや美に対して感じる思いやりを、Sum子さん自身にもかけてあげてくださいね。大変だし、苦しいし、家族にも迷惑をかけてしまうかもしれないけれど、「ダメな奴」という表現はふさわしくないです。
「ダメ」という言葉には、どうも「救いようがない」、「いいところが一つもない」、「死んだ方がいい」みたいなニュアンスが含まれやすいようなので、なるべく使わないようにしていきましょう。
情けないけれど、ダメじゃない。
かっこ悪いけど、ダメじゃない。みたいに。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年07月17日 09:57
ごめん、今生きているから。

Posted by 優 at 2013年09月16日 00:20
僕は自傷するときは二つのパターンがあって一つは激しく落ち込んだときと気分がうきうき高揚しているっていうんでしょうか切ってしまいます。
腕というより首や肩だったり、変なのかな。
見てると心地よく感じる。
マゾではないんですけどね。
Posted by sou at 2013年09月30日 10:48
>優さん
生きていることを認めます。

>souさん
変ではないですよ。このサイトでは「わかるー」と言ってくれる人が結構いるはずです。なや美もマゾというわけじゃないです。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年10月10日 01:56

なや美の一日、とても大変そうだと思ったのと、自分と友人を混ぜたみたいな一日だ、と思いました。
小中と同じメンバーで9年間過ごすような環境に居たんですが、小学校高学年になるまで自分には同性の友人がほとんどいませんでした。
また、学年に多かった、というのが理由になるんでしょうけど、自分の友人は母子家庭の子が大半で、自分のように両親が揃っている相手は全くいなかった状態でした。そういう一般の家庭の子も多くいたのに、気付くと自分にそういう友人は1人2人でした。
そのなかでも、一人だけとても親しくしていた子がいます。同じ持病を持っている。というのが妙に親近感を持たせたのかもしれません。
中学生の頃、その友人ともう一人がやたらとリストカットをしていました。親しかった友人をKと呼ぶとします。周囲はそんな二人に情けないとか、構って欲しいだけだなんていろいろな事を言ってました、先生もです。
でも、僕にはどうして周囲がそんなに二人を非難するのかあまり理解できませんでした。
だって、中学生ですよ?そりゃ、情けないだろし母子家庭という僕には想像できない生活で、誰かに構ってほしいと思ったって当り前じゃないか、って考えがあったんです。
だからってリストカットを良い行為だ、とも言えませんけど、周囲がすごく体裁や外聞を気にしてるんだな、と気付きました。
2人を否定できなかった理由は、当時、僕も過食はなかったものの【吐く】という行為を隠れて繰り返していたせいもあるかもしれませんね。
僕が嘔吐を習慣づけてしまったのは、いくつか思い当る心当たりがあります。

・祖母からの期待
 三姉妹の真ん中にいる自分は、小学生の頃から姉妹よりも頭が悪い、と言われ続けてきました。同性の友人が出来ずに異性とばかり遊んでいたせいか、「男の子だったらよかったのに」と言われる毎日で、持病で休むたびに
「恥ずかしい」「どうしてそんなに弱いのか」
と言われていました。

・自傷に対する高揚感
 もともと、血を見るのが好きだ、という変わった嗜好があるので指先を切ったり時々していたんですが、それが自分の中にある苛々や気持ち悪いものを一瞬でも外に出せる、と感じてから癖のようになりました。しかし、あまりしていい行為ではない、ばれたら確実に父親に殴られる、とう思いも頭の中にあって、結果、ばれずにそう言ったものを吐き出すにはどうすればいいのかと考えるようになりました。


他にもあったのかもしれませんけど、結果、物理的に吐く方向に落ち着いたって感じです。
日々屋上へ続く階段でリストカットをしていたKと深夜に起きだして嘔吐する自分。なや美の一日を見て、二人分の行為か、辛そうだな。と思いました。
Kの行為は今は落ち着いています。自分の嘔吐癖は未だに続いています。
最近は、ストレスだけでなくて、自分のなかの願望も一緒に吐いているんではないか、と思います。
Posted by シーナ at 2013年11月21日 13:34
書き込みありがとうございます。
私はパーソナリティ障害の方のカウンセリングを中心に行っているので、摂食障害に関する話も多く聴かせていただいているのですが、「食べ吐きの心理的な仕組み」というかカラクリというものは、未だに解明されていない側面が多く、ケースによって事情も様々で、理解するのが本当に難しいです。
なので、こうした体感的な体験的なコメントというのはとても参考になります。
ストレスだけでなくて、願望も一緒に吐いているのではないか、というのは、今後、少し考えの中に取り入れてみたいと思いました。本当にありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年12月02日 22:15
最初に自傷したのは高校2年くらいの時でした。
主に手を傷付けます。とは言っても血が出るくらいに皮膚を切るだけです。
自傷歴は今で3年間くらいかな?
最近は、強い感情が湧き上がった時に指を少し切って、その後理由もなくその隣も何度か…
ついさっきも、跡を見たらなんだか切りたくなって、親指の付け根?の所に色んな向きにカッターで線を引きました。
気分が高揚した感じになって、無言で笑いながら。狂ってるようにしか見えなかったと思います。

「あーあ、またやっちゃったなぁ」とは思うんです。
ですが、自分には毎回、後悔するという気持ちは湧いて来ないです。しまったと思うのは運悪く跡が残って消えない時だけ。
両親は普通の良い人、いじめを受けたことも多分無い、きょうだいとも仲は良い。人付き合いは嫌いで、大学で友達は少ない。でも高校の時は何人もいて楽しかった。昔から一匹狼な性質で孤独は苦ではないです。未成年なので飲酒もしないし、嘔吐とかの症状も全く無いです。

自分は何かを悩んでいるのか、何かから助けて欲しいと思っているのか? それが自分で分かりません。ただ理由無く反復してるだけなのだろうか?
確かなのは、ファッションだとか、死ぬためにやっているわけではないということ。それと…今のところ自傷を止める気が無いこと。
最初の動機は幾つか心当たりはありますが、今は殆ど関係が無い事だし… 自分でも不思議ですが止められないです。一体何故なんでしょうね?
文章無茶苦茶ですみません あと、嘘ではないです
Posted by near at 2014年02月03日 00:55
コメントありがとうございます。
少し言いづらいのですが、寂しくて仕方ないという感じが文章から伝わってきました。本当の自分を理解してくれている人がいない、という感じの寂しさです。だから多分「孤独は苦ではない」はずはないです。理解してくれない人と一緒にいるくらいなら、一人でいた方がマシ、という感じで、本当は誰かにわかってほしいという気がします。そういった、目に見えない心の痛みを、目に見える体の傷に転換しているような自傷の仕方だなと思ったのですが、そこから先は実際に対面してカウンセリングをしてみないとわかりません。
Posted by モンキークリニック所長 at 2014年02月25日 00:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/222700195

この記事へのトラックバック
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ