フレネミーと賢くつき合う33の法則

f1.png「あの、所長がアドバイザーになった本ってなんて言うんでしたっけ」

k3.png「えっと『アネモネを美しく咲かせる33の原則』って本じゃなかったかしら」

n1.png「いや、あの人、花とか植物とか似合わなすぎるでしょ」

a1.png「確か『プレデターと鋭く突き合う33の戦法』だったような…」

sh1.png「いえいえ、そんな野蛮なタイトルじゃなかったですよ」

t1.png「はいはい、そこまで。で、なんて本だっけ」

s1.PNG「2012年4月19日発売『フレネミーと賢くつき合う33の法則』だよ」
フレネミーと賢くつき合う33の法則
『フレネミーと賢くつき合う33の法則』
発売日/2012年4月19日
発 行/コスミック出版
定 価/1500円
監 修/フレネミー心理研究会
作 画/白ふくろう舎
原 作/浅井貴仁
ISBN /978-4-7747-9084-8
下記サイトで購入できます。
Amazonで買う
オンライン書店ビーケーワンで買う
紀伊國屋書店BookWebで買う
丸善&ジュンク堂書店で買う



かうんさるーから一言
c3.png「タイトル長いよ。略して、フレ賢?フレ則?FLN33?」

モンキークリニックが全面的にバックアップ?!

編集者さん(原作)からフレネミーに関する取材協力の依頼を受けたのがきっかけで、所長がアドバイザーになったよ。巻末に当サイトのアドレスも載せてもらったみたい。占い・手相関係と深層心理テスト関係については、専門外だから別の方がアドバイザーになっているけどね。

若干、揶揄した内容にはなっているけれど、そこは一般の方に楽しんで読んでもらうためなので、ご愛嬌。心理関係者は怒らず大目に見てね。だけど、所長が関わることでパーソナリティ障害の特徴を背景としたリアルな人間模様を描き出せているはずなので、楽しいだけじゃなく、誰もが一度は味わったことのある苦い思い出に重なったりもして、「なるほど、そういうことだったのか〜」なんて、意外と勉強になるかも。「こういう女性いた!今もいる!」って必ず思える内容に仕上がっていると思うよ。

マンガは“白ふくろう舎”さんという方が描いているよ。白ふくろう舎さんは、有名女性誌(Zipper/Seventeen/non-no/CanCam/JJ/ゼクシィ/ニッセンカタログなどなど!)でイラストを描いている方。ブログで「このお仕事はとても楽しかった!(大変だったけど)」と書いてるけど、本当に読み応え十分。女性の裏表がすごく伝わるマンガになっているので、イラストレーターさん・マンガ家さんてすごいなーと心底思ったよ。
46296.com

一応、ちょっとだけフレネミーのおさらいをしておこうか。フレネミーは、フレンド(友達)とエネミー(敵)を組み合わせた海外由来の造語。一見、友達なんだけど、実は友達の足を引っ張ったり、裏で友達の悪口を言っていたりするような人のことを言うんだ。フレネミーの特徴は、演技性パーソナリティ障害と重なる部分が多いよ。詳しくはフレネミーとパーソナリティ障害の記事を読んでね。そして、もっと詳しく知りたくなったら、『フレネミーと賢くつき合う33の法則』を買ってみるといいよ。


モンキークリニック所長のつぶやき
s1.PNG「いつか、モンキークリニックも本にならないかな(笑)」
この記事へのコメント
以前からすごーく面白く読ませてもらっています。
イラストといっしょに本で読めたらうれしいな!
Posted by モンクリファン at 2012年04月17日 20:43
励みになります!
当サイトを知人に教えたりブログやツイッターで紹介してくれると出版に一歩近づきます!(笑)
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年04月17日 22:58
はじめまして。

C-PTSDについて調べていたらここのサイトにつきました。
症状の説明も分かりやすくてイラストもかわいいです。
私はリストカットをして入院しているんですが、記事に書かれている事があまりにも私の状況と同じでビックリしました^^
Posted by sakana at 2012年04月20日 02:14
当サイトの内容がご自身の状況と同じだ、とリストカットで入院されている方から言ってもらえると、“お墨付き”をもらった感じがして嬉しくもあり、なんだか心苦しくもあります。
せめて一時でも気持ちが癒されるお役に立っていれば幸いです。
コメントありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年04月20日 20:52
私もモンキークリニックが本になったら嬉しいな・・・と思っている隠れファンの一人です。
学術的な内容や深刻な話題でも、可愛いキャラクター達が、たっぷりのユーモアを交えて教えてくれるので、いつもクスリと笑顔にさせられてしまいます^^
ありがとうございます。

特に・・・なや美ちゃんがかわいい。
私は是非、なや美ちゃんとお友だちになって、いろいろ話してみたいな・・・と思うのだけど、そういう気持ちで自分の悩み(私自身のなや美ちゃん)にも向き合えていけたら良いのだろうなぁ、と気づかせてもらいました。

逆に、かうんさるーは何を考えているのかが最も分からないです(苦笑)。
親切で良い人(猿?)なのは何となく伝わってくるのだけど・・・う〜ん、可愛い外見とは裏腹にどこかミステリアスです。

これからも更新楽しみにしています。








Posted by なや美ちゃんスキ at 2012年05月15日 01:59
みんなの中に、それぞれの「なや美」がいるっていいですねー。
そこまで考えていなかったのですが、これを機に、そういうことにしていこうと思います(笑)
よし、今後は、かうんさるーよりなや美に活躍してもらおう。うん。
大変良いことに気づかせてもらえました。ありがとうございました^^
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年05月18日 23:15
事後報告ですが、ブログで使わせて頂きました。

他のページも大変わかりやすくまとまっていて、ほとんど一気に読んでしまいました。特に、対人操作性とすトリッピングは私の知っている人をそのまま書いたようです。

私もこのブログの本、欲しいです!

トラウマを乗り越えられるよう、これからもお世話になります。

結局、フレネミーを見分ける精度を上げて近寄らない以外対策ないんだなと思いました。

寄り添って一緒に治療する意思がないのにやさしい言葉をかけるのも、その後被害に遭って騒ぐのも無責任ですものね。

大変なお仕事と思いますが、お体に気をつけて。

更新、楽しみにしています!
Posted by 空水夢 at 2013年06月21日 09:56
記事紹介ありがとうございます。また、応援コメント大変励みになります^^
その通り、フレネミー回避も自分の人生においては大切ですが、この先、うっかり自分がフレネミーっぽい振る舞いをしないためにも、知っておくと役に立つんじゃないかと思います。
「ここだけの話なんだけどね・・・」なんて、結構、普通の人もやっちゃうものですから^^
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年06月22日 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/264376456

この記事へのトラックバック
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ