ひきこもりと殺人事件

c3.png「事件を風化させないために残しておくよ」

愛知県豊川市一家殺傷事件について。

2010年4月17日、愛知県豊川市で30歳の男性が家族5人を殺傷してしまった事件。報道では、男性はその時まで15年間ひきこもり状態にあったと強調されていたね。

日本には何万人も、ひきこもって苦しんでいる人がいる(最低でも推定25万世帯)。いつものことだけど、こういう事件が起こるたびに、ひきこもり当事者の多くが危険だと思われて白い目で見られてしまうか、あるいは当事者自らが「危険視」されることに耐えがたくなり、かろうじてつながっていた他者とのコミュニケーションを自ら絶ってしまうんじゃないかと心配になるんだ。

痛ましい事件をセンセーショナルに報道することは、広く注意を喚起させる時には必要かもしれないけど、こうした報道で、ひきこもっている人達がより一層追いつめられてしまうことがあるとすれば、事件の連鎖は後を絶たないだろうね。

ひきこもりと犯罪に関連性はない。だからといって、ひきこもりの人が罪を犯さないかというと、そうではない。罪を犯すひきこもりの人もいるという事実は受け入れなくてはならなくて、そうした凶行に及ぶ境界線を見定め、一人でも犠牲者が少なくなるようには何をしたらよいか、具体的な支援方法を作り上げていかなくてはならないんだよね。

例えば、この事件の鍵となる『インターネット回線の解約』は、ひきこもり当事者にとっては『社会的に死ね』と言われていることと同等だということを理解する必要があるよ。それはあたかも、足の不自由な人から車イスを奪う行為に等しいはずなんだ。ひきこもりの人を障害者扱いする気はないけれど、少なくとも、そのような感覚は、ひきこもり当事者には理解できるんじゃないかな。なかなか一般の方には理解されないかもしれないけどね。だけど、最低限、現代においてひきこもりながらでも生きていくためには、もはやインターネットは必需品だよ。それが、現実のコミュニケーションの代替品であったとしても、「人からの刺激」を一切与えないという方法より悪いこととは言いきれない。

ひきこもりという問題に関しては、なかなか外側からは何が起きているかということが見えないものにもかかわらず、あるいは、だからこそ、外側から必死に働き掛けて当事者を動かそうとするんだけど、せめて同時に、当事者の心情を理解する姿勢は貫いていきたいもの。ひきこもりの問題は、警察への相談も場合によっては必要だけど、まずは家族が継続的に「心理相談の専門施設」に相談し続けることが大事だよ。そこで、ひきこもる本人の心情を理解し、自分達家族の思いを自覚し、コミュニケーションの悪循環を断ち切り、双方が折り合えるところを見つけていかなくちゃならない。また、本人達にはインターネットより、実際に会って話した方が楽しいということを知ってもらうために、ユーモアを大切にすることも忘れたくないな。苦しみの中でこそ、きっと笑いは必要なはずだからね。


t1.png「事件の概要は私がまとめておいたわ」

【事件の起きた日時】
2010年4月17日午前2時過ぎ

【容疑者】
長男(30)無職
(事件の1時間後、自宅裏の葬儀場の敷地内で返り血を浴びた容疑者が立っていたところを逮捕)

【被害者】
父親(58/ガス会社勤務)・姪(1)を殺害。
母親(58)・弟(22/三男)・弟の妻(27)に重軽傷を負わせた。
もう一人の弟(24/次男)は、外出先で事件を知った。
(父親は仕事に対して遅刻や欠勤がなく真面目な人。同僚には家族のことを相談してはいなかったが、親族には「私が(容疑者に)言うと怒るんだよ」と困っていることを明らかにしていた。弟も「父親が兄に強く言えない」と会社関係者に話していた)

【被害状況】
「誰がネットを解約した」と2階で寝ている母親を懐中電灯で照らしながら問い詰めた後、弟が解約をしたと聞き、1階から包丁を持ちだし、母親、姪、父親らの順に、それぞれ数回から十数回刺した(5人に計44ヵ所)。
その後、自室の布団にライターで火をつけ、自宅を半焼させた。
逮捕後には「父親にネットを止められた」と話しており、供述は矛盾している。

【きっかけ】
家族がインターネットを勝手に解約したため。
(数日前に家族が電話回線を止めたが、勝手に回線を復活。16日に再度、ネットの回線を家族に止められたことに対する怒りが引き金となって犯行に及んだ)

【背景】
・中学時代は、無口でおとなしいタイプ。新設されたコンピューター部に入り、コンピューター室によく通っていた。
・中学卒業後は、同窓会や地域の祭りに参加することはなかった
・中学卒業後1年程働いた後の15年前からひきこもっていた
・毎月20〜30万円の父親の給与を管理し、父親に5万円、母親に4万円を渡していた
・父親名義のクレジットカードを作り、ネットオークションで買い物をして借金が200万円以上あった
・事件前に被害者らは計7〜9回、警察に相談あるいは通報していた

【参考記事】
スポニチ
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100419077.html
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100418023.html?feature=related
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100418022.html?feature=related
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100418021.html?feature=related
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2010/04/18/01.html?feature=related
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100417044.html?feature=related
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100417025.html?feature=related

【ひきこもりの人が起こしたとされる近年の事件】
(毎日新聞 2010年4月17日 中部夕刊調べ ※年齢は事件当時)
2004年10月 両親を殺害したとして高校中退後に20年間ひきこもっていた東大阪市の男(36)を逮捕。「将来に不安を感じた」と供述。
2004年11月 両親を鉄アレイで殴って殺害したとして水戸市の男(19)を逮捕。「しつけの厳しい祖父を殺す恐怖を克服するため、先に両親を殺した」と供述。
2004年11月 両親と姉を刺殺したとして高卒後に自宅にひきこもっていた茨城県土浦市の男(28)を逮捕。「いつか自分が殺されるので、その前に殺そうと思った」と供述。
2006年05月 東京都杉並区で男(33)が両親を殺害後、焼身自殺。男は定職に就かず、ひきこもりがちだった。
2008年01月 母親と弟、妹を刺殺したとして小学校時代からひきこもりがちだった青森県八戸市の男(18)を逮捕。
2009年07月 父親を殺害したとして千葉県大多喜町の男(20)を送検。インターネットの掲示板に「今から父、祖母、祖父を殺す」と予告していた。
2009年09月 妹を刺殺したとして高校中退後に引きこもっていた愛知県春日井市の男(22)を送検。「音がうるさかった」と供述。


b1.png「中には、精神疾患を発症している疑いが強いのもあるよなぁ」
k1.png「ひきこもりって言ってもひとくくりにはできないんですね」
n1.png「なんか、あたしには話せる相手がいてよかったなって、さすがにちょっと思うよ」

不登校

f1.png「えへへ、わたし学校あんまり行ってないんだぁ」

b1.png「そうか。お前、不登校だったんだな」

n1.png「あたしも不登校だよ。行ってる奴の方が変なんだよ」

g1.png「アタシも行ってないよー。ダルくて行ってらんないよね」

a1.png「俺もほとんど行ってネェから不登校だな」

k2.PNG「あなた達のは不登校じゃなくて、非行でしょ」

a2.png「差別だクマーっ」


ギャル=アン=グレイが教える未来の話
g1.png「反登校でも非登校でもなく、なんで不登校って言うの?」

23世紀にもなるとね、インターネット全体のサイトマップが整備されたことと、検索システムが超発展したから、必要な情報が加不足なくすぐに引き出せるようになるんだよねー。携帯電話も超ハイテクになってるしー。音声認識技術も進歩してるから、いちいち親指で押さなくていいし、今より全然楽ちんになるよー。声に出して言うだけで、すぐに検索結果が返ってきて疑問が瞬時に解決するんだもん。だから、みんな学校なんて行く必要なくなっちゃったんだよね。そのかわり子どものうちは、「知りたいことを検索する」っていう時間が毎日決められているの。いろんなカテゴリがあってね、最低限それぞれ少しずつ読まなきゃいけないのはあるんだけど、興味深い情報を見つけると結構面白くなってくるんだよねー。だんだんマニアックになってくるっていうか、それがなんだか自信につながっていくから不思議。みんなそんな感じで自分が将来やりたいこととか見つけてってるよ。アタシの興味?そんなのメイクに決まってんじゃん。アタシは、ギャルメイクから特殊メイクまで全部身につけるつもりだよ。そういう生き方だってアリだと思うんだ。

でね、学校自体は23世紀にもほんの少し残ってるんだけど、多分、この時代で言う教会みたいな感じなんじゃないかなー。教師っていう聖職者がコクバン?っていうのを使って何かを教えてるみたい。私は行ったことがないからあんまり知らないんだけどね。行ってる子が言うには、日によって教師が言うことが違くて困るんだってー。でも、ちょっと楽しそうなんだよね、その子。だから学校ってとこも別に悪いところじゃないんだろーね。アタシは今さら行けないけど、ちょっと行ってみたかったなと思ったりすることもあるよ。

あ、この時代に来て超ビックリしたんだけど、なんで中学生と高校生だけ制服着てんの?!小学生と大学生は着ないんでしょ?超中途半端じゃん。制服はね、役割がある人だけ着るもんだって教わったよ。子どもは着なくてもいいんじゃないの?

ごめん、不登校の話だったけ。あれだよ、ウィキペディアで調べりゃいいじゃん。確かこの時代に生まれたんだよね。でも、まだ出来立てだから情報不足っぽい?

最後にアタシが言えるのは、不登校でも生きてけよってことくらいかな。学校とか教育っていうもんに囚われて命を落とすなんて、本末転倒なんだからさ。

ひきこもり

b1.png「おーい、新人。あいつらと一緒にカラオケ行かんか?」

sh1.png「いえ、私はそういうのは苦手ですから」

t1.png「人数が足らないわね・・・。仕方ない、アンタも来る?」

a1.png「は?お前らなんかと行けるかよ。俺は未来のビッグアーティストだぜ?」

k1.png「あらあら、それは楽しみね。エコちゃんはどうする?」

f1.png「えっ、わたしなんかが行っても皆さんの邪魔になるだけですし・・・」

n1.png「はぁ。ほんとに、どいつもこいつも協調性がないねぇ」


かうんさるーによるミニ講座
c3.png「それ、なや美ちゃんが言う?」

21世紀はひきこもりで始まったと言っても過言ではない。なーんて、そんなわけないね。過言にも程がある。けれど、ひきこもりという言葉は、1990年前後からボチボチ使われ始めて、2000年以降に社会的に有名になったというのは確かだね。

ひきこもりは、正確には医学的に定義されておらず、病気ではなく一つの状態像であると繰り返し言われて久しいね。不登校なんかもこれと一緒。だけど、ひきこもりという問題は大急ぎで対策を考えなくてはならないという事情が生じてきたんだよ。高齢化社会到来の予感だね。若者の労働力が貴重になっていく時代の中で、ひきこもりという問題が見過ごせなくなってしまったわけだ。行政が積極的に、精神保健福祉センターに「ひきこもり特定相談窓口」を作り始めたといった動きも見られたよ。加えて、ひきこもりより少し広い概念のニートという言葉が爆発的に広まり、全国に地域若者サポートステーションといった就労相談施設も誕生した(2010年現在約100ヵ所)。おちおち、ひきこもってもいられない世の中になってしまったもんだ。

さて、なぜひきこもる若者がこんなにも増えてしまったのか。実は、ひきこもり自体は実質的には増えていないっぽいんだ。実際には、こんなに多かったのか!ということが最近になってやっと明らかになったという方が適切かな。ひきこもりの特性上、家族から隠されてきたという側面があって、今までは正確な人数がわからなかったということみたい。そして、ようやく把握できた数は、なんとおよそ25万世帯に及んだ。これは、少なくとも25万人いるということで、一家に二人ひきこもりがいれば倍になるし、まだまだひきこもりは隠されてしまっていることも多いから、仮に50万人いると仮定してみても日本人の0.5%、つまり200人に1人いることになるね。わかりやすく比較しておくと、近年うつ病患者(※気分障害患者)が100万人に迫ったといった新聞記事が出たから、そのちょうど半分くらいだね。

従来、ひきこもりは大きく2つに分けられていたよ。
@「精神疾患が原因ではないひきこもり」
A「精神疾患が原因のひきこもり」

@のひきこもりは、「社会的ひきこもり」と呼ばれることがあるよ。精神疾患はないけれど、何か似通った共通点があり、ひきこもるという行動をとってしまう一群に名前をつけたんだね。この呼称を普及させた精神科医の斉藤環氏は、近年は、ひきこもっていることだけでなく、そこから派生した精神疾患なども含めて治療したほうがよいという意味から「ひきこもり関連性障害」という、より広い概念を提唱しているよ。

一方、Aのひきこもりは、例えば統合失調症では、スパイに狙われていると思い込んでひきこもったりするし、強迫性障害では、バイ菌に感染することが心配でひきこもったり、パニック障害では公衆の場でまた発作が起きたらどうしようと考えてひきこもったりするというもの。

だけど、それらを「ひきこもり」と言っていいかといえば、だめだと思うんだよね。ややこしいから、精神疾患が先立っている場合は、単に「外出しない」という行動的記述にすべきなんだよ。@のひきこもりとはまるで違うんだから。

最近、ひきこもりを3つに分ける考え方をスタンダードにするという研究報告が出されたよ。
@精神疾患に関連したひきこもり
A発達障害に関連したひきこもり
Bパーソナリティ障害に関連したひきこもり

このうち、ボクが専門にしているのはBなんだ。繰り返すけど@はひきこもりと言うべきじゃないと思っているし、Aはひきこもりっていうか、外出しない「こだわり」なんだという印象が強いよ。まだ、こうした分類のもとでの研究は進んでいないから、ここからは仮説。

ボクは、パーソナリティ障害に関連したひきこもりには3パターンあると考えているんだ。パーソナリティ障害は下位分類が10あるけど、その内、3つのパーソナリティ障害がひきこもりに大きく関係していると考えているわけ。それは、スキゾイドパーソナリティ障害、自己愛性パーソナリティ障害、回避性パーソナリティ障害だ。・・・ふぅ、やっと言いたいことに辿り着いたよ。

「自分自身でいたいひきこもり」≒スキゾイドパーソナリティ障害

スキゾイドパーソナリティ障害の特徴を一言で言えば、孤立を好むということ。感情表出がなく、何考えてるかわからず、コミュニケーションを楽しまない。一方で、知的探究心は旺盛で、読書に没頭したり、世の中の“仕組み”なんかを解き明かそうとしてたりしているといった一面があるかな。インターネットの利用状況を予想してみると、ネットサーフィンを中心にしているといえるかも。それも、誰かのブログを読むとかではなく、ニュースや知識のページに限ってね。基本的に、ひきこもり状態に親和性が高くて、飽きがこないから長期化するだろうね。

「特別でありたいひきこもり」≒自己愛性パーソナリティ障害

自己愛性パーソナリティ障害の特徴は、自分は特別な存在だと思っているということ。ひきこもりという自覚は極めて薄いよ。ひきこもっているんじゃなくて、「こんなに才能のある自分をどうして社会はピックアップしないんだ」みたいに思って不遇を嘆き、世に見出されるのを待ってるといった感じ。実際にしていることは、そんなイライラした気持ちを家族にぶつけているだけなんだけどね。インターネットの利用状況を予想すると、掲示板への書き込みが多そうかな。主張や反論ばかり書いているんじゃないだろうか。そして、他人の書き込みをバカにしたりして、一瞬でも自分だけが特別で、いろんな物事をわかっていると優越感にひたる。そんな感じだから、コツコツと努力したりするのは苦手だし、いつまでたっても有言不実行、ひきこもりは長期化するかもね。

「普通になりたいひきこもり」≒回避性パーソナリティ障害
回避性パーソナリティ障害の特徴は、失敗や恥をかくのが怖いということ。ひきこもっているということさえ物凄く恥ずかしく思っているよ。一人でいても恥ずかしい、人と会っても恥ずかしい。本当はそんな葛藤に満ちているんだけど、葛藤が強すぎると辛いから、ひきこもっているという事実を意識から忘れるようにしてしまう場合もあるみたいだね。そうすると平然と過ごしていられる。昼夜逆転して、日中自分が働いていないことから目をそらすということもよく見られるね。インターネットの利用状況を予想すると、オンラインゲームに夢中になっていることが多そうかな。結構、人とのコミュニケーションに飢えているからね。ゲームの中では、もしかしたらすごく人当たりの良い人だったりするのかも。そんな世界でうまくいっちゃうと、ひきこもりは長期化するんじゃないかな。

以上、3つのパターンを区別してみたけど、あながちそんなに的外れでもなさそうなんだよね。インターネットの利用状況については、学術的な証拠とかはないからネタとして読んでくれてもいいけど、3つのパーソナリティ障害自体との関連性は、いろんな研究者が言及しているから信頼性は割と高いよ(※でも、この3つだけを明確に関連づけている人は知らない。この内、スキゾイドと回避性、自己愛性と回避性、その他、強迫性や境界性なんかと2つくらいを関連づけている人は結構多い)。

うーん、やっぱり専門にしているところはどうしても詳しくなるし、適当に書けないもんだなぁ。長くなってしまったけれど、全然これでも書き足りない。とりあえず、今日のところは、最後まで読んでくれた人にとって少しでも役に立つものであればいいのだけれど、と願って終わりにしておくよ。

平成15年 ひきこもり対応ガイドライン 厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/topics/2003/07/tp0728-1.html

平成22年 ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン 厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000006i6f.html
サイトの説明
モンキークリニックはインターネット上にしか存在しない架空の名称です
MONKEY(モンキー):[名]小型の尾のある猿 [動]ふざける
CLINIC(クリニック) :[名]臨床講義/臨床教室/診療所
このページではパーソナリティ障害,人格障害,治療,カウンセリング,臨床心理,心理士,心理療法,精神疾患,発達障害,統合失調症,気分障害,うつ病,双極性障害,躁うつ病,気分変調性障害,ディスチミア,心的外傷後ストレス障害,PTSD,急性ストレス障害,適応障害,解離性障害,不安障害,パニック障害,強迫性障害,恐怖症,摂食障害,拒食症,過食症,依存症,身体表現性障害,性同一性障害,失調型パーソナリティ障害,スキゾイドパーソナリティ障害,妄想性パーソナリティ障害,境界性パーソナリティ障害,自己愛性パーソナリティ障害,演技性パーソナリティ障害,ボーダーライン,BPD,反社会性パーソナリティ障害,回避性パーソナリティ障害,依存性パーソナリティ障害,強迫性パーソナリティ障害,注意欠如多動性障害,ADHD,学習障害,LD,自閉性障害,自閉症,アスペルガー障害,家庭内暴力,ドメスティックバイオレンス,DV,モラルハラスメント,セクハラ,パワハラ,いじめ,ひきこもり,アダルトチルドレン,ミスターチルドレン,リストカット,オーバードーズ,ODといった概念について猿なりに解説しています。
臨床心理士各位
内容に多少の脚色や都合のよい解釈、偏った意見などが見られると思いますが、まずはどんな方にも興味を持って読んでもらえないと意味がないと考えてのことです。大目に見てくださいますよう宜しくお願い申し上げます。 カウンセリング普及プロジェクト
カウンセリングはかっこわるくない!

キーワード

パーソナリティ障害

カウンセリング

臨床心理士
ひきこもり
モンキークリニックロゴ