妄想

f2.PNG「先生…人間はもうダメです」

b1.png「ん〜?どうしたんだ?」

f2.PNG「人間は自然を大切にしません。地球は泣いています」

b1.png「んー、まぁ最近はそうでもないんじゃないか?」

f2.PNG「いいえ、相変わらずです。このままでは世界は終焉を迎えます」

b1.png「そうか。んで、世界の終焉を迎えるとどうなるんだ?」

f3.PNG「わ…わたしが新世界の神になるっ!!!」


かうんさるーから一言
c3.png「こういうのを『デスノート妄想』と言う(嘘)」

日常的に用いられる"妄想"と専門用語の"妄想"は意味が違うよ。日常的に用いられる妄想は、「変な空想」とか「ありえない空想」という意味で使われてるけど、専門用語の妄想は、「訂正不可能なほど確信している」という意味があるんだ。だから、「それって被害妄想じゃない?」とか日常的に言われてるのは、厳密に言えば妄想じゃないわけ。被害的になってても半信半疑くらいだったり、周りの人の意見を聞いて思い直せる程度であることがほとんどだからね。今日は、もう少し詳しく「妄想」という言葉についてみていこう。関係していそうなものは以下の5つ。

@ 妄想性パーソナリティ障害(パラノイド・パーソナリティ・ディスオーダー)
A 統合失調症(シゾフレニー[独語]/スキゾフレニア[英語])
   の妄想型(パラノイド・タイプ/パラフレニー[妄想型統合失調症])
B 妄想性障害(パラノイア[通称]/delusion disorder[正式])
C うつ病の妄想
D 認知症の妄想

先に上記のポイントをまとめておくと、次のような違いがあるよ。

@ 妄想ではなく猜疑心(さいぎしん)
A 妄想以外にも意欲や思路の障害が認められる
B 妄想以外には精神機能上の障害が認められない
C 悲観的な妄想
D 被害妄想

【猜疑心と妄想の違い】
妄想性パーソナリティ障害の人達が持っているのは妄想ではなく、確信には至らないとても強い猜疑心(疑り深さ)なんだ。猜疑心は確信ではないから訂正することが可能だよ。一方、妄想という場合は確信に至っているので、先にも述べたとおり、通常の関わり方での訂正は極めて困難。本当に妄想を持つ人は、自分の考えを確信しているから妄想だと指摘されても全然認めないよ。じゃあ、どうやって猜疑心と妄想を見分けるか。

猜疑心は「原因」から「結果」を決めつけようとして疑っている状態だから、情報が追加されたりすれば意見を変えることができるよ。一方、妄想は「結果」が決まってしまってから「原因」を振り返るというプロセスのようで、むしろ、過去に遡って原因を幾つも見出してしまうような感じなんだ。見い出すというより、生み出す、作り出すとさえ言えるね。妄想は、矛盾点をつくことで、逆に「そういえば、あの時だってあーだったこうだった」とか、「他にもいくつも証拠はある」というように原因がどんどん増えていって、より強固に体系化されてしまうので気をつけよう。

【統合失調症と妄想性障害の違い】
統合失調症の妄想型に効く薬が、妄想性障害にはあまり効かないということもあるので、その2つは別の精神疾患と考えられているようだよ。好発年齢にも違いがあって、統合失調症は若年発症、妄想性障害は中年発症であることが多いんだ。また、統合失調症は妄想以外にも幾つかの特徴的な症状がみられるけど、妄想性障害は妄想だけが症状で他の機能に低下はみられない。だから、統合失調症と妄想性障害は似て非なる病気だと思っておいたほうがいいよ。

統合失調症の妄想は「突拍子もない」という表現がぴったりだよ。特に、メディア関連の妄想は特徴的だね。テレビや紙面で自分のことが語られていたり書かれていると感じたりすることがあるらしい。その時は「自分のことかもしれない」という言い方ではなくて、「自分のことが語られたので驚いた」とか「自分のことが書いてあって驚いた」という表現をするよ。妄想型統合失調症の人は、「とんでもない事実を発見しちゃった」と体験することも多いらしい。あとは、盗聴や盗撮をされているとか電波関係の妄想も、かなり統合失調症に特徴的だね。

一方、妄想性障害で特徴的な妄想、特に女性では、不貞に関するものが目立つかな。一般的なのは「夫が浮気している」だね。「浮気しているかもしれない」ではなくて、「浮気しているんです」と言い切るよ。根拠を尋ねると、先述したとおり、やっぱり幾つでも挙げられるんだ。「だって、○○なんです」、「他にも○○で」、「あ、今思い出しましたけど、あの時も本当は○○…」という感じ。あとは、誰かが夜間に部屋に忍び込んで寝ている自分の体を触っているとか、とても信じ難い内容を訴えたりもする。信じ難いけど、絶対に無いとは言い切れない。その辺が、統合失調症の妄想とは違うんだ。

【一次妄想と二次妄想の違い】
もう少し詳しく説明しよう。統合失調症の妄想は一次妄想の場合が多く、妄想性障害の妄想は二次妄想として理解できるという違いがあるよ。

一次妄想というのは、本人以外には全く根拠が理解できないようなもので、例えば「世界が終わりに向かっている」とか、「貧しい人達が自分に助けを求めている」といった類のものだよ。周りの人は、本人がなぜそんな風に感じるのか全くわからない、発生源が不明な妄想だね。

一方、二次妄想というのは、本人以外にも多少はきっかけくらいは推測できるようなもので、比較的現実的に起こる可能性はあるもの。例えば「自分の病気は一生治らない」、「お金が盗られている」や「毒を盛られている」といった妄想だね。そういうことはほとんど無いだろうけど、無いとも言えないって感じ。例の前者はうつ病の妄想に見られる「心気妄想」で、後者は認知症の妄想に見られる「物盗られ妄想」、「被毒妄想」と言うよ。先述の妄想性障害の妄想の例も二次妄想で、「嫉妬妄想」とか「色情妄想」と分類されたりするよ。

一覧にするとこんな感じかな。
疾患別主/副妄想内容その他の症状等
妄想性パーソナリティ障害猜疑心主症状不信/攻撃性/好訴性
統合失調症の妄想型一次妄想主症状(※1)誇大/察知/盗聴/電波思路障害/幻聴/意欲低下等
妄想性障害の妄想二次妄想主症状色情/嫉妬妄想以外には機能低下せず
うつ病の妄想二次妄想副症状悲観/卑小/罪責/不治落ち込み/意欲低下/希死念慮等
認知症の妄想二次妄想副症状被毒/物盗られ知能・記憶・見当識の低下
※1 統合失調症は妄想の出現しない型もある


【重複する可能性がある場合】
精神科診断名は、最も強く出ている症状を決め手にしたり、複数の症状の背景となっている病理を推定して診断名を1つだけつける場合もあるし、複数つける場合もある。特にパーソナリティ障害は、基本的に他の精神疾患とは独立させて診断名をつけてよいことになってるから、例えば妄想性障害と妄想性パーソナリティ障害の診断名を両方つけることも可能ってこと。しかし、実際には猜疑心が強いパーソナリティ障害で妄想も出現しているにも関わらず、妄想性障害とだけ診断名をつけられてしまっていることが多い気がするよ。つまり、まだまだパーソナリティ障害は軽く扱われているってことだろうね。残念ながら。

【妄想の見立て方】
最後に、臨床心理士の人達の中にも見立ての順番が間違っている人が結構いるので伝えておくよ。まず、クライエントの発言に妄想が見られた場合、最初に可能性を考えるのは統合失調症じゃなくて妄想性障害だよ。その上で、次にすることは統合失調症のその他の症状の確認。そして、うつ病や認知症の症状の確認という流れだね。とにかく、妄想内容の聴取は大切だけど、それに片寄らずに妄想以外の症状の有無をしっかりとみていくことが大事。そういう風に考えないと妄想性障害は見落とされる可能性が高くなってしまうからね。

とはいえ、なんで多くの人が妄想からすぐに統合失調症を連想するかっていうと、実際統計的には統合失調症の妄想型が多いからなんだよね。出会う確率は妄想性障害より明らかに多い。けれど、臨床というのは目の前のクライエントをちゃんとみることが大事だから、統計を優先させないようにしなくてはならない。そういう意味で、見立てていく順番は大切という戒めも時には必要。

あ、妄想出現で真っ先に考えなくてはいけないのは、脳の器質的な外傷の有無か。脳腫瘍があったりするかもしれないしね。妄想があるから精神疾患だとは安易に考えないように。そして、診断名をつけられるのは医師だけだということも忘れないようにしなきゃね。


さて、下記の問題が解けるようになってるかな?それぞれ今日の記事内にあるどの精神疾患に当てはまるか考えてみよう。

【問題】

Q1.私の部屋には盗聴機が仕掛けられていて、誰かに盗み聞きされている。外出中にも尾行されている。テレビを見ていても、芸能人を通して、私を監視しているというメッセージが送られてくる。
Q2.嫁が私の食事に毒を盛っている。さらに私の財布からお金を抜いたりもしている。
Q3.親しげに近づいてくる人間は自分を騙そうとしているので信用してはいけない。
Q4.私は罪深い人間だからこの病気は一生治らない。
Q5.隣家のご主人が、私が風呂に入っているところを覗くので困っている。覗いているところを見つけたことはないけれど、風呂に入っているといつも窓が開く音が聞こえるからそうに違いない。

【答え】A1.統合失調症 A2.認知症 A3.妄想性パーソナリティ障害 A4.うつ病 A5.妄想性障害
この記事へのコメント
「妄想」についてよく理解出来ました♪
ありがとうございます♪
またリクエストしても宜しいでしょうか♪
Posted by テル at 2011年09月03日 14:18
はいどうぞー
Posted by モンキークリニック所長 at 2011年09月07日 09:10
ではリクエストさせて頂きますね♪
リクエストは発達障害(アスペルガー障害や自閉症など)の四つのタイプ、「孤立型」、「受動型」、「積極奇異型」、「尊大型」の四つについて紹介して欲しいので宜しくお願いしますね♪
Posted by テル at 2011年09月07日 18:20
リクエストありがとうございます。
だんだんお題の難易度が上がってきたように感じますが(笑)
またしばらくお待ちください。
Posted by モンキークリニック所長 at 2011年09月09日 00:09
いつもリクエストばかりしてすみません…
でもどうしても知りたい知識がいっぱいあるんですので宜しくお願いします♪
Posted by at 2011年09月10日 15:43
お待たせしました。書き終えましたのでご覧ください。
Posted by モンキークリニック所長 at 2011年09月16日 19:31
大変勉強になりました。

妄想=総合失調症、または認知
とばかり思い込んでいました。

ここまで細かい分類と特徴を分かりやすく挙げてくださっている情報は
初めてみました。

どうもありがとうございます!!

引き続き、他にも詳しく拝見しようと思います。
Posted by もも at 2012年06月28日 15:11
そう言ってもらえるととても嬉しいです。また何か書こうって気になります^^
こちらこそありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年07月01日 19:47
今までにたくさん書き込んだりして、お世話になっています。ありがとうございます。
でも、こうやって「書き込んでいる」ことが、近くの部屋にいる父親が父自身のパソコンを通して、見ている気がします。(ちなみに私のパソコンは私しか、私の部屋でしか使いません。)
リアルタイムはもちろんのこと、父親がいないときにもこうやって、書き込んだこと、またインターネットの閲覧もすべて見られている気がします。
父親が仕事から帰ってきたらすべて私のインターネット使用を過去もさかのぼり「見ている」気がします。
根拠はありません。ただ、父親は変態だから。あと、父親もハッカーのような技術は持っていません。
それでも「ハッカーは悪いことだから、あえて私には言ってこないんだ」と思っています。

あと盗聴器は「どこの家にもついている」と高校生くらい?からか、思っていました。
盗聴器がついているのは「当たり前」過ぎて、他人に聞こえているのはわかっていて、いつもしゃべっています。

それにしても
どうしても父親のことが腹が立ちます。腹が立って腹が立って仕方がありません!!!
このままでは父親に何かよからぬことをしてしまいそうです。
ちなみにウイルスチェックをして問題なければ、ハッカーは大丈夫だとか聞いたことがあり、ウイルスの問題はありません。
でも、でも、腹が立って仕方がありません!!!
これは良くない傾向でしょうか??
(どうせこれも、見られています。むかつきます!)
また長々と申し訳ありません。
Posted by まゆ at 2012年07月20日 20:10
今、気づきました。これは誹謗中傷ですね。申し訳ありません。消してください。
それに見られているし…
苦しい、苦しいです。
お願いします。
Posted by まゆ at 2012年07月25日 21:31
確かに見られていたとしたらまずいですね。しかし、どこの誰の父親かは特定されないので、誹謗中傷にはならないので安心してください。
また、基本的に、いただいたコメントには必ず返信していますが、要望には必ず応えているわけではないので、そこはご理解ください。「○○という内容について書いてください」に必ずしも応じてはいないように、「消してください」にも、今までも応じていません。これからも多分、お願いされても消さない場合が多いと思います。
ちなみに、盗聴器がついていると感じるのは、統合失調症によくある症状です。他にも、陰謀に巻き込まれたと感じたり、尾行されていると感じたり、自分の秘密がテレビでばらされている、窓の外や壁の向こう側から電波で攻撃されている等と感じるのも、統合失調症によくある症状です。参考までに。
いずれにしても、腹が立ちすぎるのは、よくない傾向ですね。辛いでしょう。少しでも心がおだやかになるように、かうんさるーでも見てなごんでいただけたらと思います。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年07月26日 01:09
誹謗中傷にならないと聞いて安心しました。ただ、所長様が怒っていらっしゃるかと思ってたので「消してくだい」と書いてしまいました。申し訳ありません。
こうやって周りを振り回してしまうのが私の悪いところなんです。
申し訳ありませんでした。
ありがとうございました。
Posted by まゆ at 2012年07月26日 09:27
大丈夫ですよ。これからも応援よろしくお願いしますね^^
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年08月04日 22:19
細かく分類されていて、大変勉強になりました。
妹が地元のカウンセリングで強度のうつ、と診断されたのですが(血液検査もしています)、今一つ納得できず、日々ネットで調べ、昨日までは統合失調症に間違いない、と思っていました。
しかし、今日こちらのサイトに辿り着き、妹がどれにも当てはまるような気がして、分からなくなってしまいました。
セカンドオピニオンで、他のカウンセリングをを探しているところですが、その前にアドバイスをいただけると幸いです。

1ヶ月ほど前に、県外から実家へ戻り、父と母と10日程同居していましたが、うまくいかなくなり、誰も住んでいない祖母の一軒家で1人暮らししています。(カウンセラーの方も1人暮らしを薦めていた)
もともと、県外でアルバイトで繋いでいたのですが、人間関係が上手くいかず、仕事を探す意欲も低下し、お金に困り、実家へ帰る事にしたようです。
実家で同居だして3日目頃から、また精神的におかしい様子が見え始めました。
まず、母への応答は攻撃的な態度が増えていき、食事の時は、自分の食事に母が毒を入れている、味がおかしいし、口や舌がビリビリする、と言い始めました。勿論そんな事していませんが、聞き入れません。
結局、自分によそおってある食事を捨て、自分で入れなおしていました。
それでも、何か混ぜてあるといい、食事は一人で作り、食べるようになりました。たまに食べると、深夜3時頃に、大声で怒鳴って母を起こし、香水の瓶、フマキラー、漂白剤を持って大声を挙げ、怒鳴り起し、どれを入れたんだー、と。
また、これまで県外で住居を変わった際、その都度、ダンボールを実家へ送り、これまで15箱位になりますが、あれがない、これがない、と毎日早朝まで荷物をヒステリックに探し、見つからないから家族が盗んだ、勝手に捨てた、と言っています。
さすがに父も堪忍袋の緒が切れ、怒鳴りましたが、未だ、狂ったように毎日早朝まで何度も箱を探しています。
思えば、10歳位から急に母を恨むようになり、攻撃的な態度をするようになりました。
現在住んでいる祖母の家に、母を連れて来ないで、家族に入られないよう、鍵を変えて、と父に言ってきました。勿論、父は却下しました。
毎日ヒステリックな電話や被害妄想、過去の話を持ち出しては、家族に酷い事をされた、皆私が死んで欲しいと思っている、と言い、号泣したり、叫んだりが続き、父も母も精神的に参っています。
初期投資で10万渡し、カウンセリングにも行く様言っていましたが、1回行って、その後は通っていません。処方された薬も飲まず、自分は正常だから不要だと言っています。父はこのひと月で40万以上投資しています。お金がないと困るので、父は資金源ですし、父にだけは自分が怒鳴った翌日でも、また連絡してきます。
ここ最近ようやく仕事が決まり通っています。これを足がかりに、いい方向に精神状態が保ってくれれば、と家族全員思っているのですが、やはりまだ、同じ状況です。
県外に住んでいる時も、鍵をして出たにもかかわらず、誰かが家に入ったけ遺跡がある、物がなくなっているような気がする、鍵をこじ開けた様子がある、といい、警察に電話し、防犯カメラをつける依頼したようです。警察は何の根拠もないので何も出来ないといって、その応対に怒っていました。
最近は、昔の話を持ち出し、あの時もそうだった、この時もこうされた、と被害妄想の嵐です。父がそれは被害妄想で、家族の誰も心配をしているだけで、そんな事思っていない、と話すのですが、それもまれな話で、ほとんどは、本人が一方的に話しまくり、こちらの話を聞く余裕を与えません。
話が長々となり、申し訳ありませんが、聞いていただいた段階で、妄想性パーソナリティ障害、うつ病、妄想性障害のどれにあてはまると思われますか?こちらの情報を見ると細かく分類されていますが、地元のクリニックで、そこまで正しく判断していただけるのか心配です。ご多忙中だと存じますが、ぜひとも返信を頂けると幸いです。
ちなみに、私は県外に住んでおり、スカイプでコンタクト、弟も県外で、私も弟も、妹の心配もありますが、両親の精神的苦痛も心配でなりません。
よろしくお願いします。
Posted by はる at 2013年03月31日 10:46
1)妄想性障害の可能性が最も高いです。
2)次に、統合失調症と診断される可能性があります。妄想性障害と統合失調症を区別しないドクターも残念ながらいるようなので。
3)うつ病だとは考えにくいです。うつ病は「生気が無い」というのが原則なので。
4)妄想性パーソナリティ障害とも違うようです。疑っているというレベルじゃなくて、思い込んでいて訂正できない状態なので。
5)妹は、カウンセリングよりも、精神科への通院か、入院治療が必要だと思います。
6)両親がカウンセリングに行く必要があります。本人を治療するのも大事ですが、周りの人が妄想性障害の方への対応を学ばなくてはなりません。「被害妄想だ」と指摘したり、妹さんの言っていることを否定することは、被害妄想を強めてしまいます。肯定も否定もせずに、気持ちを落ち着かせてあげる対応などを学ぶよう両親に伝えてみましょう。
7)はるさんができることは、精神科よりもカウンセリングに相談に行くことです。そこで、両親を相談に行かせる方法を考えたり、まずは、はるさんが妹さんへの対応を考えてみたりすることです。

申し訳ないのですが、ここではこれ以上のことをお伝えすることができません。返信もすぐにはできませんし、あくまで参考程度にご利用くださいね。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年04月07日 21:40
ご多忙中にも関わらず、早急なご回答、大変ありがとうございました。家族がまず、病気についての知識、応対の仕方を学ばなくてはなりませんね。
姉の私ですが、県外と記載しましたが、海外在住なのです。
小さい子供も2人おりまして、気持ちとしてはすぐにでも色々と手助けをしたいところですが、不可能な状況です。年一回夏の帰国をするので、限られた時間ですが、その際に出来る限りの事をしてみようと思います。家族はカウンセリング、妹本人は、(通院はまず本人が認めないと思うので)入院治療を検討した方が良さそうですね。

Posted by はる at 2013年04月14日 05:54
「病気だから入院しよう」とか「あなた、おかしいから入院した方がいい」とかストレートに伝えても、本人が入院する気はなかなか起こらないものです。
「入院してみてもいいかなぁ」と思ってもらえるように、自分がなんて声をかけてあげたらいいのか、考えられるといいですね。
「入院のメリット」で検索http://www.google.co.jp/#hl=ja&sclient=psy-ab&q=%E5%85%A5%E9%99%A2%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88&oq=%E5%85%A5%E9%99%A2%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88&gs_l=hp.3...378.4157.0.4686.23.20.3.0.0.7.543.3658.1j14j3j1j0j1.20.0...0.0...1c.1.11.psy-ab.WizpHqE2EtU&pbx=1&bav=on.2,or.r_qf.&bvm=bv.45645796,d.aGc&fp=a8ebca95d9bd5d27&biw=1366&bih=657
コメントありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年04月27日 09:52
初めまして、とても参考になる記事でした。
私の母は63才で、去年発症し、引っ越しを10回以上繰り返しています。
母はマンションの下の階や上の階から電波攻撃で下半身を狙ってくると言ってます。
ピリピリしたものを実際に感じ、電波攻撃で眠れず、今は車で寝泊まりしています。ふ
精神科に連れて行きも妄想性障害の診断がつきましたが、病識がなく、薬を拒否しています。
もう強制的に入院させるしかないのでしょうか。
統合失調症だと思っていましたが、普段は家事もして、まともなこと言ってます。
Posted by ゆっぴ at 2013年07月03日 01:04
残念ながら、よほど自傷他害がひどくない限り、病院や警察による強制入院の執行はできません。それは、車で寝泊まりをしなければならないくらい悪化しているにも関わらず、です。
そこで、民間の移送業者に依頼するという手段をとるご家族の方もいます。その場合、無理やり強制的に連行するというよりは、どうにかこうにか手を変え品を変え、何がなんでも説得して連れて行くという感じのようです。ただ、数人体制で何時間もかかったり車も必要だったりで、一回で数十万円の費用がかかるようです。さらに、善良な会社もあれば、ぼったくりの会社もあるようなので、気を付けなければならないようです。
病院によっては、安全そうな業者さんを教えてくれる場合もあるようですので、いずれにせよ、入院可能な病院の確保が先で、そこの主治医やMSW(メディカルソーシャルワーカー)に先に相談する必要があると思います。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年07月22日 17:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。

この記事へのトラックバック
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ