BPDの5つのモード

c2.PNG「やぁ、なや美ちゃん。今日の調子はどう?」

n1.png「・・・べつに」

c1.png「そっか(ふむ、今日はどうやら"無"の状態みたいだな)」

n1.png「っていうかウザい!なんなの!放っておいてよ!」

c1.png「ごめんね、放っておいてほしかったか(あ、怒りのスイッチが入った)」

n3.png「いや、あーもう!こんな風に他人に当たる自分とか最低だし」

c1.png「当たりたくなることもあるよね(自分を罰するチャンネルに切り替わったかな?)」


かうんさるーから一言
c3.png「僕がBPDの方と話をする際のちょっとした種明かし」

境界性パーソナリティ障害(以下、BPD)の人は、さっきまで機嫌が良かったかと思えば、いきなり激怒したり、泣き出したり、「放っておいて」と心を閉ざしてしまったり、とても忙しい。自分でもなんでこんなに気分が変わるのかわからないし、周りの人にとってはもっとわからない。「気分屋」なんて言われてしまうけど、実は好きでそうしているわけではないんだよね。

認知療法の亜型であるスキーマ療法では、このコロコロ変わってしまう状態を「スキーマモード(以下、モード)」という概念で説明しているよ。BPDの人によく見られるモードは以下の5つ。今日はこの5つを噛み砕いて説明してみるよ。
1.見捨てられたチャイルドモード
2.怒れる・衝動的チャイルドモード
3.懲罰的ペアレントモード
4.遮断・防衛モード
5.ヘルシーアダルトモード
1.見捨てられたチャイルドモード
これは、不安・悲しみ・泣きのモードという感じだね。無力で孤独、不安で怖がり。ぽつーん、と途方に暮れている傷ついた子どものようだよ。「誰か見て」「誰か助けて」「見捨てないで」「私はここにいるよ」そんな気持ちになって涙が出てくる状態だね。

2.怒れる・衝動的チャイルドモード
とにかく腹が立つんだけど、一体何に怒ってるか自分でもよくわからない。誰でもいいから攻撃したい。罵声を浴びせたい。自分の中にある怒りを爆発させたい。爆発させないと苦しくて苦しくていてもたってもいられない。何かを破壊せずにはいられない。全てをぶち壊してしまいたい。「なんで私を嫌な気持ちにさせるんだ!」「なんで誰も解決してくれないんだ!」と、小さな子のように怒る感じだよ。外向きの攻撃性。

3.懲罰的ペアレントモード
これは、内在化された親の声で自分で自分を罰する状態。幼い頃に言われていた親の言葉を使って、自分にダメ出しをする。「だからお前はダメなんだ」「そんなことしちゃダメ」「甘えてるだけだ」「もっと頑張らなくちゃダメだ」と自己否定をして、自己嫌悪に陥る。内向きの攻撃性。

4.遮断・防衛モード
全ての感情をシャットアウトして、他人との関わりも閉ざす状態。本人達は「無になる」「無の状態」と表現することが多いね。また、「なんでも話せますよ」「別に」なんて感じで、淡々と感情を出さずに話すこともこの状態にあたるよ。感情的に関わらないこと(遮断)が、自分の身を守る(防衛)ということになるんだね。
これは5つのモードのデフォルト(普段はこの状態が一番多いってこと)と言われているよ。無表情、空虚感、離人症、解離、ひきこもりなんかに関係していて、1〜3のどの状態より感情が揺れない分、まだ気分はマシ。けれど、この状態は最も他者との関わりが希薄になるので、実は最も回復につながりにくい状態なんだ。だから、まずはこの状態から他の状態が出るように関わっていく必要がある。それはつまり、怒れるようになることや、泣けるようになることが必要ということ。一見、それらは状態が悪化したように見えるけれど、BPDの人達が回復するには必要なことなんだと覚えておくといいよ。

5.ヘルシーアダルトモード
直訳すれば「健康な大人の状態」、つまり年齢相応のモードと言えるかな。ヘルシーアダルトモードは、年齢らしい捉え方や考え方、振る舞い方が“選択的に”できる状態。自動的にスイッチが入るような感じじゃなくてね。ヘルシーアダルトモードが育つと、自分をケアしたり、大事にしたりすることができるようになるし、自分と他人の区別もつくようになるよ。BPDの人の中にも、こうした健康な部分というのがちゃんとあるので、その部分で他人と関わっている時にはうまくいくんだよね。
ただ、BPDの人達は、自分は子どもっぽい、幼いと感じていることも多いんだけど、そのことがそんなに嫌いなわけではない。大人になりたくない、大人は汚いと感じているから、子どもっぽい純粋さを何気に自分で気に入っている場合も無いわけではない。だから、この「年齢相応」ということが受け入れられない場合がけっこう多くて難儀するってわけ。

さて、以上がBPDの人に多くみられる5つのモードなんだけど、これらが、まるでパチパチとスイッチが切り替わるように変化してゆくのがもう一つの特徴と言えるね。BPDじゃない人達は、このスイッチがそれほど急に切り替わらない、つまりスイッチが固いんだけど、BPDの人達はこのスイッチがゆるゆるで、押さなくても揺らしたらスイッチのどれかがランダムで入ってしまう感じ。それくらいゆるゆる。自分で選んでスイッチを入れているわけではないし、自分でも勝手に切り替わってしまって困ってしまうくらい。BPDの人の様子がめまぐるしく変わるように見えるのはそのためなんだ。数分毎に切り替わる、もっと言えば、一言ずつで切り替わってしまうほどだよ。

こういうことを、知っているのといないのとでは、BPDの人達への対応に雲泥の差が出るはずだよね。例えば、BPDの人が黙っている時に、「黙ってちゃわからないよ。言わなくちゃ伝わらないよ」みたいなお説教をせずに、(ああ、今は遮断・防衛モードなんだな)と理解して話し出すのを待ってあげたりできるようになる。BPDの人の怒りに対して、こちらも怒り返すのではなく、(ああ、今は怒れる・衝動的チャイルドモードなんだな)と思って、嵐のような怒りが過ぎ去るのを待つことができる。そして、1〜4のモードにばかり注目するのではなく、5のヘルシーアダルトモードを呼び起こすような関わり方をするってのが周りの人が心がけるポイントになるってわけさ。じゃあ、どういう声掛けをするとヘルシーアダルトモードに呼び掛けられるかって言うと、それはここでは答えづらいかな。一人ひとり違うので、実際にカウンセリングに来て本人に一番役立つ声掛けを一緒に考えていこうね。

あと、ヘルシーアダルトモードは、「明るく元気で、活力あふれる状態」ではないのが注意すべきところ。ここには出てこないけれど、BPDの人は、すごくポジティブな状態の時もあって、それを自分では良い状態だと思い込んでいる。でも、実際には1〜4をねじ伏せるような元気さなので、無理をしているという感じになるんだ。そうじゃなくて、ヘルシーアダルトモードは、ニュートラルな状態で、目の前の出来事をそのまま解釈なしで眺められて、自分なりの対応ができる、無理のない状態と言える。折り合いをつけたり、決めつけなかったり、保留にしたり、そういう中間の存在で留まれるという感じかな。人は中間の存在。天から全ての事象を見通せることもなく、地べたを這いずり回るほど卑屈でもなく、その間でひそやかに穏やかに生きていけるようになる、それがたぶん人間らしいってことだよ。・・・猿の僕が言うのもなんだけど。
この記事へのコメント
カウンサルーさん流石ですね、とてもわかりやすかったです。
通える距離ならば直接カウンセリングを受けてみたいです。
多く語らなくてもわかって頂けると思います。
ただ、感謝の気持ちを。
ありがとうございました。
Posted by 共依存被害者 at 2012年11月24日 04:33
とーってもよくわかりました。

しばらくぶりで何もなかったように彼 連絡してきたんです。
すこしは こちらが余裕を持って接することができそうです。
急激にやってくるあまりの攻撃に限界感じたりしたものですがときおり見せる健康な部分に希望をもって接していきたいと思います。
どんぴしゃのコメントありがとうございました。
Posted by きょう at 2012年11月24日 10:42
Amiもここに書いてある特徴が当てはまるなぁと思いました。
また、リクエストさせて下さい。
過保護に育てられた場合に起こる障害や弊害、またその子どもの特徴、そして、その子どもはどうやって社会に適応していけばいいのか等、出来るだけ詳しく教えていただけないでしょうか?
お忙しいとは思いますが、宜しくお願いします。
Posted by Ami at 2012年11月29日 08:36
>共依存被害者さん
ありがとうございます。こちらこそ励みになります。ブログ書いててよかったと思える瞬間です^^

>きょうさん
どんな人にもいい部分ってありますからね。その部分とつながっていけたら気持ちいいですよね。これからも対応のちょっとしたコツとか書いていきたいと思います。コメントありがとうございました。

>Amiさん
書き込みありがとうございます。今回はなかなか難しいお題ですねー。過保護に育てられた場合、というのがザックリしすぎていて、障害や弊害にうまく結びつきません。おそらく、過保護というのは一要因に過ぎないからです。一つの原因ではなく複数ある要因の内の一つなので、過保護というところだけから導き出せる特徴というのはないと思います。
Posted by モンキークリニック所長 at 2012年12月01日 23:24
そうなんですね。
色々な事が絡み合ってるから、問題が出てきてしまうんですよねぇ。
今回はムチャなリクエストでしたねm(_ _)m

また、次回の記事を楽しみにしております。
Posted by Ami at 2012年12月02日 09:07
怒り出したり そのあげくに2度と関わりを持たないと言い出したり・・ しばらくすると何事もなかったように連絡してきたり・・
怒りには辟易するのですが連絡がないときは遮断モードになってるんだなって記事を読んで彼の傾向がなんとなくわかる感じがしてます。
家族でもないし恋人でもないし深い付き合いはないのですがヘルシーアダルトモードを大事に関わっていきたいなと思います。
人格障害者に対するブログの記事や被害者という人々のコメントを読むと絶望的で救いようがない 一切関わらない方がいいといったコメントがとても多いです。
とても残念に思います。

彼に対して何もできる事はないし彼のためになんてことも思わないけれど
健康的な部分があることを忘れずにいたいなとおもいます。 
Posted by きょう at 2012年12月02日 18:01
いつも楽しくブログを拝見させていただいております。
この度の記事は、まさに目から鱗でした。

私も、なや美ちゃんのような混乱?状態に陥ることが度々あり、例えば、ひとつの物事に対して様々な感情や考えが沸き起こり、どれが自分の本音なのか分からず、苦しい思いを心理士さんに訴えたことがありました。
私は混乱したときは、
とりあえずの選択として、周囲の人にとって最も望ましいと考えられる行動をとるようにしていました。
そのせいかどうかは分かりませんが、
だんだんと自分が今、楽しいのか嬉しいのか、悲しいのか、怒っているのか、困っているのか、とても落ち着いているのかさえも、よく分からなくなってしまいました。

自分の考え方のパターンと得られる行動から推察するに、
私に足りないのは、主体的な考えや自我というものなのかなぁ・・・と、なんとなく思っています。
よくわからないけれど、自分と同じような状態の人がいれば、たぶん、私はそのように考えるでしょう。
それらが補えれば、今の混乱状態から抜け出せるかもしれないと思うのです。

自我や主体的な感情とは、どうしたら同定することができるのでしょうか?
是非、専門家の方のご意見を御聞かせいただければと思います。



Posted by なや美ちゃんスキ at 2012年12月06日 01:54
私も典型的なゆるゆるスイッチです。
自分でも分るくらいコロコロと感情が変わります。きっと周りの人は振り回されてしまうんでしょうね。
特に誰かと付き合っている時などはひどくて、昨日まではべたべただったのに、今日は別れようと言ったり、でもやっぱり…とまた振り向かせるような行動をしたり。
このお話はとてもわかりやすくて良かったです。なんだかスッキリしました。
これからは自分の今の状態を少し考えながら生活してみようと思います。
Posted by ななみ at 2012年12月26日 09:03
毎回記事を楽しく読ませていただいてます。

私は45歳です。今から3年ほど前に「パーソナリティ障害」だと確信をするようになりました。それまでは「私はみんなと違う」・・・と一人思いながら生きていました。あるきっかけからこの障害を知り、とても辛かったけど、ホッとする安心感もありました。自分だけがおかしいのではなく、世の中には私と同じような苦しみを抱えている人がいることを知ったこと、それと苦しみの原因が分かったことで、心が少し楽になりました。
なやみちゃんと、辛さを共有できることがとても嬉しいです。今回のゆるゆるスイッチの記事は、態度が変わってしまうことへの不安を、客観的に捉えることができたので、スイッチの入り具合を調整できるといいなと、思いました。
これからもよろしくお願いします。
Posted by 気まぐれねこ at 2012年12月27日 01:56
はじめまして。

ボーダーラインスマイルの記事でハッとし、そこから順番に記事を拝見させていただいてます。
既にブログの中に答えがあるのかも知れませんが、モンキークリニック初心者として、教えていただけますでしょうか?

こういった一般的に「心の病(?)」といわれるものは、機能的なもの(例えば脳の一部の機能不全)と純粋な精神的ダメージの両方が存在するのでしょうか?それとも片方だけ?

精神的ダメージによる障害の場合は、障害の有無(病名が付く、付かない)の境目はグレーゾーンだったりするのでしょうか?

単なる性格と割り切っていいものなのか不安になることがあります。

素人質問で申し訳ありませんが、お時間ありましたら宜しくお願いいたします。



Posted by コウ at 2013年01月05日 01:27
>Amiさん
気づけば更新もろくにせずに、年を越してしまいました。2013年は、もう少し書けたらいいなぁ。。

>きょうさん
パーソナリティ障害の人から被害を受けたというブログを書いている人は結構いますね。残念なことですが、臨床心理士の中にでさえ、よくわかっていない人がいるので、一般の方の多くが理解できていないとしても、今のところ仕方ないと言えます。これからも、パーソナリティ障害啓蒙活動に励もうと思います。

>なや美ちゃんスキさん
自我や主体的な感情を同定するというのは、カウンセリング内でしかできないと言っても過言ではないと思います。というか、自我や主体的な感情を獲得する、あるいは、取り戻すためにカウンセリングという手法が生まれたと言ってもよいからです。
どんな本を読んでも、ネットでヒントを探しても、おそらくそう簡単には手に入らないと思います。通常、成人期以降には、いつの間にか「自分らしさ」というのができあがっていますが、それは、意図して作り上げた類のものではないので、今から、自分らしさを意識して手に入れようとしても、自分らしさとは何なのかよくわからないという結果になってしまうはずです。

>ななみさん
今の状態を捉えて、かつ、その状態がしばらく続くようならば、それに沿った言動をとる、と決めてみてもいいですね。気持ちが揺れ動きやすいということがハッキリしているならば、すぐに行動に移さないほうが周りの人や自分のことも振り回さなくて済みますから。

>気まぐれねこさん
ONとOFFのスイッチじゃなくて、スライド式のスイッチ(調光機能みたいなもの)をイメージするとよいです。「ああ、だんだんイライラしてきたなぁ」とか、「なんだかさみしくなってきたなぁ」とか、感情を程度で捉えられるようになれるといいですね。

>コウさん
はじめまして。
それは、「遺伝的要因(生まれ持った先天的要因」か、「環境的要因(育っていく過程で受ける後天的要因)」かということに言い換えられます。
現在では、「遺伝か環境か」のどちらか1つではなく、「遺伝と環境」のどちらも要因として関係していると結論づけられています。
心の病について、単なる性格と割り切ってしまうと、あまりいいことは起きないと思います。手間はかかりますが、単純化せずに、少しずつ理解を深めていくことが大切です。
障害の有無の境界線はその通り、グレーゾーンで正解です。身体疾患のように、「腫瘍」とか目に見えるようなものが存在しないので、はっきり線引きができないのです。その線を任意に引いて良いと許可されているのが、医師だけで、その行為を「診断」と言います。

回答がおそくなってしまいましたが、皆様、コメントありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年01月08日 00:00
最近、所長さんの態度が冷たくてAmiのこととかどぉでもいいのかと思ってましたよ。
まぁ、このブログの中だけの関係ですし、どぉでもいいですよね。
所長さんは忙しいですもんね。
御身体にお気をつけ下さい。
Posted by Ami at 2013年01月13日 23:20
温かいお言葉ありがとうございます。そうなんです、忙しいんです。このサイトは余力で書いているので、余力が無い時は放置してしまうのです。楽しみにされている方には申し訳ない限りです。休載の多いHUNTER×HUNTERの作者みたいなものだと思って温かく見守ってくださると助かります。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年01月17日 22:22
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
Posted by 投資の初心者 at 2013年01月29日 14:20
コメントありがとうございます。励みになります。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年02月05日 09:28
はじめまして。人格障害について調べていたらここに辿り着きました

いつも自分の事が大好きで甘やかしたい自分と自分の事が大嫌いでみじめで仕方が無くて早く死んでしまえば良いって思う衝動的な自分が居て、自分のことがよく分かりません
両極端な考え方しかできないんです
私は「病気」という言葉に甘えたいだけじゃないのかな?と思う気持ちや心配されたくない気持ちがあってなかなかカウンセリングを受ける勇気も出せません。
私の母もつらいことを経験してきているのでどうしてあなただけ白旗あげるの?って思われるのも怖くて家族にも言い出せません。
何か自分にとって悪い事があるととことん悪く考えてしまって色んな感情が溢れてきて、つらいです
上手く言葉に出来なくて、まとまりなくてすみません
Posted by あずき at 2013年04月21日 12:04
なや美ちゃんとかうんさるーのやり取り、少し私と兄弟とのやりとりに見えます。
兄弟はちゃらけて「調子どう?」言ってくるからマジむかつく。でもただ単に照れてるだけだろうと思う。
(兄弟がかうんさるーと典型的に違うのは、私がなや美ちゃんのようにキレたら、キレて、巻き舌で今にも暴力をふるわんばかりになること。逃げざるを得ない。)
でも、わかっていてもキレてしまうのはなぜだろうと思ってました。
この記事見て納得!!!!!
自分で自分のことがわからなかったけど、少しわかった。でもわかったところですぐ直せない(反省)。まっ兄弟もキレてくるし、余計ムカツク。

ところで所長さんの書き込みで「このサイトは余力で書いているので、余力が無い時は放置してしまうのです。」を、読んで、「そうか!所長さんが無理にでもコメントを書き込もうとするなら、それは所長さんも心身ともに体調を崩し、結果的に、これを読んでいる私たち、また、実際にカウンセリングを受けているたくさんの人たちのためにならない」と気づきました。
余力が無い時は放置。
それが大切なんですね。
見捨てられ不安を持ってますが、上記の点に気づいたとき、少し、不安を減らすことができました。
また、そういう思考も見習っていきたいと思いました!
Posted by まゆ at 2013年04月25日 18:16
追加です!なんかさっきのコメント、所長さんのこと、全然気遣って無いかのようなコメントになってしまい、申し訳ありません!
そんなことは無いです!!
所長さんは元気でいてほしいです。もちろん、しんどいことや、誰しもが悩みを抱えてると思いますけど、でも、所長さん自身をしっかり大切にしていただきたいと、本当に思っています!・・・なんか上から目線ですみません。

一息、二息ついて、そして、変わらず、優しい所長さんでいてください!
Posted by まゆ at 2013年04月25日 18:30
>あずきさん
はじめまして。
もともとは、幼いころ自分の中に取り入れた「厳しい親」のイメージが、年月を経て、あずきさんの中でさらに極端なイメージに成長してしまっているようです。「そんなんだったら早く死んでしまえばいい!」と、実際の親はそこまで言わないだろうというくらいまで厳しく恐ろしいイメージにまで膨らんでしまっているということなので、それは、実はあずきさん自身の考えではなさそうです。たぶん、もう少しくらい優しくしてよ、頑張ってるの認めてよ、甘やかしてよと思っている方が、あずきさん自身の気持ちだと思うので、過去の親のイメージに縛られずにそれが出せるようになるために、カウンセリングを利用するといいと思います。

>まゆさん
嬉しいなぁ。。心に染み入りました。
さて、きょうだいゲンカの件ですが、なるべく、「兄は私を怒らせようとしているわけではない。兄は照れ屋なだけなのだ」と日頃から繰り返し意識し、できれば独り言でもいいので言葉に出しておくといいと思います。これは避難訓練のようなものと考えてください。避難経路を頭で知っているだけでは、いざという時に避難できません。事前に実際に避難経路を歩いたりして体験しておくからこそ、何か起きた際に自動的に体が動くんです。それと同じで、繰り返し「兄は照れ屋」と言っていれば、兄がウザいことしてきても、「また照れてる」とその瞬間にも思えるようになるかもしれません。
コメントありがとうございます、元気出ました^^
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年04月29日 09:44
お返事ありがとうございます。
でも、兄弟はすぐにキレる体質なんです。私と同じく親から散々ボロカスに言われ殴られ育ってきた人ですから、仕方無いんですけどね。
でもやっぱり、男だから、力も強いし。あるとき私は何も悪いことしてなくて、ただ兄弟の機嫌が悪そうだったし、不必要に声をかけないようにしていたことがあったんですよ、声かけたらキレるから。そうしたら、「無視しやがる」と包丁を持って刺されそうになりました。

他にも親が本当に過干渉でうるさいのでキレます。私は警察も呼んでしまったことあります。真剣に、みんな、殺されると思ったので。

兄弟は心療内科とか通院するつもりは無いようです。男の人は女の人より抵抗があるんでしょうね。
辛いし、本当に逃げたいです。親からも兄弟からも。でも、過干渉なのでいまのところできそうにありません。
ただただ、親からの恐怖と、兄弟からの恐怖に耐える毎日です。

ここで少し吐き出させていただき感謝いたします。
ありがとうございます
Posted by まゆ at 2013年05月06日 11:52
何度も追加で申し訳ありません。
上記、警察呼んだと書きましたが、私の判断で読んだのではありません。「それはヒドイよ」と言われることがあったので訂正させていただきます。親が「警察呼べ」って言ってわめいていたからです。いざ警察来たら「子供が勝手に呼んだみたいだ。ちょっと喧嘩しただけだ」と言われました。後いろいろ、相談所に相談しに行きましたが、配偶者以外の暴力には介入できないと言われ続けました。成人しているから、自分の力でどうにかしろ、と。日本ももうちょっとその辺も変わっていってほしいところです。
と余談ですみません。
Posted by まゆ at 2013年05月06日 12:24
これじゃあ治るものも治らないよ!と言いたくなるような家庭環境ですね。家にいる限りは悪化の一途をたどりそうで心配です。ただ、残念ですが、たぶん、まゆさんが生きている間に日本が変わることは無いと思うので、あまり各所に期待せずに、まゆさん自身がができることをしていくしかないかと思います。あと、悲しいことですが、家族が変わることも無いような気がします。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年05月07日 13:03
20代になる友人についてですが、おそらくBPDだと思われます。この特徴がぴったり当てはまります。解離もみられた時期があって18くらいのときだったでしょうか・・でも本人は記憶がなく証拠を見せろと言って怒り出したこともありました。
一緒にいると鬱になる あなたのせいで怒ってるんだなどと言い出すことも多く気分が変わると何事もなかったようにまた連絡してきますが振り回されて困惑することも多いです。
虚言も多くて落ち込む寸前はどれだけ自分が偉いかをアピールしてきます。
カウンセリングを薦めてみたりしましたがあなたが病気と切り替えされてどうにもなりません。

今は無の状態が多いように見えますが すがすがしく生きている のだそうです。

本人は仕事もうまくいき稼いでいる才能があるからと言いますが、虚言で無理をしてる様子に感じ取れます。
まったく無感情な別人が登場することもあります。
(見てないのでどのような状態かわかりませんが、電話してきて名乗らず何も言いません あとで何だったのか訊ねても知らないと言います)

解離が気になるところですが BPDと解離について教えていただけたら と思ってます。
Posted by アキラ at 2013年08月11日 11:01
BPDと解離の関係は、例えるなら、風邪と咳みたいな関係です。
風邪は、咳が出るときと出ない時があります。また、風邪じゃなくても、咳だけが出る時はあります。
それと同じように、BPDの症状として、解離が出現することもしないこともあります。また、BPDじゃなくても解離症状だけが出ることはあります。
だけど、咳の中に風邪が含まれることがないように、解離の中にBPDが含まれるといったことはありません。
残念ながら、コメントくださった内容からは、BPDなのか解離性障害なのかはわかりません。決めつけないように接する必要があります。解離性障害は、周りの人に嘘だと思われて、見落とされてしまうこともあるので、これからも受診させる方法を模索したほうがいいと思います。
コメントありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年08月29日 17:17
これ正に私のことです

彼に対してすべて一連の流れでやってしまいます
些細なことなのに自分でも判ってるのに感情が止められず暴言吐いて泣きじゃくって
サヨナラ言うくせに離れると不安になって連絡取りまくって
あとで落ち着くと後悔して謝る
毎回同じ流れ。

恐らくヘルシーアダルトモードだったであろう時彼に
暴走した時の発言は正気じゃないから真に受けないでって懇願したことがあります
自分なりに調べてBPDにたどり着いたのでこういう障害が世の中にあると話したら
彼も心の障害について少し学んでくれて
それからは暴言は気に留めずに流してくれますが
いつか彼を壊してしまいそうで怖いです

BPDだけじゃなく気分変調性障害もかなり当てはまり日々心がモヤモヤしています
このまま放置してて良いものなのか不安です
ただ
以前受診した心療内科でただの情緒不安定と言われたことが引っかかっていて
私はただ甘えているだけなのかなとも思います

って誰かに病院に行きなさいって背中を押して欲しいだけなんですよねw
人見知りだから2人っきりの問診ってホント苦痛で、、、
普通の病院でも思うように話せなくて自己嫌悪に陥るので
またちゃんとした診断してもらえなかったらどうしようっていっぱい考えてしまって、、、
料金が高いのも躊躇する材料のひとつですがw

長くなってしまいましたが
病院へ行ったりカウンセリングを受けるべき人ってどんな感じなんでしょうか?
Posted by シノブ at 2013年09月03日 02:35
「これ正に私のことです」と思う人は、カウンセリングを受けるべき人です(笑)
正しくは受けるべき人ではなく、受けた方がいい人ですけどね。カウンセリングを受けなくちゃいけない人はいません。受けるか受けないかは自由意思です。でも、シノブさんは受けた方がいい人だと思います。
おそらく、ただの甘えではありません。ただの情緒不安定でもありません。ただの人なら、BPDにはたどり着かないものなんです。BPDが当てはまると自覚した人の多くが、実際にBPDと診断されうるというデータもあるようです。

病院に行くより、カウンセリングが必要だと思います。病院に行くなら精神科の方がいいです。基本的に心療内科は「内科」と考えたほうがいいです。
ドクターが「精神保健指定医」ならば、精神科でも心療内科でも構いませんが、精神保健指定医でない心療内科医は、パーソナリティ障害に詳しくないかもしれませんので。
ぜひご検討ください。コメントありがとうございました^^
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年10月09日 23:26
お返事ありがとうございます

突然こんなこと書いて場違いだったかなってちょっと不安でした(ノω<;)

確かに心療内科では鬱の検査っぽく感じ
(鬱じゃないよ〜)って思いながらも
先生の診断の方が正しいはずだから口を挟まずにいたら
「ただの情緒不安定」、、、ショックで診察後、頭の中がグチャグチャでフラフラになりながら帰りました。初診で言うから余計に^^;

心療内科の対応に疑問を持って調べたら精神科の方がいいって後で判りました、、、
大々的に広告を出してる病院は避けた方がいいことも、、、
勉強不足でした

彼と付き合って12年間ずっと「お前は幼いだけ、甘えている」言われ続けてきたので
甘えだけのせいじゃないって言われてホッとする自分に少し不安もあります
頑張りが足りないだけなのに障害のせいにしようとしている気も、、、まだしていますが。

気分が気候に左右されやすく低気圧が近いと憂鬱で過眠になり冬が苦手
仕事で責任のある立場になってからずっと鬱々してて
職場の人からも最近元気がないって言われたり仕事に支障もでてきました
今は何もする気になれず無気力で永遠に寝ていたいと思っています
現状を打破するには受診するのが一番ですよね

人格障害を専門に扱っていてカウンセラーさん
も居る病院を見つけたので
調子のいい時にそちらにお世話になりたいと思っています

背中を押してくださり
ありがとうございました^^
Posted by シノブ at 2013年10月10日 09:33
ここに書いていいのかわこらないですが…。

所長さん。ごめんなさい。
「まゆ」が書いたコメント全て消してください。
バレそうな予感、私が書いた、と。
あまりにも、今まで、事実を書きすぎました。

私の命のため、全て消してください。
余計なお仕事を増やすことになり申し訳ありません。
お世話になりました。
Posted by まゆ at 2013年11月03日 19:22
>シノブさん
12年も言われ続けたら、自分が悪いのかもと思ってしまいますよね。でも多分、甘えてるだけの人も、幼いだけの人も、わがままなだけの人も、いません。少なくとも、私は会ったことがありません。ただの情緒不安定、なんていう表現で相談に来た人をみたこともありません。どの人も、そうなってしまうだけのやむを得ない事情がありました。
一緒に考えてくれる支援者に会えるといいですね^^

>まゆさん
消してしまうと、書き込んだあとで、「消してください」と依頼してくる方が続出しますので、申し訳ありませんが、個人情報が書かれているわけではないので、コメントは消しません。すみませんが、他の対処方法を考えてください。
Posted by モンキークリニック所長 at 2013年11月26日 09:57
どういう対処法があるのですか?
Posted by まゆ at 2014年01月13日 21:28
申し訳ないのですが、それは私が考えることではなくて、まゆさん自身が考えて、できることをするしかないんだと思います。
Posted by モンキークリニック所長 at 2014年02月24日 23:02
先生ありがとうございます。

35歳子持ち主婦です。
私、まさにこれでした。特に、1・2・5の間で日々(あるいは数時間おき…)切り替わっている感じです。

もう少しで、主人を疲れ果てさせ、離婚になる所でした… こちらのページを見てもらい、これから精神科を受診し、克服に向け努力したいと伝えました。

がんばります。ありがとうございました。

Posted by なな at 2014年07月13日 14:53
このページをうまく利用してくださって嬉しく思います。励みにもなります^^
理解して協力してくださるご主人だといいですね。浮き沈みの波はあるとは思いますが、頑張ってください。
また、しばらく経過したときにコメントいただければ、他の方の参考にもなるかと思います。こちらこそありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2014年07月14日 10:54
衝動や不安定さが変わらず虚言もひどくなって
心配だったのでこのBPD5つのモードを読んでみて と伝えてみました。
自分はいつも正しくて 悪いことがおきるのはお前のせいだ 
急に激怒してそれきりですが。

自分を見つめるのは難しいことですが 
あのままでは誰と付き合っても仕事をしてもまわりも疲弊してしまう

早いうちに カウンセリングを受けてくれるとよいのですが。

このサイトを見てくれないかなー
と切実に願っております。
Posted by m at 2014年08月16日 11:01
初めまして。
ずっと7年統合失調症と診断されて薬漬けで家で横になるだけの生活を送り続け 自ら断薬し社会で働いて沢山の人と関わるうちに病状がよくなった、でもなにか自分はおかしいと悩んで自覚症状のある摂食障害、買い物依存を調べているうちに境界性人格障害にたどり着いて明らかに境界性人格障害だと自分で思っています。
ですが、他の病院でセカンドオピニオンを受けても境界性人格障害だと断定、変更には一年かかると言われてまともに境界性人格障害の治療を受けられません。こちらの全ての文に納得しました。自分は社会生活を送れるレベルじゃありません。先日も1から2のモードになり怒鳴り散らして退社、その後3のモードになり死ぬかと思いました。もう人に迷惑をかけたくないです。
どうしたら、なにをしたらいいのか…
とても辛いです。
でも、コメント欄を見て同じ病気の人が沢山いるようで励まされました。
ありがとうございます。
Posted by まち at 2014年09月19日 16:16
>mさん
悲しいことですが、疲弊しきった時が自分を見つめ直したり、カウンセリングを受ける時になるのかもしれませんね。
そうならない内になんとかしてあげたいのは当然の気持ちだと思いますが、そこにとらわれ過ぎて、mさんが悩み続けてしまうのは共倒れということになりかねません。
mさんは、ご自身がつぶれないようにすることを優先していてくださいね。
コメントありがとうございました。

>まちさん
自分が望む適切な治療を受けられないというのは辛いですね。
私はまちさんが、統合失調症なのか境界性パーソナリティ障害なのか、判断はできませんが、診断名への疑問を医師に伝えるときのちょっとしたコツを書いておきます。

「私は統合失調症じゃなくて、境界性パーソナリティ障害だと思うんです」と結論から言ってしまうと、医師は非常に嫌がるものです。なぜなら、医師は、自らがしっかりと見て、聴いて、社会的責任を負って診断をする方達なので、診断を変えるということは間違いを認めるということになってしまうからです。また、患者さんの主観に流されることは少なく、多分、むしろそれはしてはいけないことレベルで考えている医師が多いような気がします。
なので、「○○という行動や、○○という症状、他にも○○というところがあって・・・、どうも統合失調症の特徴に合わないところがあるんですけど、何か他の可能性ってありますか?」くらいがいいのです。医師自身が、「ん?これは、もしかして境界性パーソナリティ障害か?」と“発見”できることが大事なのです。患者に言われて気づいたという形ではどうもダメらしいのです。その辺に気を付けながら診察で話ができるといいですね。
まちさんのコメントも誰かの励みになるはずです。ありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2014年09月26日 12:46
助けてと泣きついたかと思えば 急に 罵倒 否定 怒り 痛いところをつかれると逃げる うそをつく さんざん振り回した挙句 俺様天才 周りは馬鹿

疲弊しきったとき・・ そうだろうなあと思うのですが書き込みをしてしまいました。
振り回されて絶望感しか残っていない自分自身をどうにかしたいのだと思います。

相手が幸せになっても不幸でもちっとも嬉しくないしかわいそうだとも思いません。

ただただ 残念に思うだけです。

こなってみて はじめて人格障害だったんだ・・と思ってみても もう遅い。
自分自身が破壊されました。
Posted by m at 2014年09月28日 11:03
破壊されてしまうことは容易く、立て直すのは非常に難しい。
パーソナリティ障害の方に振り回されてしまった時の無力感は相当のものだと思います。
それによって失われてしまった時間を思うと、とても虚しいとも感じるものです。
理不尽だとは思いますが、これからご自身をどう立て直していくかは、mさん自身の問題ということになります。
カウンセリングをご検討ください。コメントありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2014年09月30日 09:44
はじめまして ここの記事を読み自分だと思い思わず書き込みしました 私は結婚していて主人からは人格障害だと言われています 病院にも主人と通いましたがしばらくすると大きい病院へと言われて 変えた病院でも違う病院へと言われ...診断は抑うつ状態とだけでなにも変わらず病院に行くのはやめてしまいました 私のスイッチは本当に怒るも泣くもゆるゆるで暴れ暴言を吐き別れると叫び相手が喧嘩を買うまで売り続けます 主人を泣かせたこともあります...そのあとは16時間眠り続けたり...私はどうしたらいいでしょうか
Posted by Y at 2014年11月28日 15:28
たらい回しにされると辛いですよね。
病院ではなく、カウンセリングに行かれたほうがよいと思います。ただ、おそらくは、すぐにカウンセリングを辞めたくなると思います。「治してほしい」という気持ちではカウンセリングはうまくいかないからです。治してくれないカウンセラーのせいにするのではなく、まずは、「治るために自分がどうするか」を考えられるようになるまで、嫌々でも同じカウンセラーに会い続けることが大切です。数年かかるかもしれません。
「なんで私が変わらなければいけないんだ!」という気持ちも強くなると思いますので、下記を参考にしてみてください。

【ホメオスタシスと治療抵抗】
http://monkeyclinic.seesaa.net/article/374836033.html
Posted by モンキークリニック所長 at 2014年12月22日 10:57
記事読みました、納得というかわかる部分が多かったのでそんな自分がいるんだと認識しました、もしよければもう少しお話やアドバイスが頂きたいです まだコメントしてもいいでしょうか?書き込んだ日から喧嘩以上の制御できない怒りの感情はでていませんが最近はすぐに泣いてしまいます 泣くというか泣きじゃくる...がただしいかもしれません 状況は少し指摘されたり注意されたり不安からまた不安につなげて処理しきれなくなった私にイライラされたり...そこからごめんなさい 許してください 嫌わないで なんでみんながこなせることができないんだろう みたいた感情にとりつかれていきます。私は30代前半なのですが主人は私を17歳くらいの子供と思うようにしてる と最近言われています
30の大人がする怒り方や泣きかたじゃないと 子供だと思えば辻褄が合うと言われました
私は心が成長しないままずっと止まっていると思ってるようです、
また働きたいのですが過去の職場でもうまく勤めきれずさすがに自信がありません。
カウンセリングを受けたいと大きな病院病院で言っても診察どまりでした 個人病院がいいですか?たくさん書いてしまい申し訳ありません
ご迷惑でしたらその先は病院で話してくださいと言ってください
Posted by Y at 2014年12月23日 10:06
コメントありがとうございます。
少し整理させてもらいますね。

(1)治療抵抗の記事は読んでわかる部分が多かったので、もう少しコメントしたい。
(2)最近は、制御できない怒りは出てないが、「嫌わないで」といったように泣きじゃくることが多い。
(3)夫はYさんを17歳くらいの子と思うようにしている。
(4)働きたいけど自信がない。
(5)カウンセリングを受けたいが、大病院ではなく個人病院の方がいいのか?

このように箇条書きにしてみると、自分が言いたいことが少しだけ冷静に見えてきます。

(1)導入
(2)自分の近況
(3)夫の対応
(4)将来の不安
(5)質問

こういう風にラベルをつけて意識してみてもいいかもしれません。悩んだときにも、このように区分けして混ぜないようにして一つずつ考えてみると、不安や落ち込み、イライラがむやみに大きくなることを防ぎやすくなります。

(5)については、主治医の判断が最優先となりますが、どうしてもカウンセリングを受けたい場合は、自分で探すことになります。下記のURLを参考にしてみてください。個人病院に併設されているカウンセリングルームか、組織的に開業しているところの方が信頼性は高いです。個人開業はピンキリすぎてなんとも言えない現状です。
http://monkeyclinic.seesaa.net/article/162293830.html
Posted by モンキークリニック所長 at 2015年01月06日 15:55
わかりやすくまとめてくださりありがとうございました、、、1から4のアドバイスなども頂けたら嬉しいのですが、やはりタダで色々アドバイスをいただきたいなんていうのはわがままでしょうか、、、病院代 薬代 毎回無駄になってるだけだと言われ いくことができません、、、
Posted by Y at 2015年01月18日 04:48
連投申し訳ありません
最近複数の方から発達障害 自閉症 アスペルガーなど言われてしまいました、、、考えたこともなかったのですが 重なる症状はありますか?よろしくお願いします
Posted by Y at 2015年01月26日 16:17
質問されたことへの助言ではなく、気がついたことで恐縮ですが、Yさんの質問に答えなければ、私がひどい人間である、という形になりかねないやりとりになっています。

もし私が助言をしなければ、
・最初から迷惑だったんだ
・途中で嫌になったんだ
・無料で助言はしないケチだ
・苦しんでる人をわがまま扱いした
と、私がよくないことをしたような感じになってしまいそうです。

悪気なく、「質問に答えないとこういうことになるぞ」と相手が答えるしかないような圧力をかけてしまう形のコミュニケーションになるのは、パーソナリティ障害の方にしばしば見られる特徴です。例えば人に手伝いを頼む際、最後に一言「でも、私のことが嫌いなら、手伝ってくれなくてもいいです」と言えば、相手は断るわけにはいかなくなるでしょう。お願いごとが意図せず強制になってしまうのです。これが、旦那さんとの不和にも関係しているのであれば、一つの解決の糸口になるのではないかと思います。

もし、このことが理解できなければアスペルガー障害の可能性も考慮しておくといいと思います。

理解できた場合、指摘されたことが納得いかず、「じゃあどうすればよかったんだ!」みたいなイラッとした気持ちになるなら、やはりパーソナリティ障害の可能性が高いと思います(境界性パーソナリティ障害が参考になります)。

また、もっと質問したいという気持ちが抑えられない場合、依存性パーソナリティ障害あたりが参考になるかもしれません。コメントのやりとりで言える範囲というのは、おそらくこのくらいまでかと思います。
Posted by モンキークリニック所長 at 2015年01月30日 15:55
遅くなってしまい申し訳ありませんでした...
お返事を頂けるかどうか考えてしまいここにくるのが怖くなってしまいました、お返事を見たのは先週だったのですが なんてお返事を返したらいいか分からずまた時間が立ってしまいました
私の相手への要求の仕方は 選択肢があるようで脅迫のようになっているのかもしれません 気にしたことがありませんでした、遠くに住んでいることがざんねんです、、、もっと深くお話したいと思いました...
Posted by Y at 2015年03月10日 16:58
自分から書いて起きながら返事が怖くにげてしまいせっかくの親切を自分勝手に切ってしまい申し訳ありませんでした.
Posted by Y at 2015年03月10日 17:21
気にしないでください^^
私が返信するのもいつになるかわからないので。長いとコメントを2ヵ月くらい放置してしまいます。

それでいいのです。お互いに、したいときにコメントをすればいいのです。
Posted by モンキークリニック所長 at 2015年03月20日 21:53
はじめて、このサイトに書き込みをいたします。
僕の大切な人がBPDかも…と自ら言っていたことから、このサイトに辿り着きました。

過去を振り返ってみますと…
確かに納得できる内容です。

いろんなサイトなど…参考に読みましたが、どれも「そうなんだ」としか思えなかったのですが、このサイトで読むと「なるほど!!!」と納得できました。

で今の状態からすると…
【遮断モード】なのかなぁ?と。

僕の場合、自然に『境界設定』をしていたことが多かったのですが…
大切な人を想う気持ちの方が強く出てしまっていました。

なので大切な人の《5つのモード》の切り替わりが著明に出過ぎてしまっていたのかもしれません。

今現在、物理的に距離を置いています。

僕自身、距離を置く事でものすごくさみしいものが有りますがね。

でも、この5つのモードを知ることにより、対応がしやすくなるかと思います。

ありがとうございました。
Posted by りゅう at 2015年03月22日 13:18
BPDの人を支援していきたい場合には、激しい感情を出させないようにするのではなく、出させた上で落ち着かせていくという点がポイントとなります。BPDの人に会うと、大概は反対に我慢させる方向で考えてしまうのでうまくいかないのです。大変ですが、まずは対応する人が相手の感情を受け止める力を身につけて、BPDの人に感情の調節をする練習の場を提供するということが大事なのです。
この記事が参考になったとしたら嬉しいです^^コメントありがとうございました。
Posted by モンキークリニック所長 at 2015年04月20日 10:40
最近また自分が抑えられません
傷つけるのがつらいです
ひどいことを平気で言い放ち 泣きわめき
疲れて寝て 起きてまた暴走し泣きわめき...
二日つぶしました
苦しいです
Posted by Y at 2015年04月30日 03:44
それを繰り返していたら苦しいでしょうね。カウンセリングに行くことを検討してください。1回行っても効果はないので、効果が出るまで継続的に。
Posted by モンキークリニック所長 at 2015年05月01日 23:21
カウンセリングで伝える方法がわかりません...
うまく伝わらない わかってくれてない気がしてしまいます
Posted by Y at 2015年05月02日 21:32
はじめましておにぎりと申します☕️

いつもこっそりモンキークリニックさんのサイトを覗いてはたくさん参考にさせていただいております(o゚ω゚o)

パーソナリティ障害や傾向を知ると、自分や自分の身近な人を見る時にどうしたらいいかを定めやすいなと思いました。知らなければもっと漠然とした中からの手探りになってしまって、疲れてしまうのが先でした(^_^;)

モンキークリニックさんのページは誰でも入りやすい心の世界の間口だと感じました。
今日はお礼を言いたくて、本当にありがとうございます☀️
Posted by おにぎり at 2016年02月23日 13:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。

この記事へのトラックバック
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ