記念日反応/命日反応

n3.png「毎年、あの事件が起きた日が近づくと胸がザワザワするの」

b1.png「そりゃ記念日反応だな」

n1.png「ナニソレ・・・記念日なわけないじゃん。最悪」

b1.png「いや、そういう記念日じゃなくてな。そういう専門用語があるってだけで」

n3.png「あたしには専門用語とかどうでもいいし。記念日とかありえないし」

b1.png「命日反応とも言うぞ」

n1.png「あたしは死んでねーよ、クソジジイ」


かうんさるーから一言
c3.png「記念日反応という非道い専門用語は変えたほうがいい」

記念日反応は、PTSDに特徴的に見られる反応で、毎年、心的外傷(トラウマ)を負うほどの被害に遭った日付が近づくにつれて、心身の状態が悪化していく状態のことを言うんだ。親しい人が亡くなっている場合には、命日反応という言い方がされることが多いかもしれないね。症状としては、眠れない、気分が落ち込む等に限らず、「よくわからないけど不調」みたいなことも多くて、カウンセリング中には「(胸が)ザワザワする」と表現されたりするね。原因がわからないから落ち着かなくて不安になるらしい。なので、「これは記念日反応って言うのか」と知ると、少なくとも心的外傷が症状の原因だとわかるので、辛いけど少しはホッとする。

記念日反応は、基本的には「月日」に対する反応が主で、1年に1回そういう時期があるということなんだけど、しかし、臨床的には「日付」のみに対して小規模で頻回な記念日反応が起きているようなケースもあるよ。つまり、毎月同じ日に、1年に12回も具合が悪くなるという方がいるというのが実態なんだ。記憶というのは、日付にくっついてしまうものなんだね。

さて、記念日反応はanniversary reactionの和訳なわけだけど、果たしてその表現が適切なのか疑問だよ。トラウマになるくらいの出来事が起きた日をアニバーサリーとか記念日とかってどうして言えるかな。当事者にしてみたら、記念日どころか「念日」というニュアンスのほうがしっくりくるもんだよ(そういう言葉はないけど、一周忌とか三回忌とかの「忌む日」という意味で)。そういう意味では、命日反応というほうがまだマシだとは思う。

例えば、東日本大震災では3月11日、阪神淡路大震災では1月17日が、多くの方の記念日反応/命日反応を引き起こすことになる。被災者、特に遺族にとっては故人を忘れてはいけない日であり、紛れもなく命日だから、命日反応と言ったほうがいいだろうね。でも、例えばレイプされた女性にとって、記念日反応/命日反応という言葉はどんな響きで聞こえるだろうか。記念日は論外だよね。じゃあ命日かと言われると、誰も死んでないからなんだか違和感がある(※ただし、「レイプされる以前の汚れていない私は死んだ」と感じている女性は多く、命日反応という言葉がしっくりくる女性もいる。でも、だからこそ、ボクは被害女性に対して、命日反応という言葉を使いたくないと思っているよ。辛くてもその人は生きているし、「以前の自分は死んでしまった」と感じたままでいてもらいたくないから。もちろん、そう感じてしまっていること自体を否定する気はないけれど)

そもそも、なんでこんな名称になっているかというと、実は、辞書的な「記念」という言葉には、明るく楽しいというニュアンスはそれほど含まれていないからだろうね。一般的には記念イコールお祝い事という感じになっているけど、本来、記念というのは「忘れずに記す」という意味が強く、「祝う」というニュアンスを持つとは限らないんだ。「記念碑」という使われ方があると言えばわかるかな。だから、ここまで言っておいてなんだけど、あながち記念日反応という用語は間違いというわけではない。

間違いではないんだけど、でも、たかが表現、されど表現。

心に関連する診断名や用語は、当事者や関係者に配慮された言葉に変えられるような時代の流れにあって、例えば「精神分裂病」は「統合失調症」に変えられたし、「障害」は「障碍」あるいは「障がい」に、「自殺」は「自死」に、「人格障害」は「パーソナリティ障害」といったように変えられようとしているんだ。だから、記念日反応/命日反応も名称を変えたらいいと思うんだよね。反復性外傷日反応とかどうだろう。うーん、センスないかな。

「心理学の教科書に書いてある」、あるいは「そう教えられた」というだけで疑問を持たず、クライエントの気持ちに思いを馳せずに「記念日反応」と言ってしまうようなカウンセラーにはなりたくない。これからも気をつけて言葉を使っていこうっと。
この記事へのコメント
こんばんは。

少し気になったのですが、このような反応は繰り返しトラウマになることの起こっていた「時間」にも起きたりするのでしょうか?

余談ですが僕は朝と自分の誕生日がダメですね。困ったものです。



Posted by アンダンテ at 2012年05月30日 01:02
コメントありがとうございます。
トラウマが日付によって蘇る方が多いので、記念"日"反応/命"日"反応とは言いますが、要は、トラウマを負った状況の内、何が強く記憶と結び付いてしまったかということがポイントなわけです。
実際には、"記念日/命日"の中でも、当時被害に遭っていた『時間帯』が最も苦痛です。例えば、夜道で襲われた人は、夜が怖く、夜に症状が強く出るのは当然のことです。
逆に、トラウマを負った『季節』が苦手という人もかなりいます。つまり、一日ではなく複数日に渡って反応が生じているということになります。

ということで、定義上、記念"日"反応とは呼べないけれど、『記念時間帯反応』があるのは当然のことであるといえます(そんな風に呼ぶことはないですけれど)。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年05月31日 22:59
こんにちは。
特定の日にちや時間帯でストレスがかかってくることがあるということがよく理解できました。
私はある場所がだめです。場所がトラウマ(?)になったりすることというのもあるのでしょうか。その場所に近づくとドキドキしたり、気分が悪くなります。自分では過剰反応だと思うのですが…。
こういうものは慣れで薄れていくものなのでしょうか。
Posted by ななみ at 2012年06月22日 13:15
場所がトラウマになることもあります。雰囲気が似ている場所もダメだと思います。そういうのをトラウマ反応と言います。
不安や気分が悪くなって、耐えきれずにその場を離れてしまうと、トラウマ反応はむしろ強くなります。
一方、不安や気分が悪くなっても居続けて、それらが落ち着いてきて、「大丈夫だな」という感覚が得られてから離れれば、トラウマ反応は薄れていきます。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年06月27日 00:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/246969018

この記事へのトラックバック
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ