ひと思考

a3.png「おらー!どけどけー亜熊様のお通りだー」

f2.PNG「わたし、ああいう大きな声を出す人って嫌い」

c1.png「エコちゃんは、大きい声が嫌いなんだねぇ」

g1.png「あたしも、ああいう偉そうな態度をとる奴って嫌いだなぁ」

c1.png「ギャルちゃんは、偉そうな態度が嫌いなんだねぇ」

a1.png「フン!てめぇらなんか、俺の方が嫌いだよ」

n1.png「バカだねぇ。そうやって悪態つくから、なおさら嫌われんだよ」


かうんさるーから一言
c3.png「悪態を憎んで亜熊を憎まず」

今回は『れた思考』『ない思考』に続くモンキークリニックオリジナル認知の歪み第三弾!
その名も『ひと思考』。・・・あいかわらず、ネーミングセンスがないね(笑)

(A)「わたし、大きな声の人が苦手で」
(B)「わたし、人の大きな声が苦手で」

2つの文章の違いがわかるかな?

(A)は、特定の「人」が苦手。
(B)は、特定の「声」が苦手。

どっちの意識の癖を持っている人が、社会で生き辛いだろうか。

どちらも苦手は苦手なんだけど、(A)の意識でいると、一度大きな声を出した相手は、その後ずっと、「大きな声を出す人」と意識されるから、とても会いづらくなるよ。
相手が大きな声を出していない時でも、「大きな声を出す人」として見てしまって怖くなるから。何も起きてない時から怖いんだ。
一方、(B)の意識なら、大きな声を出していない時には、まだ、かろうじてその人に会っていられるよ。人自体が怖いんじゃなくて、大きな声が苦手という意識だから。

ということで、この(A)のように、常に「どういう人か」を考えているような認知に偏っていることを仮に『ひと思考』と呼んでみたい。ひと思考は、1つの言動で、1人の人間の価値を決めつけてしまうこと。決めつけという点で、ひと思考は、『レッテル貼り』の亜型と言えるかな。

ポイントは、「人という全体を評価するか、言動という部分を評価するか」ということだよ。もう少し具体例を挙げてみよう。母親が息子の相談をする時の話し方の2パターン。

(A)「あーいうことする息子が受け入れられないんです」
(B)「息子のあーいうところが受け入れられないんです」

微妙な言葉使いや順序が違うだけで、意味がだいぶ変わってしまうんだ。
(A)だと、もう息子と同居していることが苦しくて、かつ、そんな自分への罪悪感もひどくて、「もうどうしたらいいかわかりません(泣)」という感じになる。
(B)なら、まだ同居自体が苦痛と言うほどじゃなくて、「普段は、息子にもいいところがあるんですけどね」という感じで話が続いたりする。
つまり、(A)は全否定。(B)は部分否定。

息子の存在そのものが嫌なのか、あるいは息子の言動の一部が嫌なのか。
それって、受け取る息子側からしてみると、結構大きな違いを感じると思わない?

落ち着いて考えてみると、人自体が嫌なのではなくて、相手の言葉や行動が嫌なんじゃないかな。もしそうならば、ちゃんと伝わるように言葉を使いたいよね。

他にも、『ひと思考』には、次のような言い方があると思うよ。
「○○する人って信じられない」
「あの人って○○な人だよね」

これは、他人に対してだけじゃなくて、自分についてもやってしまいがち。
「私って○○する人だから」
「○○な自分が許せない」

パーソナリティ障害の人は次のように言う。
「ダメな私を変えたい」

そうではなくて、せめて、次のように言い換えたいね。
「私のダメな部分を変えたい」

パーソナリティ障害の人が、自分にダメ出しはできても、反省して行動を変えていくことができないのは、『言動』という『部分』に意識が向かず、常に『人』という『全体』に意識が向き過ぎているから。

変えたいと言っても、全否定では、反省にならず、ただのダメ出しになるんだよ。そもそも人は変わりたくない生き物だし、まるごと変われるはずなんてないから、「私を変えたい」という意識では変わることができない。私そのものではなく、一部分だけなら、もしかして「変わってもいいかな」とか「変えてみようかな」って思えるかもしれないよ。部分否定というのは、裏を返せば、部分肯定という前提があるからね。「ここは変えた方がいいけど、変えない方がいいところもある」と思えた時はじめて、反省して行動を変えていくことができるんだよ。

「どういう人か」という見方ではなく、「どういう言動か」という見方に意識的に変えていこう。「何々をした誰々」ではなく、「誰々が何々をした」という話し方ができるようになろう。一部分だけを見て全体を決めつけないこと。1つの事柄で1人の人柄を決めつけないこと。そうしたら、いつか「罪を憎んで人を憎まず」という言葉の意味がわかるかも。
この記事へのコメント
丁度、前回の私のコメントに通じる内容ですね。
10歳位の頃には自然に浸透していた考えなので、大人になってもそれが身に付いてない人が不思議でなりません。(そうで無い方には厭味に思われるかもしれませんが、そうではなく兎に角不思議なのです)
自分からすれば「少し考えればそうなるでしょ!?」と思ってしまいます。
Posted by GO.V at 2013年12月23日 06:34
はい、前回のGO.Vさんのコメントには驚きました。丁度、記事を書いている最中だったので、ピッタリでした。

世の中には不思議なことが一杯ありますね。理解できないことを、そのまま、受け止めるっていうのは、なかなかに難しいものです。そういう人もいるんだなぁってくらいに柔らかく受け止めておけるようになれたらいいですね。
Posted by モンキークリニック所長 at 2014年01月07日 11:39
私は人を憎んでいるし、自分の欠点に嫌気がさすこともありますが、それらが悪いことだとは思いません。
憎むことも自己嫌悪することも、ごく自然なことだと思うからです。

問題があるとすれば、その一点を見つめ続けることではないでしょうか。
憎い相手のことばかり、自分の欠点のことばかりというのは不毛だし、もったいない気がします。

どちらも当たり前なことなのだから、存在すること自体は受けとめて、どう折り合いをつけて生きていけるかが大事だという考え方なのですが、偏っているでしょうか。
Posted by もふ at 2014年01月08日 23:27
コメントありがとうございます。偏っていないと思います。
憎むことも自己嫌悪することも自然なことで悪いことではありません。おっしゃる通り、その一点を見つめ続けることが不毛です。
ただ、強いて言えばですが、見方を変えれば、そもそも憎む必要がなかったり、自己嫌悪する必要がないこともありますので、「自然なことだから、変わらなくていいんだ」と決めてしまわず、たまには、「憎むほどでもないかも?」とか「自己嫌悪するほどでもないかも?」とか、試しに角度を変えて考えてみたりもできるといいなとは思います。
Posted by モンキークリニック所長 at 2014年02月21日 12:57
返信ありがとうございます。
私の場合、憎に関しては「かも?」と思う余地がない強さなので試せませんが、自己嫌悪に関しては試してみようと思います。自分に甘いですね(笑)
過度の愛憎に振り回されるのはどうかと思いますが、その存在自体を否定されると、持っていることが悪であるような気がして、つい反発めいたコメントを書いてしまいました。すみません。
※キャリアが変わっていますが、携帯を変えただけで本人です。
Posted by もふ at 2014年03月06日 19:03
受け止めてくださりありがとうございます。
私の基本スタンスは、おそらく、もふさんと似ていると思います。
どちらかと言えば、私は、人を憎むどころか、呪ってもいいとさえ考えています。
たまに、嫌だった仕事場の方角に向けて一人で呪いをかけたりしています(笑)
毎日ではなく、思いついた時に憂さ晴らし的にですが^^
そんな非科学的な感じも時には人間らしい気がするので。
Posted by モンキークリニック所長 at 2014年03月25日 11:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]
※所長とカウンセリングをしているクライエントが書き込んでしまうためコメントの受付を停止しています。

この記事へのトラックバック
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ